一年365枚NEO 2017

アクセスカウンタ

zoom RSS 埋もれさせるにはもったいない。ステッファーニ スターバト・マーテル/ レオンハルト

<<   作成日時 : 2009/04/28 22:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

画像


あのペルゴレージの名曲と同時代の《スターバト・マーテル》の傑作です。

マルタ・アルマジャーノ(S)
ミーケ・ヴァン・デア・スロイス(S)
ジョン・エルウィス(T)
マーク・バドモーア(T)
フランス・ホイツ(Br)
ハリー・ヴァン・デル・カンプ(Bs)
バロック・オーケストラ、オランダ・バッハ協会合唱団

グスタフ・レオンハルト(指揮)

とくにクラシック音楽好きのCDコレクターの間では“ミチョモランマ”という言葉が、買ったは良いけれども聴かずに積まれたCDの山のことをさすことが常識となりつつありますが、その“ミチョモランマ”を“征服”することは、情報と欲望が渦巻き、欲しいものを比較的容易に手に入れることが出来る割に日々時間が不足している“現代人の忙しい生活”の中では不可能と思われます。
だからこそ、一度“仕入”の方を絞り、CDを『買わない、(聴かずに)ためない、増やさない。』ということを徹底するべきなのでしょうが、まあ、CDコレクターというのは、それらのCDを聴くことと同時にコレクト(蒐集)することも趣味なので、それはそれでしょうがないのかなあと、自己弁護したりして・・。

さて、我がミチョモランマの中でも、間違いなく宝がたくさんうずもれているであると容易に推測されるのが、
ドイツ・ハルモニア・ムンディ50枚組 限定BOX↓
http://garjyu.at.webry.info/200805/article_5.html
であります。
もう購入して1年程度たっているのに、4分の1程度しか聴いていないので偉そうなことはいえないのですが、今まで聴いたものでハズレはひとつもなし、どれも涙がちょちょぎれるような名曲(それはときにはそれほど有名でないものであっても)、名演のオンパレードなのです。
そんな中から最近1枚発掘しましたよ。

この1ヶ月くらいiPodに入れて都度都度聴いているのが、このあまり有名でない作曲家ステッファーニのスターバト・マーテルです。『スターバト・マーテルに駄曲なし。』とは常々勝手に私が言っている(同様の例に『レクイエムに駄曲なし。』というのもあります。)言葉ですが、そんな“スターバト・マーテル界”の中でも、同時代のペルゴレージの大傑作↓
http://garjyu.at.webry.info/200602/article_23.html
に優るとも劣らない名曲です。まあ、演奏が良いというのもありますが。

曲は6声と6つの弦楽器とオルガンのために書かれています。ペルゴレージのそれよりも編成は大きい(といっても、現代の感覚では小編成ですわね。)のですが、独唱や2重唱、3重唱程度でリュート(?)とオルガンだけの伴奏などだけの曲も多いので、ペルゴレージのそれよりも素朴な印象もあります。しかし、いわゆる一聴でその曲に取り込まれてしまうようなメロディやハーモニーのキャッチーさは最初のソプラノ独唱の曲から十分あります。悲しみに満ち美しい・・。
まさに埋もれさせておくにはもったいない1枚です。

ステッファーニ スターバト・マーテル/ レオンハルト@HMV

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
いやん!
実は、わたしもSteffaniのスターバトマーテルめちゃ好きなんですよ〜〜!知ったのは、実は少年trebleが歌ってた某ミーハー系バージョンがきっかけだったんですけど、以来Steffaniのスターバートマーテルは、わたしの中でかなりのお気に入り!これ、聴いてみたいです。。速攻でリスト入り。いつもありがとうございます。
しかし「容易に手に入れることが出来る」という環境が羨ましいですね。タイの田舎に引っ越してきてもうすぐ4年。欲しいものがすぐに手に入らないのですが、そう言われてみれば、こっちにきて遠回りで入手したものは大事に聴いてるかも。コンサートのDVDなんかは中国からの海賊版が山ほど売られてるんだけども(^^;
有香ちゃん
2009/04/29 00:16
有香ちゃんさん、コメントありがとうございます。
実は、この記事“スタバト&レクイエム好き”の有香ちゃんからなんらかのレスポンスがあるだろうなあ・・と思いながら書いていたのですが、コメント速攻でしたね。しかも、聴いたことがあり、大好きだとは・・驚き。
私は、この作曲家の名前すら、くだんのボックスセットを手に入れるまで知りませんでした。
有香ちゃんを“出し抜ける”“スタバト”探しておきます。


garjyu
2009/04/29 06:16
こんにちは。
この曲は私も大好きです。
「スターバト・マーテル」に駄曲なしとは本当で、
いい曲たくさんありますね。
ヴィヴァルディ、ドメニコ・スカルラッティなども
私的にはポイント高いスタバト書いてます。
木曽のあばら屋
2009/04/30 08:30
木曽のあばら屋さん、コメントありがとうございます。
この曲でコメントが2つももらえると思っていませんでした。皆さん、アンテナの張り方がすごいですね。
スカルラッティのスターバト・マーテルは聴いたことがないです。ウィッシュ・リストに入れておきます。
garjyu
2009/04/30 21:30
こんばんは。
この曲良い曲ですよね。
明日から仕事ですからこの曲で心安らかに眠りに就こうと思います。
ピースうさぎ
2009/05/06 21:47
ピースうさぎさん、コメントありがとうございます。
ピースうさぎさんもハルモニア・ムンディ・ボックスでお聴きになられたのですね?このボックスは宝箱でしたねえ。(まだ、全部聴ききれてないだろうという突っ込みはさておき。)
garjyu
2009/05/07 19:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
埋もれさせるにはもったいない。ステッファーニ スターバト・マーテル/ レオンハルト 一年365枚NEO 2017/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる