一年365枚NEO 2017

アクセスカウンタ

zoom RSS さわやかで明快!ベートーヴェン弦楽四重奏曲第9番《ラズモフスキー第3番》/ カルミナ四重奏団

<<   作成日時 : 2010/12/30 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

力作《ラズモフスキー第3番》のスタイリッシュで素敵な演奏です。

画像


・ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第9番ハ長調《ラズモフスキー第3番》

カルミナ四重奏団
1998年6月、スイス、リーエン


年末だから第九を聴かなきゃね!
第九と言えばベートーヴェン、昨日までちゃんと確認していなかったからな。
よし、CDはと・・。あったあった。
CDプレーヤーにセット、スタートっ。
あれっ、ffで始まっちゃったよ。しかも音が薄いや。なんかおかしいなあ。

・・弦楽四重奏の9番じゃないか!(わざともここまでくると結構苦しい。)


ベートーヴェンの弦楽四重奏曲というと、LP時代は、通好みの楽曲ではあったわけですね。特に12番から始まる後期の作品なんてなると、ちゃんと正座をしながら聴きなさないなんて家訓のある名家があったとかなかったとか・・(ないと思う。)。
CD時代になると、LP時代の名盤全集といわれるものが、たくさん出回るようになったので、ちょとデフレ気味でありがたみが薄れていたり、『CDでクラシック聴くなら、重厚長大なシンフォニーじゃなきゃね。』とばかりにマーラーやブルックナーの交響曲にファンを取られ気味だったりしているような気がしますが、いかがお過ごしでしょうか。

そんなこんなで、年の瀬に弦楽四重奏曲は良いのではないかと。しかも、第九シリーズにひっかけてこの曲を聴こうと思ったわけですね。
しかし、私のCDライブラリ、後期の弦楽四重奏曲は好きなゆえに結構たくさんあるのですけれど、『ラズモフスキ』や初期の曲になると、今、手元にはアルバン・ベルクSQ(以下ABQ)のライヴの方の全集しかなかったのですね。いや、ABQのが悪いというわけではないのですが、この全集での演奏は、やはりライヴで、一種特殊なものなのです。会場の雰囲気まで封じ込めたテンション高い録音、超熱い演奏、音程も結構ハイ上がりかもしれない。集中してその気になって入りこんで聴くには良いのでしょうけれど、なんか、本日はそんな気分じゃあなかったんですな。

だから、年の瀬に、ぶらっとこの曲のCDを買いに行きましたとさ。
バーゲンで安くなっていたCREST1000シリーズ、スメタナSQのCDばかり並んでいる中、この《ラズモフスキー第3番》とマイ・フェヴァレイトの15番のカップリングが唯一カルミナSQでありました。
ずっと気になっていたのですよ。カルミナSQ。いつもCD店に行くと、シマノフスキの四重奏曲のCDを棚から出したり戻したり・・。今回、ベートーヴェンで、ちょと君らの腕前を確かめさせていただくよ・・とばかりにレジに直行。

で、家に帰って、さっきから聴いているのですね。3回目。

第1楽章の序奏の出だしからビブラートを抑えています。この団体は古典ばかり演奏するわけでないから、ベートーヴェンゆえのこのアプローチなんでしょうな。正直、音程が厳しいところはあるかもしれません。でもppで消えるところの透明さはノンビブラートならではです。
主部に入ると、コシはあるのに軽やかで、前進性もある演奏に目をみはらされます。ピリオドだと軽くなりすぎてしまうし、オーソドックスなアプローチだと重すぎたり激しすぎたりすることもあるこの曲に、ひとつの明快な回答でしょうか。

第2楽章のロシア民謡調の暗めのワルツも、さりげないニュアンスが良い味です。

第3楽章も、メヌエットをややゆっくり目のテンポで、透明な音でつむいでいきます。

第4楽章のフーガ風な音楽も、明晰かつ、切り込みも鋭く、なかなか熱してきましたよ。四人の音それぞれが透明な上、分離が良いし、これは爽快だなあ。

というわけで、久々にこの曲聴きましたが、良い演奏にあたったなあ・・と満足していたら、次の15番が始まってしまいました。
この曲は、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲の中でも、2番目くらいに好きなんで、始まってしまうと途中でやめられないんですよね。
で、そのまま、聴き続けていたら、『病気が癒えたあとの感謝云々・・』の第3楽章で、体が硬直しました。
「こ、これは凄い演奏なのでは・・。」
透明な音で、一見淡々と進んでいくものの、ひとつひとつの音に祈りの気持ちがこもっているのが感じられます。また、4人の音のバランスが絶妙なんですな。
透明で敬虔で、序奏など、クレーメルの弾くアルヴォ・ペルトの曲みたいですよ。

いやあ、今宵は9番の話でしたね。次の機会に15番のことを書くことにします。
また、シマノフスキのCD、今度は棚に戻さないと思います。

ベートーヴェン弦楽四重奏曲第9番《ラズモフスキー第3番》、第15番 / カルミナ四重奏団@HMV

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
さわやかで明快!ベートーヴェン弦楽四重奏曲第9番《ラズモフスキー第3番》/ カルミナ四重奏団 一年365枚NEO 2017/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる