一年365枚NEO 2017

アクセスカウンタ

zoom RSS これは聴いてて気持ちいい! スキタイ組曲『アラとロリー』/ ラトル バーミンガム市響

<<   作成日時 : 2011/12/03 02:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

この演奏好きタイ・・(九州弁)。

画像


・スキタイ組曲『アラとロリー』

1.ヴェレスとアラへの讃仰
2.邪神チュジボーグと魔界の悪鬼の踊り
3.夜
4.ロリーの栄えある門出と太陽の行進

バーミンガム市交響楽団
サイモン・ラトル

録音:シンフォニーホール、バーミンガム
1992年1月


デモニッシュな音楽を聴きたい・・なんていって色々取上げてきたんですが、何か、暗くて重いのばっかりになってきたような気がします。
デーモン族の進撃、天使たちとのバトル、悪魔王サタンの高笑い・・。イケイケで、邪悪な感じだけれど、聴き終わった後は壮快感があるようなものを求めていたんではなかったか?

と、初心に返って選曲を考え直してみること数日、ああこれこれと思い至ったのが、このスキタイ組曲。「特に最初の2曲がイケイケだったんよね。」と脳内で舌なめずりまで始めたのですが、手持ちのCD(ドラティ指揮のマーキュリー盤)がみつけられない。

ということで、最近覚えた図書館利用。いそいそと、そこそこ新しい録音を借りてきました。
ガ、シカシ、ソノエンソウ、ドウモ、ピントコナカッタンデス。
録音も新しい割りに、鳴りが悪いような気がする。
クラシックの場合、演奏によって、曲は生きもし死にもする・・というか自分の好みに合わない演奏もあるっちゅうことを、改めて確認するにいたった出来事でございました。

ということで、気を取り直してスキタイ組曲のイケイケ演奏のCDっちゅうのが何か、改めてネット検索してみましたところ、こちらに行き着きました。
「ラトル盤が★5つかあ。買おうかなあ。一枚ものとロシアボックスの2種があるようだぞ・・。ボックスは、ショスタコの交響曲がダブるけど、お買い得だよなあ。どうしようかなあ・・。」と悩むこと30分。結局、その日はオーダーせず。

しかし、横浜桜木町の映画館に行ったついで(最寄ではガンダムUCがそこでしかやっていなかったんで・・。)に、同じビルのTowerによったところ、ワゴンセールがあり、まさに、数日前に欲しいと思ったコレが490円也(税込)で売っている(残1枚)ではないですか。偶然というか、ヒキが強いっちゅうか・・そりゃ買いますがな。

で、早速帰って聴きました(とりあえず、併録の5番の交響曲をすっとばして)。

いやあ、1曲目から、イケイケでいいなあ。テンポも良い具合に速くて、しっくりきます。ラトルは、打楽器出身だからなのか、テンポが速くてもリズムに腰があって、上ずったりせず、安心かつ、ノリノリで聴けるのですよね。
しかも、オケのコントロールが良く、一つ一つのフレーズが整理されていて混濁しないのに、マッシブな魅力も十分。

オケも、これベルリンフィルじゃないの(ちょっと言いすぎかもしれないけど)? 例のイギリスの片田舎のオケなのっ?、ってくらい(まあ、いわゆるドイツ系より細身っちゃあ細身ですけど)本当に良く鳴っています。録音も程よい残響、深い音場・・、評判の悪いEMIと思えないくらい良いんではないですか。

後半の、幻想的な雰囲気も、とてもとても素敵ではないかと。フルートの掛け合いが聴きもののこの部分ですが、バーミンガムの奏者さんたち、素直な音色で、今まで聴いたなかで一番好きかも。

2曲目、キターッ!
いいですねえ。1曲目で感じたことそのままですが、音がキチンと整理されているのに、全体としてパワーも十分。なによりも速いテンポの中で、しっかり音を鳴らしきって地に足もついている・・。
ハリウッド映画チックというか、あまり“深い”音楽ではないんでしょうけど、これくらいの演奏を生で聴けたら、泣いちゃうかもしれない・・というくらいの理想的な演奏ではないでしょうか(ちょっと褒めすぎ?)。

3曲目。
まあ、この組曲、3曲目以降はあまりキチンと聴いてこなかったんですが、この演奏、聴かせますね。幻想的な夜の場面が美しいのも良いし、中間部の攻撃的な部分ももちろん悪かろうはずもない。

4曲目は、勝利の場面とでもいうのでしょうか。ちょっと諧謔的なマーチ風な音楽です。旋律的な魅力がそれほどあるわけではないですが、ここでは、ラトルは、プロコフィエフの打楽器を多用した独特のオーケストレーションを魅力的に鳴らします。

『春の祭典』の二番煎じみたいに言われている(私は『火の鳥』の方に近いと思いますけど。)この曲ですが、演奏によって、相当魅力的になるんですって、ということを思い知らされました。

いまさらですが、ラトルやっぱり凄いや。

スキタイ組曲『アラとロリー』/ ラトル バーミンガム市響 @HMV

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
これは聴いてて気持ちいい! スキタイ組曲『アラとロリー』/ ラトル バーミンガム市響 一年365枚NEO 2017/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる