一年365枚NEO 2017

アクセスカウンタ

zoom RSS 改めて思う、名盤の圧倒的吸引力。バッハ《ゴールドベルク変奏曲》/ グールド(旧録音)

<<   作成日時 : 2008/05/10 17:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


一生付き合っていくであろう名盤だと改めて確信しました。

グールドBox80枚組が、期せずして自分の誕生日に到着しました。ハルモニア・ムンディBox50枚組もヘンゲルブロックのバッハ《ロ短調ミサ》(6枚目と7枚目)までしか聴き終えていないのに、未聴の山(世間では“ミチョモランマ”というそうです。)が増えていくばかり・・。

でもグールドBoxは持っているだけでも、何か良い気分ではあります。
まず、ジャケットがオリジナルLPの縮小版でとてもセンスが良いし、Boxそれ自体の大きさや重みが百科事典チックで置いておくだけで風格のあること。

そして、もうひとつ。はやくからコンサートをドロップアウトし、録音に専念したグールドの音楽歴のほぼすべてがこのBoxに収められていること・・。
グールドには映像作品などもありますが、音だけということであれば、このBoxが彼の音楽人生そのものなんですよ。こんなことは他の演奏家には考えられないことです。このBoxを手にいれるまではそんなことを意識はしなかったのですが、80枚組のセンスの良い箱をみていたら、ふと『グールドの音楽世界は全部この中にあるのだなあ。』としみじみとしてしまったわけです。そして、この80枚組、ゆっくり大切に聴いていきたいと心に誓う私だったりします。

で・・1枚目、言うまでもなく、彼の処女作《ゴールドベルク変奏曲》(旧盤)なのです。
最初にこの演奏を聴いたのは中学生のころだったでしょうか?当然LP。作曲家の諸井誠 の著書「ピアノ名曲名盤100」の中で絶賛されていたのを読み、どうしても聴きたくて、なけなしの小遣いで購入した初めての“ピアノ独奏曲”のアルバムでした。ピアノ曲、バッハ、・・どちらもほぼ初めて真剣に向き合ったのが“これ”だったのです。衝撃的でした。一時期はこればかり聴いていた思い出があります。
CD時代になっても当然購入して聴いてきました。しかし、CDの“ミチョモランマ”のヤマの中、いつしかかつての愛聴盤は埋もれ、それこそ年に一度も聴かなくなりました。過去にはこのブログで新盤とともにとりあげたこともあったのに・・。 http://garjyu.at.webry.info/200612/article_40.html

しかし、この機会にまたこの演奏と向き合うことになりました。あらためて“衝撃”を受けました。当然、録音は古いモノラル。ダイナミックレンジも大きくあろうはずもありません。しかし・・面白い。夢中になって聴いている自分。そして最後の変奏曲が終わり、アリアの一節が聴こえてきたところで、涙が出そうになりました。中学生のときのあの感動がよみがえってきたのです。

名盤は不滅でした。

1枚ものなら↓
Goldberg Variations: Gould (1955)@HMV

80枚組みボックスは↓
グールド/オリジナル・ジャケット・コレクション(80CD)

もし、私の書いたことがお気に召したり、お役に立てたりできたのであれば、3つのランキング↓に参加していますので、クリックいただければ幸いです。
人気blogランキングへ
にほんブログ村 クラシックブログ
音楽ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
「ミチョランマ」がウケました。
我が家にもうず高いミチョランマの高峰が
屹立しております。
よく遭難しております。

グールド80枚ボックス・・・
迷ったのですが買いませんでした。
(3分の2くらいは持ってるので)
でも全部持ってても買うのが本当のファンですよね・・・(そうかぁ?)。
木曽のあばら屋
2008/05/10 21:24
木曽のあばら屋さん、コメントありがとうございます。

>グールド80枚ボックス・・・
>迷ったのですが買いませんでした。
(3分の2くらいは持ってるので)

幸か不幸かバッハ以外はほとんど持っていなかったんです。
でも、これは購入して満足してます。今朝も早起きして2枚ほど聴きました。オリジナルLPと同じ収録時間なので、意外にサクサク聴けます。
garjyu
2008/05/11 07:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
改めて思う、名盤の圧倒的吸引力。バッハ《ゴールドベルク変奏曲》/ グールド(旧録音) 一年365枚NEO 2017/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる