一年365枚NEO 2017

アクセスカウンタ

zoom RSS 爆裂ギターに原子の鼓動を聴け。福田進一&フェルナンデス アトム・ハーツ・クラブ・デュオ

<<   作成日時 : 2009/03/01 14:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


クラシックギターのハイパー・デュオで、ハイドンの交響曲から武満、吉松までを聴かせます。

・吉松隆:アトム・ハーツ・クラブ・デュオ
・ロッシーニ/ジュリアーニ編:どろぼうかささぎ
・ロドリーゴ:トナディーリャ
・ハイドン/カルッリ編:ロンドン交響曲第1楽章
・ソル:ロシアの想い出
・アルベニス/リョベート編:入江のざわめき
・アルベニス/リョベート編:エヴォカシオン
・アルベニス/リョベート編:カスティーリャ
・武満徹:ヒロシマという名の少年

最新のクレスト1000シリーズで先のパイヤールの《音楽の捧げ物》とともに、絶対に手に入れようと思ったのがこれです。

実は私、このアルバムDVDAディスク(格安処分価格で売っていた。)で持っていたのですが、うちの安いユニヴァーサルオーディオプレーヤーではDVDAはアナログの出力しか出来ないので、せっかくのデジタルオーディオの妙味がない。しかもCDレイヤーがないので、iPodにもおとせない・・。ないないずくしでただの飾り物になっていました。

ということで、今回早速買いなおし聴きなおしましたが、やっぱり“アトム・ハーツ・クラブ”物はギターのこの盤が一番迫力ありますな。吉松ファン必携です。

*アトム・ハーツ・クラブについては↓
http://garjyu.at.webry.info/200810/article_3.html

ロドリーゴやアルベニスなどの“らしい”ものはもちろん、ハイドンの交響曲もロッシーニの序曲も違和感なく、カッコ良いんです。
武満の小品がが最後にポツリと入っているのも良いですね。(その後エンディングがプログレ・ロック・アルバムっぽいんですが。)

ギター好きは持っておきましょう。

福田進一&フェルナンデス アトム・ハーツ・クラブ・デュオ @HMV




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
爆裂ギターに原子の鼓動を聴け。福田進一&フェルナンデス アトム・ハーツ・クラブ・デュオ 一年365枚NEO 2017/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる