一年365枚NEO 2017

アクセスカウンタ

zoom RSS 広島原爆の日に。 細川俊夫 ヒロシマ・声なき声 / カンブルラン バイエルン放送響 他

<<   作成日時 : 2010/08/06 21:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

広島出身の作曲家、細川俊夫のライフ・ワークを広島原爆の日に聴く。

画像


細川俊夫 ヒロシマ・声なき声

T楽章『前奏曲・夜』オーケストラのための
U楽章『死と再生』 3人の朗読、合唱、テープ、オーケストラのための
V楽章『冬の声』  合唱とオーケストラのための
W楽章『春のきざし』アルト独唱、合唱、オーケストラのための
X楽章『梵鐘の声』 合唱とオーケストラのための

ナタリー・シュトゥッツマン(アルト)
バイエルン放送合唱団
バイエルン放送交響楽団

シルヴァン・カンブルラン

2001年5月4日 ミュンヘン、ヘラクレスザール ライヴ録音

「ヒロシマ・声なき声」は、昨年の今日聴いた「ヒロシマ・レクイエム」の改訂・拡大版、最初の2楽章がほぼ「ヒロシマ・レクイエム」と同じです。
「ヒロシマ・レクイエム」の演奏はアマチュアの新交響楽団の演奏でしたが、今回はプロ、しかもドイツの一流どころ、バイエルン放送交響楽団のものです。

先にも書きましたが、最初のT楽章は「ヒロシマ・レクイエム」と同一曲。今村能の指揮するところの新交響楽団の演奏も使命感に燃え、緊張感に富んだ激演でしたが、このカンブルラン指揮のバイエルン放送交響楽団によるものは、より音楽的と言えるかもしれません。ドイツの放送局のオーケストラ(しかも、その中でトップクラスのバイエルン放送のそれ)ということで、“現代音楽”ものの演奏は、やはり堂に入っていると感じました。悲劇を迎える前日の緊張感を、ある意味、日本人以外にも分かりやすく伝えることができる、普遍的な表現になっているのではないでしょうか。

U楽章。ここでは詩の朗読が、「ヒロシマ・レクイエム」の日本語+英語に対し、ドイツ語+英語になっています。日本人にとっては、日本語で語られるほうがより生々しく感じられるのは間違いないのですが、それがドイツ語になることにより、より音楽的に感じられるように思いました。語りによる“対位法”を、冷静に音楽として聴けるとでも言うのでしょうか。
しかし、そうは言っても、この“音楽”は激烈です。平和ボケした私の頭にカウンターパンチをお見舞いしてくれます。

V楽章以降は、「ヒロシマ・声なき声」になって付け足された部分。V楽章は“核の冬”をも感じさせる、荒涼とした音楽。W楽章は祈りが通じたのか、少し明るい感じの曲調になるものの、X楽章でまた闇と苦行の世界へ。死に向かって鳴き続けるヒグラシの声のような弦のグリッサンドの曲尾が印象的です。

現代音楽としては聴きやすい曲調とは言え、テーマ性、重さ、暗さから、今日のような日に、あの日の悲劇を、平和ボケな私たちが思いおこす(本当の悲劇には及ばないまでも)ために、真剣に傾聴すべき音楽でありました。

黙祷。そして、核のない世界を祈念して・・。

細川俊夫 ヒロシマ・声なき声 / カンブルラン バイエルン放送響 他 @HMV






ブリテン:戦争レクイエム
徳間ジャパンコミュニケーションズ
ケーゲル(ヘルベルト)

ユーザレビュー:
物足りない主な目的は ...
ヘルベルト・ケーゲル ...
買って良かった。購入 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ブリテン:戦争レクイエム の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




第二楽章?ヒロシマの風 角川文庫
角川書店
男鹿 和雄

ユーザレビュー:
日本人として後世に語 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 第二楽章?ヒロシマの風 角川文庫 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
このような曲と、そして演奏があることに驚きました。
8月は何かと終戦の頃と反戦の思いが高まる時ですからなおさらです。
今年のヒロシマは、これまで背を向けてきた欧米の代表がやってきたりと、世界=地球を守ろうとする気運がようやく利害やしがらみを超えつつあることを感じました。
ご紹介の曲、聴いてみたいと思います。
yokochan
2010/08/11 23:24
yokochanさん、コメントありがとうございます。
ヒロシマがらみの曲は、合唱曲なども含めると、そこそこありますが、やはり、それぞれ、なまじっかな祈りではまかなえない悲劇をあらわす、壮絶な内容のものが多いですね。
それらは、その内容から、簡単に聴き流せるものではないですが、年に1度は、真剣に向き合うべきものだと思い、私も、毎年この時期に、取り上げることにしています。
garjyu
2010/08/14 06:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
広島原爆の日に。 細川俊夫 ヒロシマ・声なき声 / カンブルラン バイエルン放送響 他 一年365枚NEO 2017/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる