一年365枚NEO 2017

アクセスカウンタ

zoom RSS 大交響曲の燃える演奏。ベートーヴェン 交響曲第3番《英雄》/ シューリヒト フランス国立管

<<   作成日時 : 2008/03/05 08:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 7

画像


The交響曲、魂の燃える演奏。

最近はコルトレーン漬けの毎日ですが、2割くらいは違う音楽も聴いています。コルトレーンは魂を燃やす音楽であるのは間違いなさそうなのですが、燃え出すまでの発火点が高いように思えます。じっくり聴いていこうと思います。

ということで・・、

『よし、今度はクラシックでパワーアップだ。』
となると、やはりベートーヴェン → 交響曲 → 《英雄》 というのはほぼ自然な流れ。

『演奏は? フルトヴェングラーか? エリッヒ・クライバーか?』
残念、シューリヒトの、有名な晩年フランス国立管のライヴがよろしいようで。
名指揮者が燃えてるので名演になります。ブラヴォー(最後に本当に入ってます。)。
テンポも颯爽としてとても良く(第4楽章の最後でねばりますけど)、最後まで一気に聴かせます。一応、魂を燃やすということで選んだので、2楽章はとばしてしまいました(2楽章あってのその後の3楽章、4楽章ということで、邪道な聴き方なのは承知しておりますが。)。
ちなみに、このCD、あまりメジャーなレーベルで出ているわけでなく、供給も安定していないようなので、もし店頭で見かけたら即ゲットされることをお勧めします。録音は悪くないです。後からつけられたであろうステレオ・プレゼンスも不自然な感じはありません。。

ところで、素人のたわごとですが、ベートーヴェンとコルトレーン、その分野での地位というか位置というか似ているような気がします。当然、ベートーヴェンは昔の作曲家で、コルトレーンは作曲もしますがなによりも演奏家ですから同列では語れませんが、その尊敬のされ方、重さ、厳かさ、努力家であると認められていること、ある意味の仰々しさ・・。
そういことを踏まえつつ、今の私は、ベートーヴェンとコルトレーンで、“ジャイアント・ステップ”を狙いたいと思っています。




もし、私の書いたことがお気に召したり、お役に立てたりできたのであれば、3つのランキング↓に参加していますので、クリックいただければ幸いです。
人気blogランキングへ
にほんブログ村 クラシックブログ
音楽ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
お気に入りのエロイカ(3) 〜ベートーヴェン 交響曲第3番 「英雄」 シューリヒト〜
Beethoven Symphony No.3 "Eroica" ...続きを見る
DokuOh 〜独墺系クラシック音楽〜
2008/03/30 23:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
これはすばらしい「英雄」です。
「ウラニア」、モントゥー/ACOと並ぶ3大「英雄」と思ってます。
気品ある高貴な流れの旋律美、第4楽章の疾駆する推進力、と思いきや、コーダが超スローテンポなのが印象的です。
DISQUE-MONTAIGNEで聴いています(これは音質がとても良いです)。

http://furtoroor.exblog.jp/6208630/
furtwan
2008/03/05 11:46
furtwanさん、コメントありがとうございます。
モントゥーのも名演なのですか?寡聞にして知りませんでした。
ジャズなどを聴くようになって、だんだん、クラシックの同曲異演のCDを買わなく(買えなく?)なってきましたが、英雄は大好きなので、もう少し、掘り下げて聴きたい気もしています。モントゥー頭の中に入れておきます。
garjyu
2008/03/05 12:29
初めてこの欄を拝見させて頂き、
ただただ(新宿ダダ!)驚いています。
banqueから存在を伺い、覗いてみて良かったです。
豊富な感性の蓄積と強靭な精神力を感じました。
私はクラッシックに暗く、2年前にローマ歌劇場のお仕事に携わった時に、初めて見たオペラ(トスカ)で感動した超奥手人間です。
でも、これに少し嵌りまして、今年は奥さんと「トゥーランドット」と「アイーダ」を観に行こうかと思っています。
(でもオペラは何故高い!!?)

これからもたびたび見させて頂きます。



XENON
2008/03/05 12:47
XENONさん、コメントありがとうございます。
巷で話題のバンド、禅音座の主催者にして、インプロヴィゼーション・ロックの首魁であるXENONさんに、直接コメントいただけるとは思いませんでした。
お恥ずかしい限りの書きっぱなしブログ(某カメラ氏に『あなたのブログは、誤字脱字が多すぎる』と酔ってはからまれているような次第で。)です。体も根性も弱いうえに、感性はぜんぜん豊かではなく、単に音楽的好奇心が人並み以上あるというだけの男でございます。よろしかったら、これからも贔屓にしてやってください。
オペラは私も敷居というかお金の問題でなかなか手がでません。奥様と観劇ならぬ観オペラはうらやましいです。《トスカ》、《トゥーランドット》良いですよね。私はヴェルディより、プッチーニが好みです。
ちなみに、XENONさんというお名前は有名オーディオメーカーDENONと似ていますね(お気に触られたらごめんなさい。)?それとも、デビルマンの敵キャラからのご命名でしょうか?
また、<新宿ダダ>は聴いたことがありません禅音座で是非取り上げてください。
garjyu
2008/03/05 17:23
こんばんは。コメントおよびトラックバックありがとうございました。
シューリヒトの「英雄」ははじめて知りました。
ジャケットから見ても、燃えるような演奏が伝わってきます。
ところで、リンクを張りたいと思いますがリンクしてよろしいでしょうか。
リンクしたいただけたら幸いです。
http://nachtmusik388.blog110.fc2.com/
Nachtmusik
2008/03/05 20:08
Nachtmusikさん、コメントありがとうございます。
リンクの件、喜んでというか、こちらこそ。
末永くよろしくお願いいたします。
garjyu
2008/03/06 06:58
亀コメントですみません。
この演奏は伝説的演奏ですね。常識を覆してくれます。ベートーヴェンの音楽のもつ許容量にも驚きます。
dokuoh
2008/03/30 23:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
大交響曲の燃える演奏。ベートーヴェン 交響曲第3番《英雄》/ シューリヒト フランス国立管 一年365枚NEO 2017/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる