一年365枚NEO 2017

アクセスカウンタ

zoom RSS 手抜きなき横綱相撲。メンデルスゾーン 交響曲第2番 《讃歌》/ カラヤン ベルリンフィル他

<<   作成日時 : 2014/08/31 18:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

帝王カラヤンの実力が見える凄演。オケも独唱も合唱も本気。今の私にとってのこの曲の決定盤です。

画像


・メンデルスゾーン:交響曲第2番変ロ長調 op.52《讃歌》

第1部;第1曲: シンフォニア
第1楽章 Maestoso con moto - Aregro
第2楽章 Allegretto un poco agitato 
第3楽章 Adagio religioso

第2部
第2曲: すべてのもの、息あるものよ(合唱、ソプラノ独唱)
第3曲: レチタティーヴォ:語りなさい、救われたひとたち(テノール独唱)
第4曲: 語りなさい、救われたひとたち(合唱)
第5曲: 私は主を待ち焦がれました(ソプラノ独唱、合唱)
第6曲: 死の綱がわたしたちを取り巻いた(テノール独唱)
第7曲: 夜は過ぎ去った(合唱)
第8曲: さあ、感謝しましょう(コラール)
第9曲: それゆえ私は歌います(テノール、ソプラノ独唱)
第10曲: あなたたち諸々の民よ(終曲合唱)

エディト・マティス(S)
リゼロッテ・レーブマン(S)
ヴェルナー・ホルヴェーク(T)
ベルリン・ドイツ・オペラ合唱団
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

ヘルベルト・フォン・カラヤン

1972年9月、1973年2月 ベルリン、イエス・キリスト教会

カラヤンのメンデルスゾーンの交響曲全集、1曲1曲噛みしめるように聴いてきておりますが、この難物の《讃歌》でも気力、表現意欲とも横溢した演奏が繰り広げられています。

冒頭は、恰幅の良いテンポで鳴らし切ります。ここまで立派に演奏されると、ちょっと恥ずかしいと思っていたメロディにも感服させらてしまうんですね。金管の音もいいですが、低弦の支えが立派だと思います。主部に入ると速いテンポなのに音圧をすごく感じます。立派でカッコいいんですな。本当に痺れます。こんなに充実した1楽章は、他にはないかなあ。

第2楽章も、憂いのある弦の表情づけ(ポルタメント気味)が素晴らしいですね。ピチカートも、装飾音も粒がそろって効いています。アバド+ロンドン響などのものと比べると、速めのテンポながら表現は濃いめ(アーティキュレーションが細かいと思いました。)かもしれませんが、センスが良いのでグウの根もでません。中間部で出てくるこの曲の中心テーマが奏でられるときのフルート(ゴールウェイ)の音の神々しいこと。

第3楽章もアダージョ・カラヤンの面目躍如。ゆったりと恰幅があるけれど品のある弦の歌、木管(特にフルート=ゴールウェイ)の響きの美しさ、至福。

2部に入ってからも絶好調です。ここではカラヤンの録音ではおなじみのウィーン楽友協会の合唱団(ほぼアマチュア)ではなく、ベルリンオペラのそれです。曲が難しい(珍しい)からでしょうか?ゆえに安心して聴いてられますね。表現力というか前へ前へと出てくる力感が素晴らしいです。第2曲のソプラノはマティスでしょうか?神々しいですね。

5曲目のソプラノ2人の掛け合いも濃厚ですがセンスが良いです。合唱との立体的な音のつくりは、オペラ指揮者としても有能なカラヤンの独壇場。

テノールは、なんとなく、鼻にかかったような声で好みではないですが、カラヤンの音楽づくりに沿って清潔に歌っているようです。曲の中心とされる第6曲は、焦燥感を煽るカラヤンのテンポ設定が圧巻。
続く、ソプラノが導く合唱は、夜が去っていきなりの真昼の輝かしさ。雄弁でカッコイイですなあ。

8曲目のコラールの出だしは厳かですが、重さもあるので、ロシア正教の無伴奏曲(ラフマニノフの“晩祷”)のようにも聴こえますね。これはこれで立派。

最終曲の劇的なことは、今回聴いた中でもピカイチ。カラヤン+ベルリンフィル+ベルリン・オペラの力技見事。最後にこの曲の冒頭テーマが戻ってくるところも、臭くならずに大納得の大見得ですな。


きちんとしたセッション録音で、ほぼベストのキャスト、カラヤンの本気度というか、隅々まで目が行き届いて、弛緩するところがなく、どこまでもカッコ良さを志向する音楽づくりの徹底が聴かれる、この曲のベスト録音(私が聴いた限りではありますが・・。)でしょう!


メンデルスゾーン 交響曲第2番 《讃歌》/ カラヤン ベルリンフィル @HMV





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
手抜きなき横綱相撲。メンデルスゾーン 交響曲第2番 《讃歌》/ カラヤン ベルリンフィル他 一年365枚NEO 2017/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる