一年365枚NEO 2017

アクセスカウンタ

zoom RSS ドヴォルザーク 交響曲第6番 / アンチェル チェコフィル (365枚棚卸149)

<<   作成日時 : 2007/05/29 10:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


2006年5月29日にはこちらのCDを紹介↓致しました。
http://garjyu.at.webry.info/200605/article_36.html

ポピュラリティーでは、後の7番から9番までの3曲には劣りますが、演奏が良ければその魅力において同等のこの6番の交響曲の、その“演奏の良い”1枚です。

昨年は、私のアンチェル発見の年で、かなりはまってしまったというのはあちらこちらで書かせていただきました。
それまでは、なぜ今になって“ゴールド使用”でローカル(チェコ)の作曲家のものまで含まれた大規模な復刻をしているのか分かりませんでした。私がクラシック音楽を聴き始めた20年〜30年前には、そんなに注目をあびる指揮者ではなかったような・・。
単に、自分の耳に入ってこなかっただけなんですね。知っている人は知っていた。

いずれにしてもアンチェル表面上はインテンポで突っ込んでいくようなのですが、手綱を緩めたりするタイミングなども素晴らしい。そして、感情におぼれていないようで、深いところで孤高の歌をうたっている・・という雰囲気。これがたまりません。
この彼の指揮と相性抜群なのがこの当時のチェコフィルの素晴らしく美しい音です。録音のせいもあるかもしれませんが、曲によっては、同時期のウィーンフィルのものよりつややかな響きをしている・・ような気がします。

そんなアンチェル+チェコフィルの遺産の中でも、1960年代の後半に録音されたこの演奏は、彼らの代表作の一つといっても良いものだと思います。

宝物149/365枚目です。


ドヴォルザーク 交響曲第6番 / アンチェル チェコフィル@HMV

もし、私の書いたことがお気に召したり、お役に立てたりできたのであれば、3つのランキング↓に参加していますので、クリックいただければ幸いです。
人気blogランキングへ
にほんブログ村 クラシックブログ
音楽ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドヴォルザーク 交響曲第6番 / アンチェル チェコフィル (365枚棚卸149) 一年365枚NEO 2017/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる