一年365枚NEO 2017

アクセスカウンタ

zoom RSS シベリウス 交響曲第7番 / カラヤン ベルリンフィル (365枚棚卸197)

<<   作成日時 : 2007/07/17 08:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


2006年7月16日にはこの曲、この演奏のCDを紹介↓しました。
http://garjyu.at.webry.info/200607/article_18.html

レガートを駆使し、オーケストラの音を磨きあげる・・これがカラヤンの得意技の一つでした。
この方法で彼はブルックナーの交響曲もシベリウスの交響曲も料理しました。そして、思いのほかそれが曲想にマッチしていました。ブルックナーの交響曲には、もともと素朴で野卑な部分があり、その部分はカラヤンは、いわば無視しているのですが、この“音を磨きあげる方法”が徹底されることによって、それを補って余りある名演奏を数多く残しています。

シベリウスでも同じことが言えます。

このシベリウスの最高傑作のひとつ7番交響曲でも。フィンランドの森やそれを取り巻く自然などが、この美しい音で表現されています。ブルックナー以上に、カラヤンのやり方がマッチングしていると思います。表面のレガートもそうですが、一つ一つの楽器が奥深い音を出しているのも見逃せません。これが当時のベルリンフィルの実力ということでしょう。
とにかく、この曲について、私はいまだにこの演奏に固執してしまいます(個人的には、唯一、ヴァンスカの演奏がこれに匹敵していると思っています。)。

いつまでも宝物。197/365枚目。 

シベリウス 後期交響曲選集 / カラヤン ベルリンフィル@HMV

もし、私の書いたことがお気に召したり、お役に立てたりできたのであれば、3つのランキング↓に参加していますので、クリックいただければ幸いです。
人気blogランキングへ
にほんブログ村 クラシックブログ
音楽ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シベリウス 交響曲第7番 / カラヤン ベルリンフィル (365枚棚卸197) 一年365枚NEO 2017/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる