一年365枚NEO 2017

アクセスカウンタ

zoom RSS チャイコフスキー 交響曲第4番 / ムラヴィンスキー レニングラードフィル (365枚棚卸226)

<<   作成日時 : 2007/08/13 06:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


2006年8月13日にはこの曲、この演奏のCDを紹介↓致しました。
http://garjyu.at.webry.info/200608/article_15.html

“鉄の掟”に支えられた完璧なアンサンブル。全ての音が立ち、聴くもの皆に、心地良い緊張を強います。

いつもは、該当CDを聴きながらブログ記事を書くのですが、今日は、早朝から暑くてこのCDのジャケットをみながら、筑波山のガマガエルよろしく、たらりたらりと汗をかいています。なにせ、この部屋、エアコンが壊れちまっているのです。

『こんな暑いときに、こんな熱い演奏(ある意味クールなところもあるのですが)は聴けない・・。』
i-podに入れて、エアコンのある部屋で演奏を堪能しようかと思っています。

というわけで、ちょっとフライング気味の棚卸ですが、これから聴くので許してください。

226/365枚目、昔(LP時代)からの宝物。

チャイコフスキー 後期交響曲集 / ムラヴィンスキー レニングラードフィル@HMV

もし、私の書いたことがお気に召したり、お役に立てたりできたのであれば、3つのランキング↓に参加していますので、クリックいただければ幸いです。
人気blogランキングへ
にほんブログ村 クラシックブログ
音楽ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ。
まじに暑いっすねぇ。
私的には、ムラヴィンスキーのチャイコ3部作は、物すごい緊張感が張り詰めていつつ、それでいて、都会的でとてもクールな表現に思えるのですが…どうでしょうか?
いずれにせよ、3作とも素晴らしい名演ですよね。
えりっく$Φ
2007/08/13 22:09
えりっく$Φさん、コメントありがとうございました。

>すごい緊張感が張り詰めていつつ、それでいて、都会的でとてもクールな表現に思えるのですが

そうですね。いわゆる“熱い”演奏“燃える”演奏とはちがう“温度”ですかね。
しかし、これやっぱり凄い演奏ですわ。
garjyu
2007/08/14 06:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
チャイコフスキー 交響曲第4番 / ムラヴィンスキー レニングラードフィル (365枚棚卸226) 一年365枚NEO 2017/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる