一年365枚NEO 2017

アクセスカウンタ

zoom RSS ベートーヴェン 荘厳ミサ曲 / ジュリーニ ロンドンフィル (365枚棚卸220)

<<   作成日時 : 2007/08/08 06:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


2006年8月7日にはこの曲、この演奏のCDを紹介↓しました。
http://garjyu.at.webry.info/200608/article_9.html

昨日は、あまりの暑さに、この大曲を聴くことを途中で断念してしまいました。リビングのDVDは、CDだけを読まなくなってしまいましたので、今、CDを聴ける場所のエアコンが壊れている私の部屋しかないのです。朝方涼しいときを狙って聴くしかありません(ポータブルのお風呂用CDプレーヤーというのもあるにはあるのですけれど。)。
ということで、今朝、早くから、この大作を聴いています。

ジュリーニはイタリア人でもあるし、もともとオペラの人なのですが、オペラ座に巣食う音楽以外の“魔物”や“雑事”を嫌い、一時期オペラからは遠ざかっていました。しかし、その代償というわけではないのでしょうが、声楽曲、すなわち宗教合唱曲などを率先して演奏していたようです。何せ、ブリテンの《戦争レクイエム》まで演奏しているのです(ちなみにブリテンは、当初、ジュリーニをこの曲の初演の指揮にと考えていたようです。それは敵わなかったようですが、再演のさいのジュリーニの指揮の立派な録音が残っています。)。

で、この《荘厳ミサ曲》です。
昨日は途中で断念したのですが、今朝はスルスルと音楽が心に入ってきます。良い曲ですねえ。私、つい最近まではあまりの大きさと破天荒さゆえ、この曲に親しみをもてなかったのですが、一度最初から最後まで聴き通して、全体が把握できるようになってから、大好きになりました。
このCDの演奏も、腰が据わっているのに、覇気とカンタービレにあふれ、しかも高貴という、稀有な名演であります。

頭の“キリエ”を聴き始めると、その魅力に最後まで持っていかれます(と書いている自分は、昨日、“キリエ”を聴いて、暑さで聴くのを断念したのですが。)。
録音も充分現役です。合唱が前へ前へと出てきます。
おまけに、このCDボックスには、ハ長調のミサ(これもジュリーニの指揮)とリリングの指揮の《かんらん山上のキリスト》も入っています。

これをお得といわずして・・ということで宝物220/365枚めです。

ベートーヴェン 荘厳ミサ曲 / ジュリーニ ロンドンフィル フィルハーモニア合唱団@HMV

もし、私の書いたことがお気に召したり、お役に立てたりできたのであれば、3つのランキング↓に参加していますので、クリックいただければ幸いです。
人気blogランキングへ
にほんブログ村 クラシックブログ
音楽ブログランキングへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ベートーヴェン 荘厳ミサ曲 / ジュリーニ ロンドンフィル (365枚棚卸220) 一年365枚NEO 2017/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる