一年365枚NEO 2017

アクセスカウンタ

zoom RSS 小泉純一郎著『音楽遍歴』を読む。

<<   作成日時 : 2008/06/01 10:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像


小泉さんとお友達になりたくなりました。

話題の書、小泉純一郎の『音楽遍歴』を読みました。普通の新書としては、行間も字も大きいし、3分の1は“作曲家紹介”などの資料で、小泉氏自身が書いた部分は、まあ多くはないのですが、この人が本当に“音楽を楽しむことの達人”であることが伝わってくる本でした。

首相時代、「好きな作曲家は誰ですか?」という質問に「パガニーニ。」なんて答えるのを聴いて、『何だ、ちょっと知ってるからって、奇を衒った回答しちゃって。』と冷めた目で見ていましたが、彼はヴァイオリン協奏曲を軸にクラシック音楽にアプローチしていったので(有名でないものも含め、ヴァイオリン協奏曲は相当聴いているみたいですよ。)、“究極のヴァイオリン協奏曲”を書いたこの作曲家の名前が出てきたということが分かりました。

有名な1番やカプリースすら、碌に聴いて来なかった私も、パガニーニ無性に聴きたくなってきたなあ(後、オペラ《アンドレア・シェニエ》とプレスリーとX-Japanも・・)。



もし、私の書いたことがお気に召したり、お役に立てたりできたのであれば、3つのランキング↓に参加していますので、クリックいただければ幸いです。
人気blogランキングへ
にほんブログ村 クラシックブログ
音楽ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
私が以前購入したフルートカルテットのリンクスに寄せた言葉を当時厚生大臣だった小泉純一郎さんが書かれていました。
クラシックファンなんですよね。
歴代の総理大臣とカラーが違いましたね。
ぴっころ
2008/06/06 15:28
ぴっころさん、コメントありがとうございます。
小泉氏、彼のとった政策などについては、さておき、歯切れの良い物言いなど、硬骨漢然とした面白い人だなあと思いました。
また、これだけの音楽好きなら、きっと話も合うだろうなと、かってに思ったりしています。
garjyu
2008/06/06 20:19
 私も思わず注文してしまいました。
すずしん
2008/06/07 10:56
すずしんさん、コメントありがとうございます。
小泉氏、話言葉と同様、歯切れの良い文章で、すぐ読めてしまうと思います。
garjyu
2008/06/07 11:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
小泉純一郎著『音楽遍歴』を読む。 一年365枚NEO 2017/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる