一年365枚NEO 2017

アクセスカウンタ

zoom RSS 「メンデルスゾーン 交響曲第3番《スコットランド》/ クレンペラー フィルハーモニア管弦楽団」...

<<   作成日時 : 2006/03/03 23:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

丘さん、今晩は。

そうですか。お気に召しませんか・・。
クラシック同曲異演鑑賞の場合、感性の違いということ以上に、最初にどの演奏でその曲を好きになったか(自分のスタンダードがどこで作られているのか。)というところが、大きなポイントになると思います。
《スコットランド》の場合、私が最初に好きになったのは、この演奏だったため、丘さんとは逆に、他の演奏が『歌いすぎ』だったり、『テンポが早すぎたり』するように感じてしまうことが多いです。
ただ、歴史的に名盤(マークの演奏や、もちろん、これも含まれると思います。)と言われるものには、何か、やはり次元の違う魅力があるに違いないとも思います。

いつぞや、丘さんに『コペルニクス的転回』が来て、この演奏も好きになってもらえますよう。

メンデルスゾーン 交響曲第3番《スコットランド》/ クレンペラー フィルハーモニア管弦楽団

人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「メンデルスゾーン 交響曲第3番《スコットランド》/ クレンペラー フィルハーモニア管弦楽団」... 一年365枚NEO 2017/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる