一年365枚NEO 2017

アクセスカウンタ

zoom RSS マタイ受難曲 数珠繋ぎ その2 〜または “マタイ十何曲”?!

<<   作成日時 : 2008/01/20 07:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

画像


この“題名”、やはり罰当たるでしょうかね?

“マタイ十何曲”という言葉は、私のオリジナルではなく、故長岡鉄男師(オーディオ評論界の巨人にして、名アルバムの紹介者として有名だった)の残したものです。《マタイ》はいくつもアルバムが出ているけれど、実際にはそれほど売れないので、バーゲンになってしまうことが多く、それを纏め買いして10数枚を紹介する企画のとき出てきたギャグ。

それは、さておき、昨日も《マタイ》の自己抜粋のクレンペラーのCD-Rを聴きました。クレンペラーの演奏は、先のリヒターのものよりテンポが遅いので、80分に詰め込むにしても、リヒターのものより、若干曲が少なくなります。
ちなみに私のデフォルトはリヒター旧盤ではなく、クレンペラーのものです。これは悠然たるテンポ、しかし全く弛緩のない巨大な神殿のような演奏です。ことさらドラマチックではないのですが、感動の大きさはリヒターのものと同等です。

やはり、床に入りながら聴きましたが、最後まで聴き入ってしまいました。

このアルバムについては既紹介済み↓でした。
http://garjyu.at.webry.info/200704/article_12.html

もし、私の書いたことがお気に召したり、お役に立てたりできたのであれば、3つのランキング↓に参加していますので、クリックいただければ幸いです。
人気blogランキングへ
にほんブログ村 クラシックブログ
音楽ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
”涙ながらにひざまずき”って確かこれの終曲でしたかね?
突然すみません。

昔デ・ニーロ主演映画のオープニングで聴いて以来気に入っています。
Mr. Blue Sky
2008/01/20 17:40
Mr. Blue Skyさん、コメントありがとうございます。

>”涙ながらにひざまずき”って確かこれの終曲でしたかね?

そうです、そうです。《マタイ》の聴き所というか、核心部分ですかね。
デ・ニーロの映画ですか?気になりますね。よろしければ、題名教えてください。
garjyu
2008/01/20 18:19
マタイ十何曲・・・。懐かしいです。
レコード漫談でしたでしょうか。長岡氏もクレンペラー盤をオーディオ的にも推していましたね。

確かにクレンペラーの録音は良いものが多いです。
でも、マタイは未聴ですが。
ピースうさぎ
2008/01/21 15:33
ピースうさぎさん、コメントありがとうございます。
さすが、ピースうさぎさん、《レコード漫談》ご存じでしたね。
クレンペラー盤は総合的に、絶対おすすめです。
確か、長岡師は、オーディオ的にカラヤン盤も推薦してましたね。私はとくに独唱のアリアや木管の美しさなどに感心し、カラヤン盤も愛聴しております。実は、ピースうさぎさんご推奨のショルティ盤も気になっているのですけれど。
garjyu
2008/01/21 18:13
>デ・ニーロの映画ですか?気になりますね。よろしければ、題名教えてください。

確か、『カジノ』でしたかねぇ。シャロン・ストーンもでていましたよ。
Mr. Blue Sky
2008/01/21 22:10
Mr. Blue Sky さん、ご回答ありがとうございました。
今度DVD探してみます。
garjyu
2008/01/22 09:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
マタイ受難曲 数珠繋ぎ その2 〜または “マタイ十何曲”?! 一年365枚NEO 2017/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる