一年365枚NEO 2017

アクセスカウンタ

zoom RSS モダン演奏の模範。バッハ ミサ曲ロ短調 / 小澤征爾 ボニー 東京オペラ・シンガー他

<<   作成日時 : 2010/11/06 16:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

熱っぽさと清潔さの見事なバランス。

画像


バーバラ・ボニー(ソプラノ)
アンゲリカ・キルヒシュラーガー(メゾ・ソプラノ)
ジョン・マーク・エインズリー(テノール)
アラステア・マイルズ(バス)
東京オペラ・シンガーズ
サイトウ・キネン・オーケストラ

小澤征爾

録音時期:2000年8月-9月
録音場所:長野県松本文化会館


小澤征爾、俊敏でカッコ良い若い頃の指揮姿の印象のせいか、つい最近までいわゆる熱演型の音楽家という印象をもっていました。いや、今でも根本の印象は変わらないのですけれど、“熱”以上に細やかさとか整理整頓の上手さとか清潔さが、彼のつくる音楽の重要な特徴なのではないかと思いはじめたりしています。

後、小澤の音楽を語る上で欠かせないのが、声楽(合唱)を伴う作品への情熱ですね。サイトウ・キネンでの精力的な数々の声楽作品の上演や晋友会との共演が有名(カルミナ・ブラーナが良かった。)だし、何せ直近のキャリアが、サイトウ・キネンを除けばウィーン国立歌劇場の音楽監督なんですから。

そんな小澤のマタイやロ短調ミサのCD、初発当時は無視していましたが、結構良いはず・・とふと購入を思い立ちました。しかし、HMV、Amazonとも輸入盤の扱いはなく、高価な国内盤のみ。キリスト教を信ずる国々では、信者以外が演奏した宗教曲なんか受け入れられないのかしらねえ・・などということを考えます。輸入盤ならほぼ半額なのに〜とうなること数週間、最寄のTSUTAYAでこのロ短調ミサのCDをたまたま発見したので、即、借りました。

キリエの冒頭、モダンの代表(なのか?)、リヒターの演奏(旧盤、東京ライヴ盤、DVDいずれも)では、天が張り裂けたかのような切羽詰まった音楽となっていますが、ここでの小澤は、オリジナル系の演奏を研究してか、あっさり目です。しかし、低音の効いた充実の響きを背景にしていて食い足りないということはない。むしろ、今のオリジナル系を聴きなれた耳では、受難曲のように物語を背景とするものならともかく、典礼の音楽(プロテスタントのバッハのこの作品は、カトリックの典礼音楽ではなく、ミサ曲という枠組みを借りたものだけなのでしょうが。)でのリヒターのものがあまりに異様、劇的すぎるように感じられますから(リヒターだけ聴いている分には、この“ツカミ”が素晴らしいと思えるのですけれど。)。

以降、中庸のサクサクと進むテンポ、よどみのない音楽運びが心地良いです。
合唱はそこそこ人数がいるのでしょう、厚みのある響きが充実しているし、しかも精度が高いです。受難曲よりも合唱に高度な技術を要し、重要である本曲で、この合唱の充実は、それだけでこのCDを聴く意味があるというもの。
独唱陣も良いです。特に女声の2人は、私の好きなボニーとキルヒシュラーガーということで、もうそれだけでうれしい。ビブラートはそこそこかかっているのですが、この2人は、もともと品の良い歌い方なので、気にならないです。
オケはもちろん素晴らしい。オリジナル系のひなびた雰囲気も、もちろん良いのですが、充実した低弦の支える響きを聴くと、これじゃなくちゃと思ってしまうんですよね。
また管楽器、宮本文昭のオーボエ、工藤重典のフルートなんて贅沢すぎますねえ。

ロ短調ミサのCD、モダンではリヒター、チェリビダッケ、ジュリーニ、オリジナルではヘンゲルブロック、ブリュッヘン(旧盤)、ミンコフスキ、鈴木雅明、パロットなどを聴いてきました。
完全なOVPPではないけれど、独唱者が合唱も歌い、響きの純粋さと様式美を徹底的に追求したパロット盤から、まるで受難の物語を背景に持つような劇的なリヒター盤の間にはとても大きな隔たりがあります。
そんな中で、演奏の精度が高く(リヒター盤、受難曲では気にならない合唱、表現意欲は高いけれども、精度という意味では結構厳しいところあります。一方、オリジナル系では器楽の方、上述の盤では、それぞれ達者なのですが、モダン楽器の余裕のある演奏にはかなわないような気がします。)、表出力も備えながらも清潔といった中庸の美徳をもつ、この小澤盤の価値はとても高いのではないかと思った次第です。

国内盤、高いけれど、ちゃんと購入しようかな。マタイもね。

バッハ ミサ曲ロ短調 / 小澤征爾@HMV



小澤征爾&ウィーン・フィル ニューイヤー・コンサート 2002 完全収録盤
ユニバーサル ミュージック クラシック
小澤征爾

ユーザレビュー:
我家の正月が高尚にな ...
・・・・ぅわぉ!団員 ...
小澤カラー満開臨場感 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 小澤征爾&ウィーン・フィル ニューイヤー・コンサート 2002 完全収録盤 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

2002 小澤征爾 歓喜の歌 ~ ベートーヴェン:交響曲第9番 ニ短調 作品125「合唱」 (初回限定盤)
ユニバーサル ミュージック クラシック
小澤征爾

ユーザレビュー:
良質なのだけれど・・ ...
21世紀の「第9」の ...
無印至高のベートーヴ ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 2002 小澤征爾 歓喜の歌 ~ ベートーヴェン:交響曲第9番 ニ短調 作品125「合唱」 (初回限定盤) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
モダン演奏の模範。バッハ ミサ曲ロ短調 / 小澤征爾 ボニー 東京オペラ・シンガー他 一年365枚NEO 2017/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる