一年365枚NEO 2017

アクセスカウンタ

zoom RSS 聖金曜日にBCJの《マタイ》

<<   作成日時 : 2008/03/22 06:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


昨晩の聖金曜日、BCJの《マタイ》を東京オペラシティに聴きにいきました。

まさに、劇的な力演でした。CDなどで聴ける演奏よりも、ライヴだからでしょうか、思い切りアグレッシブでした。
思っていたような、背筋から首筋にかけてゾクゾクするような感動に包まれるとか、自然に涙がこみ上げるというようなことはありませんでしたが、もちろんこの音楽のすばらしさを最大限表現した名演であったと思います。
劇的緊張感で手に汗を握るあっというまの3時間でした。そして、イエスの磔刑の瞬間を“目撃”してしまったような衝撃感を感じました。

イエスは、全世界の人間たちの愚行・煩悩、その他罪悪のすべてを、自らの苦行を引き受けたのですね。

もし、私の書いたことがお気に召したり、お役に立てたりできたのであれば、3つのランキング↓に参加していますので、クリックいただければ幸いです。
人気blogランキングへ
にほんブログ村 クラシックブログ
音楽ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
マタイに行かれたんですね。

>まさに、劇的な力演でした。CDなどで聴ける演奏よりも、ライヴだからでしょうか、思い切りアグレッシブでした。

CDでも素晴らしいのですが、やっぱりライブでしか聴かれない音楽がありますから聴かないといけないですね。

>そして、イエスの磔刑の瞬間を“目撃”してしまったような衝撃感を感じました。

これが一番の醍醐味なのですね。私もチャンスがあれば行ってみたいと思います。
ダンベルドア
2008/03/23 21:12
ダンベルドアさん、コメントありがとうございます。
世界水準のバッハが、日本で容易に聴けるのですから、是非、足をお運びください。私も基本的にはCDオタクで、コンサートに行くことはまれなのですが、やはりコンサートでの熱気は、コンサートでしか味わえないということを身をもって感じました。
garjyu
2008/03/24 04:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
聖金曜日にBCJの《マタイ》 一年365枚NEO 2017/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる