一年365枚NEO 2017

アクセスカウンタ

zoom RSS ドビュッシー 交響詩《海》 / ブーレーズ クリーブランド管弦楽団(365枚棚卸198)

<<   作成日時 : 2007/07/17 09:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


2006年7月17日にはこの曲、この演奏のCDを紹介↓いたしました。
http://garjyu.at.webry.info/200607/article_19.html

最前衛の“現代音楽”を数学者のように組みあげてしまう作曲家ブーレーズ。その人から見れば、ストラヴィンスキーでもこのドビュッシーでも、そのテクスチャーを読み解くことは容易なことなのでしょう。それを明晰な頭脳で再創造する・・それが彼の演奏行為(指揮)ということなのでしょう。
“スコアが透けてみえるような演奏”人はそう言いました。

近年DGで録音することが多くなってから、剃刀のようだったブーレーズの演奏は、輝きはそのままだけれども、やや丸みを帯びてきて、“好事家”だけが愛でるものではなくなってきました。
また、レパートリーも硬派なものばかりでなく、一般クラシックファン向けのものが多くなってきました。何せ、マーラーは言うまでもなく、ブルックナーまでも取り上げるようになったのですから。

これを円熟(丸くなった)という人と、堕落という人がいます。

私個人としては、今の素晴らしいデジタル録音で彼の演奏が聴けるのはとても好ましい状態だと思っています。チェリビダッケが録音のための録音を残さなかった、そしてヴァントも逝ってしまった今となっては、この交響詩《海》の最も美しく、また、おそらく作曲者の意図を汲み取っている録音はこれだと思うからです。

198/365枚目の宝物

ドビュッシー 交響詩《海》 / ブーレーズ クリーブランド管弦楽団@HMV

もし、私の書いたことがお気に召したり、お役に立てたりできたのであれば、3つのランキング↓に参加していますので、クリックいただければ幸いです。
人気blogランキングへ
にほんブログ村 クラシックブログ
音楽ブログランキングへ





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドビュッシー 交響詩《海》 / ブーレーズ クリーブランド管弦楽団(365枚棚卸198)  一年365枚NEO 2017/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる