アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「クラシック音楽」のブログ記事

みんなの「クラシック音楽」ブログ

タイトル 日 時
ピアソラ:ル・グラン・タンゴ
教会でピアソラの「グランタンゴ」(14分18秒)  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/05 01:36
シューベルト 弦楽四重奏曲第14番ニ短調《死と乙女》
激しくも狂おしいこの曲、簡単に好き嫌いを言えないような凄さを秘めているように思えます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/31 23:42
ロッシーニ:スターバト・マーテル ジュリーニ
ロッシーニ:スターバト・マーテル ジュリーニ 音はモノラルでくぐもっていますが、ジュリーニの指揮ぶり正面からの映像で見られるので、ファンにはたまらないものですね(^^♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/30 22:12
ブルックナー:交響曲第9番 佐渡裕
ブルックナー:交響曲第9番 佐渡裕 佐渡さんのブル9ですかあ。興味あり。 後でゆっくり視聴します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/29 02:48
モーツアルト:交響曲第36番《リンツ》  クライバー
モーツアルト:交響曲第36番《リンツ》 指揮 カルロス・クライバー ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/28 09:30
充実のカラヤン美学 ベートーヴェン 交響曲第9番《合唱》/ カラヤン ベルリンフィル (1962年)
充実のカラヤン美学 ベートーヴェン 交響曲第9番《合唱》/ カラヤン ベルリンフィル (1962年) その後進歩しなかったとか、堕落したということではないですが、もうこの時点で達していた世界のなんという高みよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/31 18:48
お誘い
ブログ、正月以来アップしておりませんが、私、生きております。むしろかなり元気。 FBのクラシックグループでの投稿に目覚め、そちらばかりになっておりますゆえ、こちらがおろそかになってしまいました。 もしよろしければ、こちらにご参加ください。2015年6月21日現在2,836人の大きなグループです。ROMも多数で何の義務もなし。オフ会もかなりの頻度でやってますので、呑ん平にも食いしん坊にもお薦めです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/21 05:26
初春の陽だまりで。 ラヴェル ソナチネ/ カルボナーラ
初春の陽だまりで。 ラヴェル ソナチネ/ カルボナーラ 煌めくピアノの中にアンニュイな雰囲気が漂います。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/01 08:31
泰然。ベートーヴェン 交響曲第9番《合唱》/ クリュイタンス ベルリンフィル
泰然。ベートーヴェン 交響曲第9番《合唱》/ クリュイタンス ベルリンフィル ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調 op.125《合唱》 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/29 11:41
真打はこれでしたね。メンデルスゾーン 交響曲第3番《スコットランド》/ カラヤン ベルリンフィル
真打はこれでしたね。メンデルスゾーン 交響曲第3番《スコットランド》/ カラヤン ベルリンフィル 究極の名演だと思います。文句ない・・いや文句はありますよ。それは美しい過ぎること。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/14 11:01
男の浪漫。メンデルスゾーン 交響曲第3番《スコットランド》(1842年版)/ シャイー 
男の浪漫。メンデルスゾーン 交響曲第3番《スコットランド》(1842年版)/ シャイー  異版を採用していることもセールス・ポイントではありますが、それ以上に男気のある芯の一本通った演奏がいい。これも大推薦。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/03 09:03
これぞ夢の世界 ラヴェル 弦楽四重奏曲(管楽五重奏版)/ オルランド五重奏団
これぞ夢の世界 ラヴェル 弦楽四重奏曲(管楽五重奏版)/ オルランド五重奏団 魅力的な曲の新鮮なアレンジ。これ聴いていて本当に気持ちいいです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/28 16:41
秋晴れの朝に。 ラヴェル 弦楽四重奏曲 / イタリア四重奏団
秋晴れの朝に。 ラヴェル 弦楽四重奏曲 / イタリア四重奏団 隅々まで歌と表現意欲に満ち、生き生きとしてますなあ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/28 08:55
夢幻の世界に誘われ・・。メンデルスゾーン《真夏の夜の夢》/ プレヴィン ロンドン響
夢幻の世界に誘われ・・。メンデルスゾーン《真夏の夜の夢》/ プレヴィン ロンドン響 聴くと自分が若返ったような気持ちにさせられる夢のような音楽、演奏です。 特に序曲はプレヴィンのセンスの良さが光っています。同曲の中でもピカ一の演奏(当社比?)だと思うなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/09/27 18:48
劇的! メンデルスゾーン カンタータ《最初のワルプルギスの夜》/ ドホナーニ ウィーンフィル他
劇的! メンデルスゾーン カンタータ《最初のワルプルギスの夜》/ ドホナーニ ウィーンフィル他 名曲の名録音。この曲知らない人は、まず聴いてみてください。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/21 18:53
透明な抒情。メンデルスゾーン 交響曲第3番《スコットランド》/ アバド ロンドン響
透明な抒情。メンデルスゾーン 交響曲第3番《スコットランド》/ アバド ロンドン響 名曲の良さを作為なくそのままプレゼン。一音一音を大事に大事に演奏しています。そして当然の名演。メンデルスゾーンとアバド(とオケ)に拍手。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/20 05:48
慟哭のアレグロ、祈りのアダージョ。メンデルスゾーン 弦楽四重奏曲第6番 / カルミナ四重奏団
慟哭のアレグロ、祈りのアダージョ。メンデルスゾーン 弦楽四重奏曲第6番 / カルミナ四重奏団 メンデルスゾーンが書いた一番暗い音楽でしょうか?BGMには不向きですが深淵にして深刻な曲です。 スタイリッシュで緻密なカルミナ四重奏団の演奏も感動的。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/14 19:05
スコッチでドラマチック? メンデルスゾーン 交響曲第3番《スコットランド》/ ミュンシュ ボストン響
スコッチでドラマチック? メンデルスゾーン 交響曲第3番《スコットランド》/ ミュンシュ ボストン響 “憂愁なスコッチ”という雰囲気は少し薄目ですが、何せテンポ設定が決まっていて、ひとつの交響曲としてカッコ良く聴かせたものとしてはピカイチの録音かと。これを聴いて退屈する人はいないでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/09/14 11:21
新鮮な感動。メンデルスゾーン 交響曲第3番《スコットランド》/ ノリントン シュトゥットガルト放送響
新鮮な感動。メンデルスゾーン 交響曲第3番《スコットランド》/ ノリントン シュトゥットガルト放送響 最初はあまりに薄味かなあと思ったのですが、鄙びた音に哀愁を感じるようになってきました。4楽章は文句なく素晴らしいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/07 06:29
怜悧で温和で剽軽で生真面目で。ラヴェル 組曲《クープランの墓》(ピアノ版)/コラール
怜悧で温和で剽軽で生真面目で。ラヴェル 組曲《クープランの墓》(ピアノ版)/コラール 管弦楽版にないトッカータは圧巻。メヌエットの優しさも素敵ですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/06 18:58
手抜きなき横綱相撲。メンデルスゾーン 交響曲第2番 《讃歌》/ カラヤン ベルリンフィル他
手抜きなき横綱相撲。メンデルスゾーン 交響曲第2番 《讃歌》/ カラヤン ベルリンフィル他 帝王カラヤンの実力が見える凄演。オケも独唱も合唱も本気。今の私にとってのこの曲の決定盤です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/31 18:14
優しい優しい讃歌。メンデルスゾーン 交響曲第2番 《讃歌》/ アバド ロンドン響
優しい優しい讃歌。メンデルスゾーン 交響曲第2番 《讃歌》/ アバド ロンドン響 私にとっては、全体よりも部分にいいところを見出す演奏です。とくに美しい2楽章は最高の表現。合唱の美しさも特筆すべきですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/17 17:39
生き生き溌剌。メンデルスゾーン 交響曲第2番《讃歌》/ デ・ワールト オランダ放送フィル
生き生き溌剌。メンデルスゾーン 交響曲第2番《讃歌》/ デ・ワールト オランダ放送フィル ライヴならではの感興と完成度の高さの両立。ホールの美しい余韻を伴った美しい録音もあり、これは名盤殿堂入りかと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/17 08:09
規範?いやいやとても魅力的。メンデルスゾーン 交響曲第2番 《讃歌》/ ドホナーニ ウィーンフィル
規範?いやいやとても魅力的。メンデルスゾーン 交響曲第2番 《讃歌》/ ドホナーニ ウィーンフィル すっきり見通しの良い模範的かつ素晴らしく美しい演奏でまずは魅力的な曲の全体像をつかみましょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/08/10 10:20
アダルトな魅力で迫ります。メンデルスゾーン 交響曲第4番《イタリア》/ カラヤン ベルリンフィル
アダルトな魅力で迫ります。メンデルスゾーン 交響曲第4番《イタリア》/ カラヤン ベルリンフィル 若やいだ曲を余裕の表現、大人なムードで纏めてくれてます。これも魅力的な表現で私は大好き。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/09 16:14
大きなのに透明。メンデルスゾーン 交響曲第4番《イタリア》/ クレンペラー フィルハーモニア管
大きなのに透明。メンデルスゾーン 交響曲第4番《イタリア》/ クレンペラー フィルハーモニア管 泰然としたテンポなのにもたれない、そしてきわめて透明感のある大人な演奏。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/09 10:43
精妙にして洒脱。ラヴェル 組曲《クープランの墓》(管弦楽版)/ デュトワ モントリオール響
精妙にして洒脱。ラヴェル 組曲《クープランの墓》(管弦楽版)/ デュトワ モントリオール響 美しくて楽しくてお洒落〜、これぞラヴェル。録音も最高水準。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/08 22:42
陶然、夢心地。ラヴェル 組曲《クープランの墓》(管弦楽版)/ カラヤン パリ管
陶然、夢心地。ラヴェル 組曲《クープランの墓》(管弦楽版)/ カラヤン パリ管 さすがカラヤン、聴かせ上手も神レベル。甘甘のスイーツだけど後味も良し。おかわりお願いします! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/07 05:55
ツンデレラヴェル。 ラヴェル 組曲《クープランの墓》(管弦楽版)/ インバル フランス国立管
ツンデレラヴェル。 ラヴェル 組曲《クープランの墓》(管弦楽版)/ インバル フランス国立管 禁欲的で清潔で、だけど雰囲気もある秀演です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/05 21:50
透明でゆるふわ。メンデルスゾーン 交響曲第4番《イタリア》/ ノリントン シュトゥットガルト放送響
透明でゆるふわ。メンデルスゾーン 交響曲第4番《イタリア》/ ノリントン シュトゥットガルト放送響 ピュアトーンによる古典的な曲のフォルムを明確にした演奏。また、ふとしたところで今まで体験したことのない美しかったり面白かったりな瞬間に巡り合えます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/02 07:47
爽やか溌剌。 メンデルスゾーン 交響曲第4番《イタリア》/ アバド ロンドン響
爽やか溌剌。 メンデルスゾーン 交響曲第4番《イタリア》/ アバド ロンドン響 曲想と指揮者の個性が合致した理想的名演。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/27 07:59
切れ味抜群! メンデルスゾーン 交響曲第5番《宗教改革》/ マゼール ベルリンフィル
切れ味抜群! メンデルスゾーン 交響曲第5番《宗教改革》/ マゼール ベルリンフィル ベルリンフィルを凄まじいテンポで追い立てた壮絶演奏。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/21 18:12
清潔にして模範的名演。 メンデルスゾーン 交響曲第5番《宗教改革》/ ドホナーニ ウィーンフィル
清潔にして模範的名演。 メンデルスゾーン 交響曲第5番《宗教改革》/ ドホナーニ ウィーンフィル スマートでクールな当時のドホナーニの音楽づくりとウィーンフィルの魅力的な響き。透明で純度の高い録音が相まった理想の名盤。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/19 14:39
瑞々しさと壮麗さと・・。 メンデルスゾーン 交響曲第5番《宗教改革》/ カラヤン ベルリンフィル
瑞々しさと壮麗さと・・。 メンデルスゾーン 交響曲第5番《宗教改革》/ カラヤン ベルリンフィル 聴かせ上手カラヤンの手腕、ヴァイオリンやフルート(ゴールウェイでしょうね。)をはじめとするベルリンフィルの途轍もなく素晴らしい響き。これは圧倒的です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/19 08:05
剛腕。 メンデルスゾーン 交響曲第5番《宗教改革》/ トスカニーニ NBC交響楽団
剛腕。 メンデルスゾーン 交響曲第5番《宗教改革》/ トスカニーニ NBC交響楽団 ダイナミック・レンジの狭いモノラルの音からも感じられる途轍もないエネルギー、強靭で筋肉質ながらも歌にも溢れた凄演。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/18 22:30
改革の嵐。 メンデルスゾーン 交響曲第5番《宗教改革》/ ミュンシュ ボストン響
改革の嵐。 メンデルスゾーン 交響曲第5番《宗教改革》/ ミュンシュ ボストン響 息つく暇も与えない一気呵成の1楽章でノックアウト。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/13 18:34
絶妙なニュアンス。 メンデルスゾーン 交響曲第1番 / ブリュッヘン オランダ放送室内管
絶妙なニュアンス。 メンデルスゾーン 交響曲第1番 / ブリュッヘン オランダ放送室内管 すっきりと見通し良く整理されたフレーズに耳を傾けるうちに新たな感動に包まれます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/12 05:31
充実の疾風怒濤。メンデルスゾーン 交響曲第1番 / カラヤン ベルリンフィル
充実の疾風怒濤。メンデルスゾーン 交響曲第1番 / カラヤン ベルリンフィル カラヤン+ベルリンフィルにかかれば、メンデルスゾーン若書きのマイナー曲もこのとおり超名曲に。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/11 18:26
未来への道 マーラー 交響曲第10番(クック第3稿)/ レヴァイン フィラデルフィア管
未来への道 マーラー 交響曲第10番(クック第3稿)/ レヴァイン フィラデルフィア管 完成された未完成交響曲の明るい未来を感じさせる爽やかにしてふくよかな名演。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/11 10:58
夢心地・・。 シャブリエ 音楽への頌歌 / ヘンドリックス プラッソン トゥールーズ・カピトール管
夢心地・・。 シャブリエ 音楽への頌歌 / ヘンドリックス プラッソン トゥールーズ・カピトール管 暖かく包まれるような音楽。女声合唱+ヘンドリックスの歌・・至福。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/08 08:50
史上最美のマタイ録音?! バッハ マタイ受難曲 / ヤーコプス ベルリン古楽アカデミー 他
史上最美のマタイ録音?! バッハ マタイ受難曲 / ヤーコプス ベルリン古楽アカデミー 他 最初の一音から“持っていかれてしまう”美しく歌に満ちたマタイの名録音。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/19 00:35
尻尾まで餡子の入った充実のマラ9 マーラー 交響曲第9番 / アバド ベルリンフィル
尻尾まで餡子の入った充実のマラ9 マーラー 交響曲第9番 / アバド ベルリンフィル 気合の入った本気のベルリンフィルが聴ける、アバド渾身のマラ9です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/25 05:47
まずは華々しく新年を迎えましょう。バッハ 前奏曲とフーガ変ホ長調『聖アン』/ コープマン
まずは華々しく新年を迎えましょう。バッハ 前奏曲とフーガ変ホ長調『聖アン』/ コープマン バッハの明るい曲はコープマンで決まり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/01/01 11:07
溌剌、前向き、元気一発! ベートーヴェン 交響曲 第9番《合唱》/ アバド ベルリンフィル他
溌剌、前向き、元気一発! ベートーヴェン 交響曲 第9番《合唱》/ アバド ベルリンフィル他 万年青年アバドの若々しさ溢れる第九。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/31 07:13
ワルター翁の枯淡で玄妙なる至高の世界 マーラー 交響曲《大地の歌》/ ワルター ニューヨークフィル他
ワルター翁の枯淡で玄妙なる至高の世界 マーラー 交響曲《大地の歌》/ ワルター ニューヨークフィル他 彼岸の地からのワルター翁の包容力に満ちたメッセージ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/12/29 06:25
押しつけがましくない宇宙の鳴動。マーラー 交響曲第8番 / アバド ベルリンフィル他
押しつけがましくない宇宙の鳴動。マーラー 交響曲第8番 / アバド ベルリンフィル他 アバドの包容力を感じる、迫力だけではない“千人の交響曲”。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/08 14:09
珍品? マーラー Bach Suite (バッハ 管弦楽組曲 編曲版)/ シャイー コンセルトヘボウ
珍品? マーラー Bach Suite (バッハ 管弦楽組曲 編曲版)/ シャイー コンセルトヘボウ 壮麗な序曲にずっこけないで下さい。マーラーさん、大真面目なんですから。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/20 05:56
明瞭、劇的、カッコいい! マーラー 交響曲第7番ホ短調《夜の歌》/ ショルティ シカゴ響
明瞭、劇的、カッコいい! マーラー 交響曲第7番ホ短調《夜の歌》/ ショルティ シカゴ響 晦渋といわれた交響曲の、もっとも分かりやすく、納得できる演奏のひとつ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/07 05:56
超一流の紛い物、一流を超える。マーラー 交響曲第6番 / カラヤン ベルリンフィル
超一流の紛い物、一流を超える。マーラー 交響曲第6番 / カラヤン ベルリンフィル そのカッコ良さにひれ伏せ! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/08 18:31
爽やかなのにコクがある。 マーラー 交響曲第5番 / シップウェイ ロイヤルフィル
爽やかなのにコクがある。 マーラー 交響曲第5番 / シップウェイ ロイヤルフィル いわゆる隠れ名盤。中庸なようでどこかが違う。何度も聴き返したくなります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/19 07:36
メルヘンは続くよ・・。 マーラー 交響曲第4番 / マゼール ウィーンフィル バトル
美しい音楽を丹念に克明に聴かせます。バトルの歌も超魅力的。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/12 19:55
ずっと浸っていたい・・。マーラー 交響曲第3番 / アバド ウィーンフィル他
メルヘンにして巨大交響曲の、いまだに理想的な名演。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/05/12 17:41
不動、偉大、孤高。マーラー 交響曲第2番《復活》/ クレンペラー フィルハーモニア管 他
押しても引いてもびくともしそうもない圧倒的な演奏。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/06 18:37
若さゆえの・・。マーラー 『花の章』、交響詩《葬礼》他 / P.ヤルヴィ フランクフルト放送響
マーラーのはみ出し曲達を集めた好企画。演奏も丁寧で素敵です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/06 07:47
爽やかな春の風。 マーラー 交響曲第1番《巨人》/ ジュリーニ シカゴ響
歌と気品に満ちたシカゴ時代のジュリーニの佳演。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/05 19:50
生きる歓び。J.S.バッハ:室内楽曲と管弦楽曲集 / ブリュッヘン 他
魂に直接明るく響く若き日のブリュッヘンのリコーダー。最高です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

2013/04/29 17:44
木彫りのイエス像。バッハ マタイ受難曲 / レオンハルト 他 
素朴だけど濃密。古楽界の法皇レオンハルト、孤高のバッハ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/03/29 23:43
ジュリーニ指揮 マーラー 交響曲第9番 ライヴCD発売決定!
思ってもみなかったクリスマスプレゼントじゃないですか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/11/27 00:39
永福町 アンドー楽器
本日、久々に立ち寄ってみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/11/18 18:48
クラシック・ソムリエ検定受検
昭和女子大で受けて来ました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 7

2012/09/30 18:41
《春の祭典》三昧
また、なんか凄いのがでるようですね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/27 07:10
CDファイルで整理トライ
狭い我が家で、さらにCDを購入するためには・・。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/05 00:26
クラシックソムリエ検定って!?
クラヲタ待望の検定が開催されるようですぜ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/05/28 19:02
こりゃ楽しいワイ。シューベルト 交響曲第9番《ザ・グレート》 / カラヤン ベルリンフィル
当時の指揮界の“帝王”とトップオーケストラが、この大曲を、余裕綽々で演奏しちゃってます。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/27 18:11
必要十分以上。シューベルト交響曲第8番《未完成》 / ブロムシュテット シュターツカペレ・ドレスデン
素直な演奏が曲の深遠な魅力を余すことなく表しています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/05 17:49
快速快調。シューベルト 交響曲第6番 / ムーティ ウィーンフィル
ベートーヴェン+ロッシーニな交響曲? 若きムーティ、颯爽と世界の名器をドライブしています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/28 09:38
ラトル+ベルリンフィルの演劇的 『マタイ受難曲』遂にリリース
待ってました! ピーター・セラーズ演出による儀式『マタイ』。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/04/27 17:52
巨匠の余技? シューベルト 交響曲第5番 / バーンスタイン アムステルダム・コンセルトヘボウ
爽やかだけれどもコクもあって・・。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/22 10:40
フレッシュな悲劇。シューベルト 交響曲第4番《悲劇的》/ ジュリーニ ニュー・フィルハーモニア
シューベルトの“運命”。この曲(の題名?)に期待する苦悩と鬱屈、それに立ち向かう若さと気力を感じさせる理想の演奏と言えるでしょう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/15 11:52
充実の響き。シューベルト 交響曲第3番 / ブロムシュテット シュターツカペレ・ドレスデン
オケの魅力全開。一聴、魅了されました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/14 16:50
青春の息吹。シューベルト 交響曲第2番 / インマゼール アニマ・エテルナ
この曲はなかなか拾い物。とても楽しく聴きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/14 15:29
若さ爆発。 シューベルト 交響曲第1番 / インマゼール アニマ・エテルナ
古典派プラスアルファのカッチョ良さ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/08 16:50
欲しいぇ〜!! チェリビダッケ・ブルックナー・ボックス(3DVD + 2CD)
これは、2週間、昼飯、いや晩飯を抜いてでも買わにゃなるまい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/07 18:03
暗いけど魅力的!? オネゲル 交響曲第5番《三つのレ》/ デュトワ バイエルン放響
オネゲルの“運命”? 堂々としたる悲劇的交響曲の傑作! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/04/07 15:37
真面目なお祭り騒ぎ。オネゲル 交響曲第4番《バーゼルの喜び》/ デュトワ バイエルン放響
オネゲルの田園交響曲? 親しみやすく軽めの曲調ですが、軽佻さ、空々しさとは無縁の、まじめな佳品。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/01 16:45
激しく厳しく。オネゲル 交響曲第3番《典礼風》/ ムラヴィンスキー レニングラードフィル
暗い雲立ち込める中、厳しく屹立する建造物を思わせる音楽の峻厳極まりない演奏。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/31 15:19
暗から明への跳躍。オネゲル 交響曲第2番《弦楽のための》/ カラヤン ベルリンフィル
ベルリンフィル弦軍団の、表情のデリケートさ、パワーの表出力に脱帽。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/24 14:28
渋カッコ良い。オネゲル 交響曲第1番 / デュトワ バイエルン放送響
短い曲なのに、なんともいえない中身の濃さを感じさせる、オネゲル38歳時作曲の、最初の交響曲。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/20 18:06
独特、しかし納得。ブラームス 交響曲第4番 / チェリビダッケ ミュンヘンフィル
クリスタルな透明さと芳醇さを両立、そして、言うまでもない重量感。おみそれしましたの充実演奏。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/18 16:36
大人なブラームスはお好き? ブラームス 交響曲第3番 / ザンデルリンク ベルリン響
ほの暗い風合いを持つ、大人な雰囲気のブラームスです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/17 17:48
理想のブラ2かも? ブラームス 交響曲第2番 / セル クリーヴランド管弦楽団
バランス感覚の良いクールな演奏? いやいや、セルさん、結構燃えていらっしゃるんではないでしょうか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/17 15:59
若き天才の肖像。 ブラームス 交響曲第1番 / カンテッリ フィルハーモニア
推進力、情熱、劇性、歌・・理想的なバランスを持ったブラ1の名演奏でしょう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/17 14:09
今年のクリスマスにはこれを。シベリウス アンダンテ・フェスティヴォ他 / カンガス オストロボスニア
いまさら言うまでもないですが、アンダンテ・フェスティヴォの、敬虔、厳粛にして、静謐で、天国的な美しさは、筆舌に尽くしがたいです。神の存在を確信させる音楽とでも申しましょうか・・。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2011/12/23 23:42
佐村河内守 弦楽作品集 2012年1月発売決定!
待望の新作ですね。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 106 / トラックバック 1 / コメント 27

2011/12/16 19:31
邪悪な緊張感。バルトーク「中国の不思議な役人」/ ブーレーズ ニューヨークフィル
良い子にしてないと「不思議な役人」聴かせるぞ! ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/06 01:41
ゴジラより邪悪。伊福部昭 舞踊曲「サロメ」/ 山田一雄 新星日本交響楽団
名曲、名録音と信じて疑いません。復活を望みます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/04 12:00
これは聴いてて気持ちいい! スキタイ組曲『アラとロリー』/ ラトル バーミンガム市響
この演奏好きタイ・・(九州弁)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/03 02:08
待降節一日目に。バッハ カンタータ第62番《いざ来たれ、異教徒の救い主よ》/ 鈴木雅明 
とにかく、1曲目の合唱曲が印象的です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/30 23:47
漆黒の弦合奏。ショスタコーヴィチ 室内交響曲(弦楽四重奏曲第8番)他 / D.R.デイヴィス
ECMだけに録音が良く、殺伐とした音楽が、とても美しく響きます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/25 01:51
目を見開いて。バッハ カンタータ第115番《わが心よ、準備せよ》/ コープマン
これもまた、秋空の爽やかさと寂しさを表したかのような名品です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/23 00:27
迷うことなく・・・。バッハ カンタータ第188番《われ固く信ず》/ コープマン
ここでは、コープマンの達者なオルガンが聴きのがせませんね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/19 14:02
やるせない怒りの爆発。コリリアーノ 交響曲第1番 / バレンボイム シカゴ響
友人をなくした作曲者の、やり場のない怒りを表した、黒く重苦しい音楽。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/11/12 03:52
戦争交響曲の傑作。ヴォーン・ウィリアムズ 交響曲第6番 / バルビローリ バイエルン放送響
冒頭の雄たけびから、ppで終わる結尾部まで、暗く厳しい雰囲気に満ちた曲を、死の年のバルビローリが、スケール感大きく纏めた演奏です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/11 02:46
芥川也寸志 チェロとオーケストラのためのコンチェルト・オスティナート / 安田謙一郎
暗く重い何かが疾駆する様は圧巻です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/11/09 23:52
幻想魔神現る。ウォルトン パルティータ / ダニエル イギリス・ノーザンフィル
オーケストラ鳴らしの名人ウォルトンの腕が冴えた爆発音楽のひとつがコレ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/08 23:23
爆裂系音楽の好きな方に。ウィリアム・シューマン ヴァイオリン協奏曲 / クイント 
時折爆発するオケのカッコ良さがタマリマセン。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/07 23:57
今この時。バッハ カンタータ第162番《ああわれは見たり、いまや婚礼に赴くとき》/ 鈴木雅明
神の婚宴に備え、信仰をしっかり持ちましょう・・という歌詞の内容のようですが、大規模合唱曲もなく、アリア中心のこじんまりとした外観で、人恋しい秋の寂しさを感じさせるような曲調です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/06 13:45
やっぱり名演は名演。レスピーギ 交響詩《ローマの祭》/ トスカニーニ NBC響
モノラルなのに立体的。言わずと知れた凄まじい迫力。古い録音と侮るなかれ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/05 00:29
燃え滾るエネルギーの塊。マーラー交響曲第6番 / バーンスタイン ニューヨークフィル
マーラー ルネサンス初期の代表的録音。前のめりの若武者ぶりがたまりません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/03 01:09
悩めるときの力なり。バッハ カンタータ第80番《われらが神は堅き砦》/ コープマン
力強い有名曲の、新鮮かつ前向きな演奏でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/02 23:16
罪から目を逸らさず。バッハ カンタータ第5番《われいずこに逃れゆかん》/ コープマン
冒頭合唱の暗く厳かな雰囲気とテノールとバスのアリアの明るさとが対照的でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/01 22:53
物思ふ秋。バッハ カンタータ第169番《神ひとり、わが心を知りたまわん》/ コープマン
明るい雰囲気が秋晴れを思わせる、オルガンが大活躍のアルトソロのカンタータ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/25 22:37
グレートEMIレコーディングスより〜5。ムソルグスキー 交響詩『禿山の一夜』/テンシュテット
魑魅魍魎が蠢いている様を、不気味に、しかし格調高く表現している演奏です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/20 01:27
死を恐るるなかれ。バッハ カンタータ第114番《ああ、愛するキリスト者よ、心安んぜよ》/ 鈴木雅明 
冒頭の合唱曲の前進性と2曲目のアリアの静謐さが特に印象に残りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/15 08:31
遅まきながら、追悼。ブルックナー 交響曲第4番『ロマンティック』 / ザンデルリンク バイエルン放響
懐深い大人の演奏。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/13 01:49
イエスの誘い。バッハ カンタータ第8番《愛する神よ、われいつの日に死すや》/コープマン
涼やかなトラヴェルソの音にやられました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/11 23:40
全能の神よ! バッハ カンタータ第99番《神のみわざはすべて善し》/ 鈴木雅明 BCJ
雅やかな木管楽器の活躍がうれしいカンタータです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/03 22:46
ブログネタ:聴くと気合が入る曲を教えて!『ルスランとリュドミラ』序曲〜クラシックですみません。
BIGLOBEブログのピックアップネタです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/29 23:24
大天使は喜びをもたらす。バッハ カンタータ第149番《人は喜びもて勝利の歌をうたう》/ コープマン
背筋も伸び、顔もほころび・・といった明るく、前向きなカンタータですな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/29 22:48
『天にひびき』第4巻
クラシック音楽系コミック、第4巻でました。 吉松隆 師匠の、クラシック音楽の基礎知識に関するコラムもついて、580円(税込)にて絶賛発売中。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/27 23:06
魂の救済を。バッハ カンタータ第78番《イエスよわが魂を》/ 鈴木雅明 BCJ
暗く重い部分も、明るく軽快なデュエットもある、バッハらしい傑作です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/25 22:04
哀調な愛。バッハ カンタータ第77番《汝の主なる神を愛すべし》/ コープマン
トランペットのソロが特徴的な使われ方をしています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/20 22:13
音楽の神万歳。バッハ カンタータ第137番《力強き栄光の王たる主を讃えよ》/ コープマン
久々に元気の出る、明るくはつらつとしたカンタータでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/13 22:28
真の信仰心。バッハ カンタータ 第179番《心せよ、汝の敬神いつわりならざるか》/ 鈴木雅明 BCJ
小品ながら、暗めの曲調に支配された、重みを感じる曲でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/06 22:57
苦難の果て。バッハ カンタータ第101番《主よ、まことの神よわれらから取り去りたまえ》/ コープマン
ちょっと重め、暗めではありますが、コラール素材が巧みに料理された、まさにこれぞコラール・カンタータといった名品です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/29 23:29
黙って買え! 再発 EMIチェリビダッケ・エディション
クラシック管弦楽を聴く人々にとって避けて通れない、いや、これを聴くことが、クラシック音楽鑑賞の真髄であると言っても良い、繊細さ・緻密さ(ライヴ録音なのに!?)と雄大なスケール感、難解な哲学とエンターテイメント性を同時に内在しているチェリビダッケ+ミュンヘンフィルによる演奏の数々、廉価で再発されるようです。 持っていない方は、是非・・いや必ずご購入ください。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/08/28 01:06
裁きの日。バッハ カンタータ第105番《主よ、とがめたもうな》/ 鈴木雅明 BCJ 
有名曲、すなわちバッハの大名曲の、清潔で厳か、しかし重過ぎない名演奏。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/22 22:19
悲劇と祈り。 バーバー 弦楽のためのアダージョ / バーンスタイン ロスフィル
終戦の日に・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/15 22:37
神は戦いにお出かけ。バッハ カンタータ第178番《主なる神われらの側にいまさずして》/ コープマン
コラールと語りの絡み合いが面白い、これぞ“コラール・カンタータ”です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/15 00:15
沈まぬ太陽。 ペルト スターバト・マーテル / K.ヤルヴィ ベルリン放送響
日航ジャンボ機墜落事故追悼の日に。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/12 23:46
悲しみと癒し。バッハ カンタータ第107番《汝何を悲しまんとするや》/ ヘレヴェッヘ 
しっとり系のカンタータをしっとり系の演奏で聴いてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/08 19:09
苦痛と懊悩の果てに見えた光。 佐村河内守 交響曲第1番《HIROSHIMA》/ 大友直人 東響
広島原爆の日に・・。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 32 / トラックバック 1 / コメント 34

2011/08/06 23:56
DEEP PEOPLE 小林研一郎 x 広上淳一 x 下野竜也  @NHK
NHKの対談番組『DEEP PEOPLE』、今晩は“スーパー指揮者”と題して、小林研一郎、広上淳一、下野竜也の三方が出演されました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2011/08/01 23:36
救いたまえ。バッハ カンタータ第9番《救いは我らに来たれり》/ S.クイケン ラ・プティット・バンド
冒頭合唱、テノールのアリア、ソプラノ、アルトのデュエット・・いずれも至福。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/31 22:02
猟師と狩人。バッハ カンタータ第88番《見よ、われ多くの漁師をつかわさん》/ コープマン 
ソプラノとアルトのデュエットが、オペラのようですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/24 21:13
青春浪漫。ブルックナー交響曲第4番『ロマンティック』 / ムーティ ベルリンフィル
音色が暖かく、スケールも十分。魅力たっぷりのヒューマニスティックなブルックナーです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/07/22 01:02
これぞ大河の流れ。シューマン 交響曲第3番『ライン』/ ジュリーニ ロスフィル
恰幅良く、歌に満ち溢れた王道の名演。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/20 00:13
グレートEMIレコーディングスより〜4。シューマン 交響曲第3番『ライン』/ テンシュテット
激流の『ライン』を行く! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/18 00:05
慈悲深くあれ。バッハ カンタータ第185番《永遠の愛の慈悲深き心よ》/ 鈴木雅明 BCJ
初期の、簡潔にして、こじんまりとした、ほっこりなカンタータです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/17 08:51
結構正統派の名演だったりして。ブルックナー交響曲第8番 / マゼール ベルリンフィル
巨匠モードのマゼール、なかなかやりますな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/07/14 20:44
グレートEMIレコーディングスより〜3。ブルックナー交響曲第8番 /テンシュテット ロンドンフィル
ヒロイック・ブルックナー再び。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/12 23:52
有名曲の異稿を聴く。バッハ カンタータ第21番《わがうちに憂いは満ちぬ》/ 鈴木雅明 BCJ
名作の、ソプラノ率の高いヴァージョンを聴いてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/11 21:05
神よ、お救い下さい。バッハ カンタータ第2番《ああ神よ、御空にみそなわせ》/ コープマン
おごそかな雰囲気を持つカンタータでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/03 23:33
こんにちはエリザベト。バッハ カンタータ第10番《わが魂は主をあがめ》/ コープマン
「マリアの訪問の祝日」のための、有名でないほうの、しかし捨てがたいカンタータです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/03 22:54
美しくて何が悪い? ブルックナー 交響曲第4番『ロマンティック』/ カラヤン ベルリンフィル
私、やっぱり、カラヤンのブルックナー好きかも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/28 22:50
ポリフォニーを見る?! バッハ、ベートーヴェン by smalin in YouTube 
Stephen Malinowski(ハンドルネーム smalinさん)という方が、Visualization (Music Animation Machine)というソフト(?)を使って、クラシック音楽の構造をリアルタイムに見せて(?)くれています。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/06/27 22:54
慈悲を・・。バッハ カンタータ第20番《おお永遠、そは雷の言葉》/ コープマン
コラール・カンタータのはじめの一歩と言える曲だそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/26 23:57
洗礼者ヨハネの誕生を祝う。バッハ カンタータ第30番《喜べ、救われし群れよ》/ コープマン
晩年の充実した書法による、明るく安定感のある大カンタータ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/06/25 22:48
王道! ブルックナー 交響曲第4番『ロマンティック』/ ヴァント ベルリンフィル
計算されつくした立体感。一点一画もおろそかにしないのにせせこましくなく、この上なく充実した響き。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/06/24 19:14
アニメ? CG?  砂絵です。 Lady Dior Moscow/ Kseniya Simonova
砂絵による一編のドラマ・・。素晴らしすぎます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/21 23:06
父と子と聖霊と。バッハ カンタータ第165番《おお、聖なる洗礼》/ 鈴木雅明 BCJ
簡素で小粒だけれど、素敵なカンタータです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/20 23:33
グレートEMIレコーディングスより〜2。ブルックナー交響曲第4番『ロマンティック』 /テンシュテット
血湧き肉躍る、ヒロイック・ブルックナー。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/16 00:25
春の舞曲。バッハ カンタータ第184番《待ち望みたる歓びの光ぞ》/ コープマン
2曲目のデュエットがとても素敵です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/14 23:11
聖霊も驚愕? バッハ カンタータ第174番《われ心より至高なるものを愛す》/ コープマン
冒頭のシンフォニア、ブランデンブルクの豪華バージョンでした。びっくりしました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/13 23:22
聖霊は降りぬ。バッハ カンタータ第34番《ああ永遠の炎、愛のみなもと》/コープマン
バッハの明るく華やかな面が濃縮された佳品。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2011/06/12 21:28
追放から救いへ。バッハ カンタータ第183番《かれら汝を追放せん》/ コープマン
明から暗へ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/05 22:15
昇天の儀。バッハ カンタータ第43番《歓呼のうちに神は昇天したもう》/ コープマン
まことに喜ばしい、晴れやかかつ大規模なカンタータ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/04 22:33
グレートEMIレコーディングスより〜1。ベートーヴェン 交響曲第6番『田園』/ テンシュテット
寂しさ、狂おしさを感じさせる、純音楽的な異色の『田園』。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/06/02 18:33
悔い改めより赦しへ。 バッハ カンタータ第87番《汝らわが名において祈りしことなし》/コープマン
アリア主体、こじんまり、しっとり気味のカンタータです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/29 17:46
しっとりと春を惜しむ。バッハ カンタータ第166番《汝いずくにかゆく》/ コープマン アムステルダム
中間の、器楽付きソプラノのコラールが、しっとりと美しいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/22 11:19
ロイヤルウェディングで。ウォルトン 戴冠式行進曲「王冠」/ ダニエル イギリス・ノーザンフィル
超カッチョ良い行進曲が、華やかな舞台に彩を添えました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/21 19:33
震災復興支援コンサートで。 吉松隆「5月の夢の歌」
胸を打つ素朴なメロディ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/05/20 17:48
好了美人的曲芸音楽師。(林逸欣)
複数楽器の曲芸的演奏というのは、ローランド・カークとかケンブリッジ・バスカーズ(両方とも古い?)を例に出すまでもなく昔から結構あるけれど、これ↓は、かなりかわいいお姉さん(すっぴんに近いかな。美人というよりはかわいいいといった方が良かろうかと。)であることが、ポイント高いですね。健康的なおみ足の方に目が行きがちになるのは、男の性ということでお許し願いたく。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/16 17:44
大名曲の真摯な名演。バッハ カンタータ第12番《泣き、歎き、憂い、怯え 》/ 鈴木雅明 BCJ
題名の通り、悲しみに打ちのめされるようなシンフォニアと続く合唱曲に、心が締め付けられるようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/15 21:37
牧場の明るい朝。バッハ カンタータ第112番《主はわが信頼すべき牧人なり》/ コープマン
簡潔にして、晴れ晴れとした雰囲気が素敵な曲です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/08 14:47
春は続く。バッハ カンタータ第67番《イエス・キリストを憶えよ》/ コープマン 
復活の気分に満たされた、喜びのカンタータはまだ続きます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/01 22:47
天国に続く階段。ブラームス ドイツ・レクイエム / アーノンクール ウィーンフィル
美しく透明で、斬新さ先鋭さに加え、響きの深さと構えの大きさ、宗教的感興ももつ、他に追随することを許さない名演奏。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/30 23:51
春風駘蕩。バッハ カンタータ第158番《平和汝とともにあれ》/ コープマン
優しい春の風を感じさせる、バス・ソロ(+ 合唱)のカンタータです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/26 22:18
躍動感溢れる名曲。バッハ カンタータ第66番《よろこべ、汝らの心》/ コープマン 
急速な一曲目の合唱曲からキャッチーな、明るい明るい春の喜びを感じさせるカンタータです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/25 22:52
日本の復活を祈念して。バッハ 復活祭オラトリオ / パロット タヴァナー・コンソート
復活祭にふさわしい、力強いオラトリオなんですが、実は世俗カンタータの二次利用だったんですね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/24 16:42
優しさの受難曲。ウッド マルコ受難曲 / ハイド ケンブリッジ・イエス・カレッジ
親しみ深い聖歌と福音書の内容が交互に表れる、耳に優しい英語の受難曲です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/23 22:35
黙って買え!ジュリーニ&シカゴ響ボックス
これぞクラシック音楽、交響楽の王道といえる、立派でかっこいい演奏がつまってます。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/23 08:22
喜びの平安へ。バッハ カンタータ第182番《天の王よ、よくぞ来ませり》/ 鈴木雅明 BCJ
リコーダーの活躍する、編成小さめ尺は長め、可憐にしてしっとりした初期の傑作。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/17 13:43
罪に立ち向かえ。バッハ カンタータ第54番《いざ、罪に抗すべし》/シェラン ミュラー=ブリュール
短いけれど、とても素敵なアルト・ソロ独唱カンタータ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/27 10:26
頑張れ日本!バッハ カンタータ第1番《暁の明星のいと麗しきかな》/コープマン
明けの明星よ、日本を照らせ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/25 22:25
受難への道行。バッハ カンタータ第159番《見よ、われらはエルサレムに向かう》/ コープマン
こじんまりとしていながら、立体的な音響も楽しませてくれる、巧緻に組み立てられた佳品です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/06 22:02
言葉の重み。バッハ カンタータ第126番《主よ、我らを御言葉のもとに守りたまえ》/コープマン
華麗にして厳粛な冒頭合唱曲から引き込まれます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/27 21:18
『さよならドビュッシー』中山七里
音楽根性もの(?)ミステリの傑作です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 1

2011/02/26 22:20
満ち足りるということ。バッハ カンタータ第144番《汝のものをとりて去りゆけ》/ コープマン
弦伴奏がしっとりと美しいカンタータです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/20 21:51
オケ版『タルカス』、2月20日放送 次回「題名のない音楽会」にて・・
吉松隆 編曲の『タルカス』(キース・エマーソン&グレッグ・レイク)が、次回の「題名のない音楽会」で取り上げられます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/02/16 08:11
『天にひびき』第3巻
期待の音大系コミックの第3巻でました。 吉松隆 師匠の、毎度お馴染み、指揮者に関するコラムもついて、580円(税込)にて絶賛発売中。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/02/14 23:34
暖かさと包容力と。モーツアルト レクイエム / ジュリーニ フィルハーモニア管弦楽団・合唱団 他
厳しすぎない、やわらかい暖かさを感じる、大人(たいじん)のレクイエム。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/12 23:03
魔術的作為。ベートーヴェン 交響曲第5番 他 / マゼール ウィーンフィル 
一聴、ストレートな名演。しかし、よく聴くといろいろな仕掛けが見えてきます。 壮年期のマゼールは、一筋縄ではいきませんな。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/02/08 20:13
北欧の第一印象。グリーク『ペールギュント』の音楽(抜粋)/ サロネン オスロフィル
小学生のときの北欧のイメージというと、『ペールギュント』の《朝》(本当は北アフリカの朝の情景なんですけど。)と写真でみたフィヨルドの風景でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/05 04:54
静かに死を受け入れる。バッハ カンタータ第125番《平和と歓喜もてわれはゆかん》/ コープマン
暗め、しっとり目の冒頭コーラスが美しいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/03 18:58
神なき世界の孤独。バッハ カンタータ第14番《神もしこの時われらと共にいまさずば》/ コープマン
1曲目はちょっとした迷宮と言えるかも。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/01/30 08:59
大人の男の余裕? シベリウス ヴァイオリン協奏曲 他 / リン サロネン フィルハーモニア他
これは、文句のつけようのない名演奏かと思います。マジでマジで。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/29 01:55
しっとり地味目に。バッハ カンタータ第73番《主よ、汝の御心のままにわれはあらん》/ ヘレヴェッヘ 
寒い冬の一日、信仰について考える。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/23 21:45
優雅に華麗に!ヨハン・シュトラウス他 '89ニューイヤー・コンサート / クライバー ウィーンフィル
まだお正月気分かよ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/22 22:05
水はワインに変わりしか。バッハ カンタータ第155番《わが神よ、いかに久しく》/ 鈴木雅明 BCJ
デュエットのアリアが白眉ですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/16 15:13
これは凄いです。ストラヴィンスキー バレエ音楽『春の祭典』/ バーンスタイン ニューヨークフィル
39歳のバーンスタイン、獅子奮迅の大演奏をやってのけてます。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/01/13 22:05
一生懸命やってます。ストラヴィンスキー バレエ音楽『春の祭典』/ グーセンス ロンドン響
こんなのもあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/01/10 21:08
迷子のイエス様。バッハ カンタータ第154番《わが最愛のイエスは失われぬ》/ コープマン
悲しみから喜び、そして決意にいたる、一編のドラマ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/09 22:24
梓弓・・。ストラヴィンスキー バレエ音楽『春の祭典』他 / ドゥダメル シモン・ボリバル
血湧き肉踊らせるために・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/07 22:37
信仰の吐露。バッハ カンタータ第123番《愛するイマヌエル、信仰厚き者の将軍よ》/ コープマン
しっとりした合唱曲に導かれる敬虔な世界。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/06 18:33
12分間の小宇宙。バッハ カンタータ第58番《ああ神よ、心の痛手 いと多く》/ コープマン
これも、まことに雅やかで晴れ晴れとした音楽ですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/03 12:55
初春の・・。バッハ カンタータ第171番《神よ、汝の誉れはその御名のごとく》/ コープマン 
新年の明るい幕開けにふさわしい晴れやかな音楽の弾むような演奏。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/01/01 14:15
はやっ! ベートーヴェン 交響曲第9番 / ジンマン チューリヒ・トーンハレ管
違和感をものともせず、まっすぐに突っ込んでいく潔さ。「これはこれでありっ。」と思わせる説得力。ジンマンのベートーヴェンはやはり凄い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/12/31 21:29
さわやかで明快!ベートーヴェン弦楽四重奏曲第9番《ラズモフスキー第3番》/ カルミナ四重奏団
力作《ラズモフスキー第3番》のスタイリッシュで素敵な演奏です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/30 23:55
黒く重い何かが動いていく。ヴォーン・ウィリアムズ 交響曲第9番 / バケルス ボーンマス響
何か異様な雰囲気を持っているヴォーン・ウィリアムズの晩年の交響曲を聴いてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/29 23:57
完璧、感服。ドヴォルザーク 交響曲第9番『新世界より』/ ジュリーニ シカゴ響
誰でも知っている名曲を、とことん立派に演奏するとこうなります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/28 22:57
至純。バッハ カンタータ第151番《甘き慰めなるかな、わがイエスは来ませり》/ コープマン
ソプラノのアリアが良いですねえ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/12/27 18:15
堂々たる音楽の堂々の演奏。バッハ カンタータ第121番《われらまさにキリストを讃うべし》/ リヒター
クリスマス2日目、深々と深呼吸しながら聴くカンタータ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/26 17:59
えっ、これって!? バッハ カンタータ第191番《いと高きところには神に栄光あれ》/ コープマン
クリスマス用のカンタータのはずですけど・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2010/12/26 09:09
これはとっておき。 シュッツ クリスマス物語 他/ ヤーコプス コンチェルト・ヴォカーレ
ドイツの田舎の小さな教会で演じられる、手作りの味わいのクリスマス劇。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/24 22:59
定番+。ルロイ・アンダーソン そりすべり、クリスマス・フェスティヴァル / フィードラー
クリスマスパーティーのBGMに。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/24 07:55
暗から明へ。オネゲル クリスマス・カンタータ / コルボ グルベンキアン財団管&合唱団
ペシミスト、オネゲルの力作を合唱の権威による演奏で。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/23 03:15
クリスマスに聴きたいクラシック音楽(宿題編)
今年は聴けないと思うけれど・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/12/21 23:18
クリスマスの朝に。ワーグナー ジークフリート牧歌 他/ チェリビダッケ ミュンヘンフィル
野心家ワーグナーの暖かく家庭的な音楽を木目の風合の演奏で。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/21 08:18
再来年のNHK大河ドラマ『平清盛』、音楽担当が吉松隆に!
ファンとしては、いささか遅きに失したという思いもなくはないですが、いよいよ吉松師が大河ドラマの音楽を手がけることになったようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/19 21:15
クリスマスに聴いてきたクラシック音楽。
今週の金曜日がイブ、土曜日がクリスマスとなりますね。 基本的にキリスト教圏で歴史を重ねてきたクラシック音楽にはクリスマスにちなんだものがたくさんあるけれど、今年はどんな音楽を聴こうかなあ・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/19 18:34
ウキウキはしないけれど。チャイコフスキー 組曲『くるみ割り人形』/チェリビダッケ ミュンヘンフィル
メルヘンではない、大人の“くるみ割り”。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/19 12:26
至芸。チャイコフスキー 幻想序曲「ロメオとジュリエット」/ チェリビダッケ ミュンヘンフィル
曲の価値までも変えてしまった革命的名演。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/18 05:23
真面目に洒脱。ショスタコーヴィチ 交響曲第1番、9番 他 / チェリビダッケ ミュンヘンフィル
軽妙だといわれている曲を、真面目に、緻密に演奏したことによってみえてきたものは何だったんでしょうか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/17 03:27
大宇宙の鳴動が聞こえないか。ブルックナー 交響曲第9番 / カラヤン ベルリンフィル(1975年)
これは、私のブルックナー体験の原点にして、9番の刷り込み盤です。ゆえに、テンポやフレージングなどはこれに馴染んでしまっています。しかし、それを割り引いても、もの凄い演奏がされていることを、今回再聴し、確信しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/16 00:24
これが本当の最終回。 『のだめカンタービレ』第25巻
番外オペラ編の2巻目にして、『のだめカンタービレ』全体のラスト。二ノ宮先生お疲れ様でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/12/14 18:35
精緻にして柔和。シューベルト 交響曲第9番『ザ・グレート』/ ヴァント ミュンヘンフィル
一点一画もおろそかにすることのない、とても立派で偉大な演奏なのに、同時に親しみやすさも感じます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/14 00:25
一期一会の名演。 マーラー 交響曲第9番 / バーンスタイン ベルリンフィル
ううん・・と唸るしか許されない、聴くのに緊張を強いられる超演奏。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/12 12:14
ロマンの香り漂う名演。 ペルゴレージ スターバト・マーテル / マゼール ルートヴィヒ 
今となっては、あり得ない、濃厚な名演。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/11 07:38
宝石のような傑作。 アストルガ スターバト・マーテル / ヘンゲルブロック フライブルク・バロック 
ここにもまた、知られざる傑作があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/10 08:02
《聖歌四篇》より。 ヴェルディ スターバト・マーテル / ジュリーニ フィルハーモニア
劇的で、奥深い響きを感じさせるスタバトの、ちょっと古いけれど、王道の名演を。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/09 00:13
敬虔さ、厳かさに涙・・。 パレストリーナ スターバト・マーテル / タリス・スコラーズ
美しさに陶然、聴き終わるころには滂沱の涙・・と言うことになってしまいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2010/12/08 00:00
華麗なる聖母像。 プーランク スターバト・マーテル / 小澤 バトル ボストン響
シンフォニックで聴き応えのある名作を、小澤の棒、タングルウッドの合唱、バトルのソプラノで。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/06 23:39
厳かに、神秘的に・・。 シマノフスキ スターバト・マーテル / ショウ アトランタ・シンフォニー
近現代のあまたの宗教曲の中でも、特筆すべき傑作だと思います。 合唱音楽の大家による名盤を。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/06 00:01
渋くも美しい大作。 ハイドン スターバト・マーテル / ピノック イングリッシュ・コンサート
稀代のエンターテナー、パパ・ハイドンの曲にしては地味かもしれませんが、彼の真面目な信仰心が偲ばれる、充実した渋い佳品を、是非一度はお聴きください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/05 02:39
名女優の名舞台。シベリウス ヴァイオリン協奏曲 / ムター プレヴィン ドレスデン・シュターツカペレ
さすがムター、気迫十分。魅せます、聴かせます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/03 22:14
情熱次元へタイムスリップ。 シベリウス ヴァイオリン協奏曲 / ヌヴー ジュスキント
情熱的、ドラマチック・・けれど気品にも満ちて。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/02 23:41
明解な表現意図の徹底。シェーンベルク、シベリウス : ヴァイオリン協奏曲 / ハーン、サロネン
決然とした解釈と、確かな技巧に裏付けられた、はっきり、くっきり、一点の曇りもない表現。脱帽です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/01 23:04
知られざる逸品。サン=サーンス レクイエム 他 / メルシエ イル・ド・フランス国立管 他
レクイエム、詩篇とも、サン=サーンスらしい美しいメロディに溢れた、一度は聴いて損のない名作と存じます。ハイ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/30 22:19
モダン演奏の模範。バッハ ミサ曲ロ短調 / 小澤征爾 ボニー 東京オペラ・シンガー他
熱っぽさと清潔さの見事なバランス。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/06 16:46
狂おしさの表現。グリモー / レゾナンス (リスト、モーツァルト他)
何か満たされぬ思い、切迫感、不安感が、このモーツアルトの短調のソナタの演奏を魅力的にしているのでしょうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/10/26 00:06
M's system 演奏家のいない演奏会
ちまたで話題の円筒型の波動スピーカー、はたしてその音は・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/27 00:08
広島原爆の日に。 細川俊夫 ヒロシマ・声なき声 / カンブルラン バイエルン放送響 他
広島出身の作曲家、細川俊夫のライフ・ワークを広島原爆の日に聴く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/08/06 21:58
テンシュテットのウィーンフィル・ベルリンフィルのライヴ盤、次々と発売!?
死してなお人気の高いテンシュテット、とうとうウィーンフィルとベルリンフィルのライヴ盤が発売されるようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/23 18:06
作曲家の肖像でジグソーパズル。
バッハ、モーツアルト、チャイコフスキー、ショパン、ベートーヴェン、シューベルト、ラヴェル、リスト、ストラヴィンスキー、ヴィヴァルディ、ブラームス、ハイドン、シューマン、ヘンデル、プロコフィエフ、ドビュッシー、ラフマニノフが選べます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/29 18:29
「振ると面食らう」(=フルトヴェングラー)Tシャツ発売!?
『ドリームライフ特別企画 今年の夏は「振ると面食らう」Tシャツで注目を集めよう!』 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/28 21:04
これは美人。期待の指揮者デ・ラ・パーラ登場!?
名はアロンドラ・デ・ラ・パーラ。情熱の国メキシコ生まれの31歳だそうです。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/27 11:11
田部京子 プレイアデス舞曲集、ついにBlu-spec 廉価盤で発売
超名盤がようやく廉価で発売。しかも、Blu-specなのだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/24 21:02
これは素晴らしい!ベートーヴェン 交響曲第5番 他 / バーンスタイン バイエルン放送響
有名なアムネスティ特別演奏会のライヴ盤が、Towerからオリジナルジャケット(LP初出時)仕様で発売になりました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/19 22:12
タルカス〜クラシック meets ロック、いよいよ発売!
EL & P の代表作「タルカス」をオーケストラで! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/17 19:11
古楽の巨匠が振るマーラー「巨人」
東京シティ・フィルの今年10月1日の定期演奏会です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/05 09:31
痛切極まりないマタイ新解釈。 ファブリツィオ・カソル 『ピティエ(憐れみ)』
『マタイ』のメッセージ性を現代に再現する問題作か?! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/13 18:25
『普通に良い演奏』のありがたさ。 バッハ マタイ受難曲 / ダウス 他
これ、HMV onlineのバーゲンのおり3枚組み1,000円で手に入れました(今だと1,205円)。演奏・録音とも素晴らしく、大満足であります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/09 16:49
『のだめカンタービレ』第24巻
本編は終了した『のだめ』のその後・・番外オペラ編。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/26 18:44
恐れ入れ! バッハ マタイ受難曲 / メンゲルベルク 他
濃厚、独特、歴史の重み。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/25 12:06
鈴木淳史『背徳のクラシック・ガイド』(洋泉社新書)
すれっからしのクラシック音楽ファン(>私のことですか?)御用達の、ちょっと刺激的なCD案内。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/31 22:32
悶絶! ベルリオーズ 幻想交響曲 他 / ミュンシュ パリ管(Live)
録音はちょっと・・ですが、演奏はものすごいことになっています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/24 22:02
熱血! ブルックナー 交響曲第8番 / スウィトナー シュターツカペレ・ベルリン
この1月8日亡くなったスウィトナーを偲んで。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/17 16:04
『天にひびき』第1巻
吉松隆のブログで知ったクラシック音楽系コミック。2匹目の泥鰌? ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/11 21:55
音の万華鏡。 久石譲 ミニマリズム
流石 久石、聴きやすい“クラシック音楽”です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 6

2010/01/01 23:16
何と充実した響き。ベートーヴェン 交響曲第9番/ ジュリーニ ベルリンフィル
ゆとりと安定感のある素晴らしい演奏。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/31 20:44
ハルモニアムンディ「宗教音楽集大成」29+1枚組
■ハルモニアムンディが誇る膨大なカタログの中から、選りすぐりの宗教音楽をギュッと29枚のCDに収録、1枚の原語歌詞pdf データCD-ROMがついたボックスセットの登場。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/04 17:45
整頓された阿鼻叫喚。ショスタコーヴィチ 交響曲第4番 / ラトル バーミンガム市響
よくもまあ、こんな凄い曲を見事に演奏しきったものです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/13 21:17
ショスタコーヴィチ 交響曲第12番《1917年》/ ネーメ・ヤルヴィ エーテボリ交響楽団 
もうひとつの“革命交響曲”、興奮の名演。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/31 20:53
問題作の模範解答。ショスタコーヴィチ 交響曲第6番 / ムラヴィンスキー レニングラードフィル
外観がいびつなこの曲に、鉄壁な演奏と解釈で臨んだ理想的な名演。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/28 10:02
大きな音楽の大きな表現。J.S.バッハ管弦楽曲(編曲)集 / ストコフスキー 交響楽団
今、虚心坦懐に聴き直して、このアルバムの良さを噛み締めています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/22 20:46
『のだめカンタービレ』第22巻
今回はショパンのピアノ協奏曲第1番一曲だけで一巻もってしまいました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/13 16:04
広島原爆の日に聴く。細川俊夫 「ヒロシマ・レクイエム」 / 今村能 新交響楽団 他
黙祷。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/08/06 09:05
最長の『スタバト』の最長の演奏。 ドヴォルザーク スターバト・マーテル / スメターチェク
悲しさと慟哭、そして祈りと歌に満ちた音楽の、真摯でひたむきな演奏。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/26 10:57
大作だけれど一気に聴けます。 ビーバー ロザリオ・ソナタ / マンゼ、エガー 他
ヴァイオリン・ソナタ版『メサイア』。聴き応えあり。しかし、聴き疲れはしません。ただただ、美しい音楽に身をゆだねるのみです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/07/18 08:11
こだわりの 6/4拍子。 ブラームス ピアノ協奏曲第1番 @YouTube
この曲の第1楽章、私のデフォルトはギレリス+ヨッフム(CD)のおっそーいテンポのやつです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/12 06:00
初音ミクちゃん、マタイ受難曲までうたっちゃうのですか・・。
ということで、とりあえず冒頭の合唱曲のみ・・。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/07/08 19:28
なんて豊かな音楽。ハイドン ピアノ・ソナタ集 / ブレンデル
多彩な音色、千変万化のニュアンス、深い共感。これがブレンデルのハイドン! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/07/05 18:36
これは濃い!?  ウー・ドゥ・クーソン 『ランバレナ バッハ・トゥー・アフリカ』
シュヴァイツァーの死の床、彼の心象の中で鳴っていたはずの音楽走馬灯・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/06/29 10:00
透明だけれど暖かいハーモニー。ブルックナー モテット集 & ミサ曲第2番 / クリード
最近名盤の多いブルックナーの声楽曲からまた1枚。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 15

2009/06/24 13:05
“一人称”の間奏曲に絶句。ハイドン 十字架上の最後の7つの言葉 / ブリュッヘン
現代音楽的手法の痛々しい『間奏曲』が、当曲演奏に新たな可能性を見出させました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/21 15:17
まずは第2楽章から・・。ラフマニノフ ピアノ・ソナタ第2番 / グリモー
やばい、感動で言葉が詰まって胸が痛い・・。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/06/20 16:08
ティンパニの轟きを聴け! ドヴォルザーク 交響曲第3番 / スメターチェク プラハ響
ドヴォルザークのマイナーな作品を一挙に“大名曲”に変身させてしまった凄(すご)名演。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/16 07:42
上手すぎるのが難点? 林美智子 地球はマルイゼ〜武満徹:ソングス
タイプでない女性(声)に恋をしてしまったようです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/05/09 07:38
覇気、気力充実の名演。ブラームス 交響曲第1番 / ジュリーニ ロサンジェルスフィル
ブラームスさん、お誕生日おめでとうございます。お誕生日には“ブラームスと言えば”の“交響曲第1番”でしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/05/07 07:20
清新なブルックナー。ブルックナー 交響曲第7番 / ボッシュ アーヘン交響楽団
今頃何をかいわんやですが、聴きなおして再発見。あまりに良いので、一晩に2回も聴いてしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/02 07:17
結晶化された響き。オレガン Scattered Rhymes / オルランド・コンソート
現代的だけれども美しくキャッチーな無伴奏合唱曲。オレガンという若い(1978年生まれ)作曲家・・、なかなかやりますなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/29 15:04
埋もれさせるにはもったいない。ステッファーニ スターバト・マーテル/ レオンハルト
あのペルゴレージの名曲と同時代の《スターバト・マーテル》の傑作です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/04/28 22:15
古楽xロック。スティング Songs From The Labyrinth〜ジョン・ダウランド歌曲集
これは凄いかも・・。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/04/25 09:16
ジャズアドリブを書き留めた男。 カプースチン ピアノ作品集 / ジョン・サルモン
この、童話にでてくる魔法使いのような名前の作曲家の音楽・・正直はまりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/04/18 04:08
衝撃の宗教曲!? レンディーネ《受難と復活》/ コンティ キエーティ・マルッチアーノ劇場
出だしはオルフの《カルミナ・ブラーナ》冒頭を思わせるカッコ良さ。そして・・。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/04/12 07:22
正統派力作の力演。マクミラン 聖ヨハネ受難曲 / コリン・デイヴィス ロンドン交響楽団
これは次代にも受け継がれるであろう力作です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/11 07:17
迫真のサウンド・ドラマ。 タン・ドゥン 新マタイ受難曲〜永遠の水 / タン・ドゥン
引っ張りこまれたら手に汗握り、最後までついていくしかない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/11 05:13
青柳いづみこ 『ボクたちクラシックつながり〜ピアニストが読む音楽マンガ』
“受難の週”なのに、コレを読んで、思わず『のだめ』を“大人買い”してしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/05 19:20
静かな緊張の受難劇。ペルト《ヨハネ受難曲》 / ヒリアー ヒリアード・アンサンブル
静謐の求心力。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/04 19:34
19世紀のレクイエム代表!? ブルックナー レクイエム/ ヤンセンス ラウダンテス・コンソート
こう聴いてみると、ブルックナーの音楽とルネサンス・バロック音楽なんかは隣り合わせにあるようなものだなあ・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/03/29 07:47
“こくまろ”に癒される。 ブラームス ドイツ・レクイエム/ ジュリーニ ボニー(S) ウィーンフィル
歌、優しさ、力強さ、美しさ、慈愛・・全部入ってます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/27 23:18
いつもの鎮静剤。バッハ カンタータ第106番《神の時こそ いと良き時》/ コープマン
透明で清らかで美しく、しかも悲しすぎない哀悼のカンタータ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/21 08:08
つきあい方が難しい? ロッシーニ スターバト・マーテル / ジュリーニ フィルハーモニア
ヴェルディの《レクイエム》が好きな方には○。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/15 11:46
爆裂ギターに原子の鼓動を聴け。福田進一&フェルナンデス アトム・ハーツ・クラブ・デュオ
クラシックギターのハイパー・デュオで、ハイドンの交響曲から武満、吉松までを聴かせます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/01 14:20
新しくて古くて新しくて。 バッハ《音楽の捧げ物》/ パイヤール パイヤール室内管
これがこの曲のデフォルトですね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/02/22 16:46
心に滋養を。フォーレ レクイエム(1893年版)/ ヘレヴェッヘ シャペル・ロワイヤル他
なんて、なんて素晴らしい曲、演奏でしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2009/02/21 12:05
罪作りな本。 林田直樹著 『クラシック新定番100人100曲』(アスキー新書)
また欲しいCDが増えてしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/02/15 17:52
静謐と孤独と。 シューベルト ピアノ・ソナタ第21番 / アファナシエフ (旧盤)
胸の奥をかきむしられるような・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/07 19:28
“モーツアルト成分”を心に補給。モーツアルト クラリネット五重奏曲 / ウラッハ 他
心が荒んでいるときはこのCDを聴きたくなります。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/01/31 11:41
45年前の今日。 モーツアルト レクイエム(ケネディ大統領追悼ミサ実況)/ラインスドルフ ボストン響
JFKの暗殺という暴挙・理不尽に全カトリック教徒が怒り、慟哭を見せているような劇演。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/01/19 23:23
これぞベストセカンドチョイス?! ベルリオーズ 幻想交響曲 / ラトル ベルリンフィル
この曲を立体的に俯瞰した個性的名演。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/01/11 14:14
本気の“彼”は凄い。 R.シュトラウス《英雄の生涯》/ カラヤン ベルリンフィル(モスクワ・ライヴ)
凄い迫力。唸るベルリンフィル! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/01/02 20:52
無垢の祈り。 カペラッテ 永遠につづく春
今年、世界の平穏を祈念して・・。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/01/01 14:54
品格高き第九。ベートーヴェン 交響曲第9番 / チェリビダッケ ミュンヘンフィル その他
これも極めて険しき高みにあるチェリビダッケの遺産の一つです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2008/12/31 21:23
この曲のデフォルト?! ブルックナー ミサ曲第3番 / ヘレヴェッヘ RIAS室内合唱団 他
大好きな曲がひとつ増えました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/12/28 14:23
これぞ最高峰。ブルックナー 交響曲第5番 / ヨッフム アムステルダム・コンセルトヘボウ
この自然さ、包容力、温かみ、そして迫力。納得の大名演です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/12/27 17:51
ピアノで聴く意義のあるバッハ。バッハ『幻想曲とフーガ』他 / アンジェラ・ヒューイット
明るくて暖かい音色で奏でられる癒しのバッハ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/12/23 09:25
真摯にして前向きな祈り。ラフマニノフ 晩祷 / ヒリアー エストニア・フィルハーモニー室内合唱団 
名曲に新たな名演。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 9

2008/12/20 17:06
オンリーワンの大名演 R=コルサコフ 交響組曲『シェエラザード』/ チェリビダッケ ミュンヘンフィル
これは“デフォルト”の演奏ではありません。最初にこの曲をお聴きになる方はこのCDを選ばないで下さい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/12/14 13:44
美麗にして過激な再創造。バッハ 音楽の捧げ物 / ヘット・コレクティーフ
使用楽器の指定がないことを逆手に取った、現代楽器による精妙にして刺激的な名演奏。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/13 13:05
近頃“現代音楽”が軟くなったとお嘆きのあなたへ。 伊左治直 《熱風サウダージ劇場》
エンターテイメントとしても楽しめ、しかも“骨のある”現代音楽です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/13 09:33
目から鱗の大名演。ブルックナー交響曲第9番 / ヴァント ミュンヘンフィル
感動した! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/11/30 09:22
幸か不幸かダブリがない。買うか買わずか。『マイルストーンズ』 シャンドス創立30周年記念ボックス
何やかにや言いつつ、買うんでしょうな(>自分)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/11/26 01:08
今、またこの『白の銘盤』を聴く。 ペルト 《タブラ・ラサ》/ クレーメル、キース・ジャレット 他
美しくて静謐な『現代音楽』はここから始まりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/23 09:43
隠れ大有名盤?! フックス レクイエム / クレマンシック クレマンシック・コンソート
知る人はみな知っている、聴いたら絶対に虜になる名盤です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/11/08 09:47
整然と混沌へのトリビュート。 『バッハ/コルトレーン』/ アンベール、ロッシ、レーヌ 他
それぞれの方法で神に一番近づいた音楽家2人を通して、何を語らんかな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/10/26 10:40
期待以上の素晴らしさ! エレーヌ・グリモー バッハ・トランスクライブド
この躍動感。現代最高水準のピアノ バッハ。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/10/19 11:39
Vn + Vc + P =ロック? 吉松隆《アトム・ハーツ・クラブ》/ 河村泰子(p) 他
クラシックの室内楽編成でロックです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/13 08:27
『エロイカ』でなく“ヒーロー” ベートーヴェン交響曲第3番 / バーンスタイン ニューヨークフィル
若き日のバーンスタイン、前のめりのベートーヴェンに魅せられました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/11 16:55
BISの馬鹿馬鹿!!6大宗教曲ボックス 鈴木雅明&バッハ・コレギウム・ジャパン
まだ、BCJのバッハ宗教曲のCDを1枚も持っていない人は幸いである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/09/27 20:22
こんなのアリ?! バッハ大全集収録済みの 80GB iPod
CDはもういらない? ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 4

2008/08/31 14:15
凄いぞ、これは! ブルックナー 交響曲第9番(4楽章版)/ ボッシュ アーヘン響
これは4楽章で構成された交響曲の完成された演奏です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/08/30 20:30
ミチョモランマではなかった事件! ベートーヴェン 合唱幻想曲 / ブロンフマン ジンマン他
いやあ、自分がいかにCDを大切に聴いていなかったのか、改めて猛省です。こんな名演が自分のCD棚に隠れてました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2008/08/17 17:27
意外(?)にまともな“奇演”。ブラームス ピアノ協奏曲第1番 / グールド バーンスタイン
「心配しないで下さい。グールド氏はちゃんと来てますから・・・」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/27 20:46
優雅な哀しみ。 モーツアルト ヴァイオリンソナタ第28番 /グリュミオー(vn) ハスキル(p)
モオツアルトは短調(たんちやふ)が良ひよね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/07/26 16:33
これぞ男前のマラ9!! マーラー交響曲第9番 / アンチェル チェコフィル
ご紹介くださったピースうさぎさん http://nagoyaclassic.at.webry.info/ に感謝です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/07/19 08:08
これはすばらしい! バッハ ミサ曲ロ短調 / ブリュッヘン オランダ室内合唱団 他
またも、この曲の理想的名演に出会ってしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

2008/07/04 06:02
フ・・フルトヴェングラーのマーラー《復活》?!
実は・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/15 20:14
指揮者になりたい!
こんなものがあるようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/15 06:07
小泉純一郎著『音楽遍歴』を読む。
小泉さんとお友達になりたくなりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/06/01 10:57
ロマンティック グールドの代表盤。 ブラームス 間奏曲集 / グールド
耳が吸い寄せられるような演奏。それはそれはすばらしいアルバムです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/05/31 19:28
パイネマンを知っていますか? ドヴォルザーク ヴァイオリン協奏曲 / パイネマン マーク 
上品で、清楚で、だからといってお高くとまっているわけでなく・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/05/25 11:27
冷静と情熱の邂逅。 ベートーヴェン ピアノ協奏曲第3番 / グールド バーンスタイン
これまた面白いですねえ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/24 17:17
これは取っておきの名演! ベートーヴェン ピアノ協奏曲第1番 / グールド ゴルシュマン
グールドはもちろんですが、いやいや、バックのオケが凄いではないですか! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/05/17 07:24
罪な情報でしょうか?ドイツ・ハルモニア・ムンディ設立50周年記念限定BOX再入荷!
再入荷しちゃうみたいですよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/05/12 21:08
改めて思う、名盤の圧倒的吸引力。バッハ《ゴールドベルク変奏曲》/ グールド(旧録音)
一生付き合っていくであろう名盤だと改めて確信しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/05/10 17:21
吉松隆 ソプラノ・サクソフォン協奏曲《アルビレオ・モード》/ 須川展也 佐渡裕 BBCフィル
鳥と星(宇宙)の作曲家、吉松隆がソプラノ・サクソフォンに託した名品。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/05/06 15:04
今日のウィッシュリスト。グスタフ・レオンハルト/ジュビリー・エディション
CD製作会社企画担当各位、 もうこれ以上、私の煩悩を刺激するようなボックスものの販売は止めていただきたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/05/01 21:25
“男前”のマーラー。 マーラー 交響曲第6番 / ゲルギエフ ロンドン交響楽団
ゲルギエフ、やっぱりやってくれました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/04/29 17:20
やはり良いです、バッハ モテット《主に向かいて新しき歌をうたえ》BWV255/ユングヘーネル
久しぶりに聴くことになりましたが、やはり曲も演奏も素晴らしいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/04/27 16:57
毒を食らわば皿までも〜そういうときに使うのか!? グールドBox (80CD) オーダー!!
ドイツ・ハルモニア・ムンディ50周年記念ボックス(50CDのうち、まだ1枚しか聴いていない!)ゲットに続き、勢い余ってグールド/オリジナル・ジャケット・コレクション(80CD)までオーダーしちゃいました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/04/26 12:34
き、来ちゃった!ドイツ・ハルモニア・ムンディ50周年記念ボックス(50CD)
物理的にも、精神的にも、50枚の重みを感じています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/04/24 21:27
現代音楽?いやバッハですよ。 バッハ《音楽の捧げ物》/ ケーゲル ライプツィヒ放送響
シュールなフリードリヒ大王の主題をめぐる、クールな音楽作品の、冷たくも興奮させられる稀有の名盤です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/04/14 10:59
自虐的なギャグ満載。吉松隆《コンポーザー氏の憂鬱》より
知らない間に、《コンポーザー氏の憂鬱》から2曲(2話?)が吉松隆の『小市民劇場』に追加されておりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/13 16:04
貴重音源、作曲家 吉松隆のモノ・ドラマ2編。
モノ・ドラマ、『トラウマ氏の一日』と『ランダム氏の独白』が、吉松隆のホームページ『代々幡村音楽館』で公開されています。吉松マニア(=私)は泣いて喜んじゃいますね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/10 17:14
今日のウィッシュリスト 吉松隆《さえずり鳥ブログ》/ ザ・フルート・カルテット
ありゃま。吉松マニアの私が、こんなCDの発売を見落としておりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/09 06:17
納得の名演。ギュラーのベートーヴェン ピアノ・ソナタ第32番
例によってDokuOhさん推薦盤です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2008/04/09 02:37
今日のウィッシュリスト 須川展也最新作は吉松のソプラノ・サックス・コンチェルト
これは、何も考えずに“カート行き”です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/04 05:18
クラシックお笑い芸人 好田タクトの『世界一楽しいタクトのクラシック音楽館』
砂川しげひさ氏の数々の好著を思い出してしまいました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 4

2008/03/28 17:48
期待以上の名演名録音。バッハ マタイ受難曲 / ショルティ シカゴ交響楽団他
《マタイ受難曲》の、モダンオケによる、音楽的に過不足のない理想的な名演です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/03/23 07:17
聖金曜日にBCJの《マタイ》
昨晩の聖金曜日、BCJの《マタイ》を東京オペラシティに聴きにいきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/03/22 06:46
“ブルックナー指揮者”について考える。
マーラーを得意とする指揮者を“ブルックナー指揮者”とは認めたくない・・と思いませんか? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 7

2008/03/14 11:53
今日のウィッシュリスト グリモー様のバッハ!?
これも買わずばなるまい! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/13 21:58
究極の交響曲の究極の演奏か? ブルックナー交響曲第9番 / ヴァント ミュンヘンフィル
とうとう、この曲の究極の演奏にめぐりあったのかも知れません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/03/13 21:14
今日のウィッシュリスト。曲との相性がよさげな ゲルギエフのマーラー交響曲第6番
すごいことが起こっていそうな予感がしますね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/09 15:56
今やベートーヴェンの代表的交響曲の模範的演奏。ベートーヴェン 交響曲第7番 / ジュリーニ
“立派”という言葉が皮肉でなく、文字通りに賛辞となるような名演です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/07 06:49
異稿に偉功。 ラフマニノフの協奏曲“第5番”、《マタイ》(最終演奏版)、ジャズでピンクフロイド
また、こんなに音楽的好奇心をくすぐるものが出てまいりましたよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/03/06 16:28
きょ、今日のウィッシュリスト?!  ドイツ・ハルモニア・ムンディ50周年記念ボックス(50CD)
これは仰天?! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/03/06 10:32
大交響曲の燃える演奏。ベートーヴェン 交響曲第3番《英雄》/ シューリヒト フランス国立管
The交響曲、魂の燃える演奏。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 7

2008/03/05 08:05
行ける?行けない?コンサート情報 これは行きたい、鈴木雅明 BCJ の《マタイ》
これは無理してでも行かなきゃですか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/04 12:36
行ける?行けない?コンサート情報。可奈さん東京でヒナステラを弾く!
拙ブログに時々コメントなどをいただく、関西在住、南米音楽通(で矢野顕子さん好きの)のピアニスト、可奈さんが、東京でヒナステラを弾かれるそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/03 14:54
今日のウィッシュリスト。 バッハ ミサ曲ロ短調 ブリュッヘン 18世紀オーケストラ
昔から手にいれたいと思っていた名演(らしいですよ。)がお手軽な価格で・・(CD店の宣伝文句のようですが・・。)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/02/28 13:43
尖がった交響曲の尖がった演奏 ベートーヴェン交響曲第5番 / シェルヘン スイス・イタリア語放送響
The交響曲、魂をゆさぶる演奏。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/25 13:37
伴奏も録音も良い。 ラヴェル ピアノ協奏曲 / グリモー ロペス=コボス ロイヤルフィル
若鮎が弾けるようなピアノ、ノリの良いロペス=コボスの伴奏。これはめっぽう面白く聴けました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/10 19:51
なんてゆっか、やっぱり最高。Yucca《Yucca》
いやあ、期待通り“素晴らしい声”です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/02/09 09:52
今度の仮面ライダーは、ヴァイオリン・マイスター(製作者)?!
これも“のだめ”ブームの余波でしょうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2008/01/21 20:53
マタイ受難曲 数珠繋ぎ その2 〜または “マタイ十何曲”?!
この“題名”、やはり罰当たるでしょうかね? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/01/20 07:57
マタイ受難曲 数珠繋ぎ。
こんなことをしたら天罰を受けますか? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 9

2008/01/19 17:30
消えた“ロ短調”。
何か、赤川次郎のミステリの題名のようになってしまいましたが・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2008/01/12 16:33
本日、キムラヤ新橋烏森口店閉店
あの、クラシックオタクオヤジ御用達の、キムラヤ烏森口店が本日閉店となりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/11 22:31
何と清新なバッハ。 バッハ イギリス組曲第6番 他 アンジェラ・ヒューイット
この人のバッハはずっと気になっていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/01/06 11:19
煩悩のウィッシュリストシリーズ “Yucca”の2ndアルバム《Yucca》
あの《千の風になって》(http://garjyu.at.webry.info/200703/article_31.html)を信じられない“純度”で歌ったYuccaの2ndが新春早々発売されるようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/05 19:24
心の清浄を求めて。 アヴェ・マリア〜聖なる調べ
癒し系のコンピレーション。最初の曲の冒頭から“どこか”に連れて行かれてしまいそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/01/04 17:32
贖罪と魂の浄化のために。 マタイ受難曲 アーノンクール コンツェントゥス・ムジクス・ウィーン他
究極の音楽。そして、その厳しくも美しい演奏。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2008/01/03 09:43
静かで、さわやかな朝に。 『めぐり逢う朝』サウンドトラック サヴァール他 
フランス・バロックの作曲家、マラン・マレと師のサント・コロンブの確執、及びその周辺状況を描いて大ヒットした映画「めぐり逢う朝」(セザール賞7部門受賞)のサウンドトラック・・だそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/01/02 08:15
新年聴き初め。 テレマン《ターフェルムジーク》 ベルダー ハーゼルゼット他
あけましておめでとうございます。 新年聴き初めは、みやびやかな貴族の“食卓”を思い・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/01/01 08:14
年末といえば第9。ベートーヴェン交響曲第9番『合唱付き』 ジュリーニ ロンドン交響楽団
なんとも充実した響き。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/12/31 12:08
平和なクリスマス・イブの夜に、 M.A,シャルパンティエ ノエルとクリスマス・モテット
これは美しく、楽しく、雅びで、喜ばしい音楽たち・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/24 17:13
忘れていました、すいません。今日は『勝手に弦楽四重奏の日』
miwaplanさん、ダンベルドアさんとの共同企画、『勝手に**の日』。私の不注意で、告知を怠っておりましたが、本日、弦楽四重奏の日です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/11/15 22:21
敬虔なる祈り・・ バッハ ミサ曲ロ短調 / 鈴木雅明 バッハ・コレギウム・ジャパン 他
劇的にして厳粛なリヒター盤、滔々と流れる歌と慈愛に満ちたジュリーニ盤に加えて、またひとつ、究極の名盤が登場しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

2007/11/09 23:46
全曲DVD化希望! エレーヌ・グリモーのブラームス ピアノ協奏曲第1番
昨晩のN響アワーをビデオ録画し、夜中にみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/05 08:01
この“眼”に惚れた! バッハ ヴァイオリン協奏曲集 / ヒラリー・ハーン(365枚棚卸)
2006年11月4日にはこの曲のこの演奏のCDを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200611/article_5.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/04 19:37
これはご機嫌!ファジル・サイのガーシュイン(『勝手にガーシュインの日』)
まず、最初の《ポギーとベス》からの4曲、ちょっと変形のジャズ・コンボ(ピアノ、クラリネット、アルト・サックス、パーカッション+ドラムス、ベース)が最高です。本格派ジャズ好きの方の耳にも心地良いものなのではないでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/11/01 22:55
来る11月1日は『勝手にガーシュインの日』
miwaplanさん、ダンベルドアさんとの共同企画、『勝手に**の日』、次回、来る11月1日は、白人でありながら、いやアメリカに生まれた白人であったからこそ、ジャズの心とクラシックのセンスを持ち合わせたガーシュインを取り上げます。 『勝手にガーシュインの日』、皆様のお気に入りの曲、アルバムなどのことをお書きください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/30 22:15
モーツアルト ピアノ協奏曲第27番 / ギレリス ベーム ウィーンフィル(365枚棚卸)
2006年10月28日にはこの曲、この演奏のCDを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200610/article_31.html ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/10/28 07:08
シェーンベルク 室内交響曲第1番 / ラトル (365枚棚卸)
2006年10月26日にはこの曲のこの演奏のCDを紹介↓致しました。 http://garjyu.at.webry.info/200610/article_29.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/27 08:19
モーツアルト 2台のピアノのためのソナタ/ アルゲリッチ ラビノヴィッチ(365枚棚卸)
2006年10月24日にはこの曲のこの演奏のCDを紹介↓致しました。 http://garjyu.at.webry.info/200610/article_27.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/10/24 20:30
エレーヌ・グリモー クレド (365枚棚卸)
2006年10月21日にはこの“アルバム”を紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200610/article_24.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/10/21 15:08
ブクステフーデ カンタータ《我らがイエスの四肢》/ コープマン(365枚棚卸)
2006年10月19日にはこの曲のこの演奏のCDを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200610/article_22.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/20 07:33
マーラー 交響曲第2番《復活》 / ショルティ シカゴ交響楽団 他(勝手にシカゴ交響楽団の日)
我々の世代にとっては、シカゴ交響楽団といえば、やはりショルティが鍛え上げた“世界一のオーケストラ”だった・・ですよ。そして、ショルティ+シカゴ+デッカ・サウンドとくれば、いやおうなしにマーラーなわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/10/15 21:00
ストラヴィンスキー バレエ音楽《プルチネルラ》 / アバド ロンドン響(365枚棚卸)
2006年10月14日にはこの曲、この演奏のCDを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200610/article_15.html >ペルゴレージらの曲が新しい衣を着せられ、とても素敵なバレエ音楽に生まれ変わりました。現代的で、適度に刺激的だけれどメロディはしっかりバロック。こういう曲には抜群の適性を持っていた若きアバドの名演です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/10/14 11:15
絶対お薦め! 吉松隆 ピアノ協奏曲《メモ・フローラ》/ 田部京子 藤岡幸夫 (365枚棚卸)
2006年10月9日にはこの曲のこのCDを紹介↓致しました。 http://garjyu.at.webry.info/200610/article_10.html とにかく、世の“ピアノ好き”の方々には、絶対に聴いてください・・と申し上げたく。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/13 23:46
BIS シベリウス全集 ヴァンスカ、ヤルヴィ、他 (『勝手にシベリウスの日』)
反則技ですが、これを推薦しちゃいます。 いわゆるちょっと値ははるけれども、まさに“良い買い物”です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/10/01 21:24
メンデルスゾーン 弦楽四重奏曲第1番 / イザイ弦楽四重奏団 (365枚棚卸)
1996年9月30日はこの曲、この演奏のCDを紹介↓致しました。 http://garjyu.at.webry.info/200609/article_32.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/30 08:50
来る10月1日は『勝手にシベリウスの日』
miwaplanさん、ダンベルドアさんとの共同企画、『勝手に**の日』、次回、来る10月1日は、この9月20日に没後50年となりましたフィンランドの巨人、シベリウスを取り上げます。 『勝手にシベリウスの日』、私も大好きなシベリウス、皆さんのシベリウスに対する思いや、とっておきの名盤などをご紹介下さい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/29 17:47
ベートーヴェン 交響曲第4番 / クライバー バイエルン国立管(365枚棚卸)
2006年9月29日にはこの曲のこの演奏を紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200609/article_31.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/09/29 08:55
バッハ ミサ曲ロ短調 / 鈴木雅明 BCJ (煩悩ではない?!ウィッシュリスト)
こ、これは全く見過ごしてました。 名演は約束されています。昼飯を1週間抜いてでも、購入します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/09/24 06:05
シベリウス 交響詩《フィンランディア》/ ベルグルンド フィルハーモニア(365枚棚卸)
2006年9月24日にはこの曲、この演奏のCDを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200609/article_26.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/24 05:06
ラフマニノフ 晩祷 / ショウ ロバート・ショウ・フェスティヴァル・シンガーズ (365枚棚卸)
2006年9月12日にはこの曲、この演奏のCDを紹介↓いたしました。 http://garjyu.at.webry.info/200609/article_13.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2007/09/23 09:21
ラヴェル 組曲《マ・メール・ロワ》/ ジュリーニ ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団(365枚棚卸)
2007年9月22日にはこの曲のこの演奏のCDを紹介↓致しました。 http://garjyu.at.webry.info/200609/article_24.html ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/09/22 07:22
ベートーヴェン 交響曲第2番 / シェルヘン ルガノ放送管弦楽団 (365枚棚卸)
2006年9月17日にはこの曲、この演奏のCDを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200609/article_19.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/09/17 16:02
マーラー 交響曲第5番 / テンシュテット ロンドン・フィル(1978年録音)(新365枚)
『勝手にテンシュテットの日』 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2007/09/15 19:48
iPod でブルックナーを聴く?!
iPod nanoを購入してから一年くらいたったのでしょうか?新しいモデルも出てくるようですね。 さて、私、このiPodで聴くもの、いまだに色々模索しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/09/15 09:24
来る9月15日は『勝手にテンシュテットの日』
miwaplanさん、ダンベルドアさんとの共同企画、『勝手に**の日』、次回、来る9月15日は、『勝手にテンシュテットの日』とさせていただきます。 マーラーの交響曲などを振らせたら右に出るもののいなかった情念の大指揮者クラウス・テンシュテット。皆さんのお気に入りの1枚、もしくはライブでの思い出などについてお書きいただければと存じます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/13 22:50
12のチェロによるバッハとブルーベック / イェール・チェロ合奏団(365枚棚卸)
2006年9月9日にはこのアルバムを紹介致しました。 http://garjyu.at.webry.info/200609/article_9.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/09 16:03
武満徹 《波の盆》/ 尾高忠明 札幌交響楽団(365枚棚卸)
2006年9月8日はこの曲、この演奏のCDを紹介しました。 http://garjyu.at.webry.info/200609/article_8.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/09/08 15:16
初バトン。お題は『クラシック』
1年半あまりのブログ生活で初めて“バトン”というものをいただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/09/08 05:40
バッハ カンタータ第199番《わが心は血にまみれ》/ コジェナー(S) ガーディナー (365枚棚卸
2006年8月27日には、この曲、この演奏のDVDを紹介↓いたしました。 http://garjyu.at.webry.info/200608/article_30.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/02 16:54
グリーク 抒情小曲集(抜粋)/ ギレリス (『勝手にグリークの日』、新365枚)
月並みですが、このアルバムが素敵だと思います。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/09/02 05:17
来る9月1日は『勝手にグリークの日』
miwaplanさん、ダンベルドアさんとの共同企画、『勝手に**の日』、次回、来る9月1日は、『勝手にグリークの日』とさせていただきます。 今年の9月4日でグリーク没後100年になります。残暑厳しきおり、グリークを聴いて涼しくすごしたいなと思っております。 。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/08/29 06:37
バッハ 教会暦によるオルガン・コラール集 / リリング(365枚棚卸239)
2006年8月26日にはこのアルバムを紹介しました。 http://garjyu.at.webry.info/200608/article_29.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/26 08:51
バッハ フルートとオブリガート・チェンバロのためのソナタ第1番/有田正広(365枚棚卸238)
2006年8月25日にはこの曲、このCDの紹介↓を致しました。 http://garjyu.at.webry.info/200608/article_28.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2007/08/25 10:11
バッハ 管弦楽組曲第1番 / マンゼ ラ・ストラヴァガンツァ・ケルン (365枚棚卸237)
2006年8月24日には、この曲、この演奏のCDを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200608/article_27.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/25 09:43
バッハ ビオラ・ダ・ガンバ・ソナタ第1番 / サヴァール コープマン (365枚棚卸235)
2006年8月22日はこの曲、この演奏のCDを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200608/article_25.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/23 08:17
ストラヴィンスキー:兵士の物語、マルサリス(煩悩のウィッシュリストシリーズ)
あの現代最高峰のジャズ・トランペッター、ウィントン・マルサリスがトランペットを吹いた《兵士の物語》(英語版)だそうです。 それに、ウィントン作曲の室内楽(ファゴット五重奏曲)が併録されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/21 17:11
バッハ 平均律クラヴィア曲集(全曲) / グールド (365枚棚卸234)
2006年8月21日にはこのアルバムを紹介↓いたしました。 http://garjyu.at.webry.info/200608/article_24.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/21 14:34
バッハ カンタータ第46番《考えよ見よ、われを襲いしこの痛みに》 /コープマン(365枚棚卸番外)
2006年8月20日は三位一体祝日後第10主日。このカンタータ↓を聴きました。 http://garjyu.at.webry.info/200608/article_23.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/20 14:08
バッハ ブランデンブルク協奏曲第4番 / ブリュッヘン、レオンハルト他(365枚棚卸232)
2006年8月19日にはこの曲、この演奏のCDを紹介↓致しました。 http://garjyu.at.webry.info/200608/article_22.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/08/19 08:44
メンデルスゾーン 劇音楽《真夏の夜の夢》/ テイト ピーター・ホール (365枚棚卸231)
2006年8月18日にはこの曲、この演奏のアルバムを紹介しました。 http://garjyu.at.webry.info/200608/article_21.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/08/19 06:36
ショスタコーヴィチ 交響曲第1番 / アンチェル チェコフィル(365枚棚卸230)
2006年8月17日にはこの曲、この演奏のCDを紹介↓致しました。 http://garjyu.at.webry.info/200608/article_20.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/17 10:43
グレツキ 交響曲第3番 / アップショウ ジンマン ロンドンシンフォニエッタ (365枚棚卸228)
2006年8月15日にはこの曲、この演奏のCDを紹介↓致しました。 http://garjyu.at.webry.info/200608/article_18.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/15 05:57
バルトーク 管弦楽のための協奏曲 / チェリビダッケ ミュンヘンフィル(365枚棚卸227)
2006年8月14日にはこの曲、この演奏のCDを紹介↓致しました。 http://garjyu.at.webry.info/200608/article_17.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/14 13:12
チャイコフスキー 交響曲第4番 / ムラヴィンスキー レニングラードフィル (365枚棚卸226)
2006年8月13日にはこの曲、この演奏のCDを紹介↓致しました。 http://garjyu.at.webry.info/200608/article_15.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/08/13 06:11
カントルーブ 《オーヴェルニュの歌》(選集) / ジャンス カサドシュ (365枚棚卸225)
2006年8月12日は、この曲、この演奏のCDを紹介↓致しました。 http://garjyu.at.webry.info/200608/article_14.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/08/12 05:15
吉松隆 交響曲第2番《地球にて》/ 藤岡幸夫 BBCフィルハーモニック (365枚棚卸224)
2006年8月11日にはこの曲、この演奏のCDを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200608/article_13.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/11 15:59
ペンデレッキ 《広島の犠牲者に捧げる哀歌》/ ケーゲル ドレスデンフィル(365枚棚卸222)
2006年8月9日にはこの曲、この演奏のCDを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200608/article_11.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/09 08:57
長沢勝俊 組曲《人形風土記》、《子供のための組曲》 / 日本音楽集団(365枚棚卸221)
2006年8月8日にはこのアルバムを紹介しました。 http://garjyu.at.webry.info/200608/article_10.html ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/08/08 07:11
ベートーヴェン 荘厳ミサ曲 / ジュリーニ ロンドンフィル (365枚棚卸220)
2006年8月7日にはこの曲、この演奏のCDを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200608/article_9.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/08 06:56
大木正夫 交響曲第5番《ヒロシマ》/ 湯浅卓雄 新日本フィルハーモニー交響楽団 (新365枚)
今日8月6日は、広島に原爆が落とされた日、すなわち『原爆の日』です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/08/06 11:54
グリーク ピアノ協奏曲 / リヒテル マタチッチ モンテ・カルロ国立歌劇場管(365枚棚卸219)
2006年8月6日にはこの曲、この演奏のCDを紹介↓致しました。 http://garjyu.at.webry.info/200608/article_8.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/08/06 11:07
モーツアルト 交響曲第40番 / クーベリック バイエルン放送交響楽団 (365枚棚卸218)
2006年8月5日には、この曲、この演奏のCDを紹介↓致しました。 http://garjyu.at.webry.info/200608/article_7.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/08/05 13:03
ブラームス 交響曲第3番 / セル クリーブランド管弦楽団 (365枚棚卸217)
2006年8月4日には、この曲、この演奏のCDを紹介↓致しました。 http://garjyu.at.webry.info/200608/article_4.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/04 13:02
あのアンゲロフのドヴォルザーク交響曲全集が1,291円!(2007年8月3日現在)
以前に紹介した掲題全集(http://garjyu.at.webry.info/200704/article_7.html)が今HMVのマルチバイでものすごく安くなっています。 煽るわけではありませんが、購入検討されていた方はチャンスかと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/03 15:36
プロコフィエフ 交響曲第1番《古典》/ ジュリーニ シカゴ交響楽団(365枚棚卸215)
2006年8月2日にはこの曲、この演奏のCDを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200608/article_2.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/08/02 19:20
ワーグナー楽劇《ワルキューレ》第一幕/クナッパーツブッシュ ウィーンフィル(DVD)(新365枚)
『勝手にワーグナーの日』 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2007/08/02 04:50
ドビュッシー “映像”より《イベリア》 / チェリビダッケ (DVD) (365枚棚卸214)
2006年8月1日にはこの曲、この演奏のDVDを紹介↓致しました。 http://garjyu.at.webry.info/200608/article_1.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/08/01 09:10
ムソルグスキー 組曲《展覧会の絵》 / チェリビダッケ ミュンヘンフィル(365枚棚卸213)
2006年7月31日にはこの曲、この演奏のCDを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200607/article_35.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/07/31 06:38
ガーシュイン 歌劇《ポーギーとベス》 / ラトル ロンドンフィル (DVD) (365枚棚卸212)
2006年7月30日にはこの曲、この演奏のDVDを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200607/article_34.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/30 16:01
来る8月1日は『勝手にワーグナーの日』
miwaplanさん、ダンベルドアさんとの共同企画、『勝手に**の日』、次回、来る8月1日は、『勝手にワーグナーの日』とさせていただきます。 圧倒的な魅力の彼の楽劇の世界を熱く語ってください。もちろん楽劇以外の“秘曲”などについての投稿も大歓迎です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/29 06:38
バッハ カンタータ第106番《神の時こそ いと良き時》/ 鈴木雅明 BCJ (365枚棚卸210)
今日7月28日はバッハの亡くなった日です。 ということで、2006年7月28日にはこの曲、この演奏のCDも紹介↓致しました。 http://garjyu.at.webry.info/200607/article_31.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/07/28 11:13
伊福部昭 舞踊音楽「サロメ」(1987年改訂版)/ 広上淳一 日本フィル(365枚棚卸209)
2006年7月28日にはこの曲、この演奏のCDを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200607/article_30.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/07/28 10:39
アディンセル 《ワルソー・コンチェルト》/ フォーク(p) オドゥイン (365枚棚卸208)
2006年7月27日にはこのアルバムを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200607/article_29.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/07/27 12:51
タワーレコード“ヘリテージ・コレクション”Vol.3(煩悩のウィッシュリストシリーズ)
独自企画の多いタワーレコードですが、今回はこんなのが出ました。 ◆ファン感涙のレア音源、山田一雄のマーラー「復活」が遂に登場! ◆元ベルリン放送響のコンサートマスター、豊田耕児のバッハ! ◆日本の現代音楽より、武満徹、三善晃、松村禎三をセレクト。初CD化音源を多数収録! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/07/26 16:40
ベートーヴェン ピアノ協奏曲第4番 / ブロンフマン ジンマン (365枚棚卸206)
2006年7月25日にはこの曲、この演奏のCDを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200607/article_27.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/07/25 17:46
マーラー 交響曲第7番 / ラトル バーミンガム交響楽団 (365枚棚卸205)
2006年7月24日にはこの曲、この演奏を紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200607/article_26.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/07/24 15:30
バッハ カンタータ第170番《満ち足れる安らい、うれしき魂の喜びよ》/コジェナー(365枚棚卸204
2006年7月23日にはこの曲、この演奏のCDを紹介↓致しました。 http://garjyu.at.webry.info/200607/article_25.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/23 14:32
ヘンデル 組曲《水上の音楽》(ハーティー/セル編)/ セル ロンドン交響楽団(365枚棚卸203)
2006年7月22日にはこの曲、この演奏のCDを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200607/article_24.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/07/22 12:45
あのころ・・・〜日本のマエストロたち といぼっくす (365枚棚卸202)
2006年7月21日にはこのアルバムを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200607/article_23.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/07/21 04:32
ショスタコーヴィチ 交響曲第7番《レニングラード》/ ネーメ・ヤルヴィ(365枚棚卸201)
2006年7月20日にはこの曲、この演奏のCDを紹介↓致しました。 http://garjyu.at.webry.info/200607/article_22.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/07/20 08:20
ブルックナー 交響曲第1番(リンツ稿) / スウィトナー (365枚棚卸199)
2006年7月18日にはこの曲のこの演奏を紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200607/article_20.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/07/18 11:49
ドビュッシー 交響詩《海》 / ブーレーズ クリーブランド管弦楽団(365枚棚卸198)
2006年7月17日にはこの曲、この演奏のCDを紹介↓いたしました。 http://garjyu.at.webry.info/200607/article_19.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/17 09:03
シベリウス 交響曲第7番 / カラヤン ベルリンフィル (365枚棚卸197)
2006年7月16日にはこの曲、この演奏のCDを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200607/article_18.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/17 08:14
ヴィクトリア レクイエム(死者のための聖務曲集全曲) / タリス・スコラーズ (365枚棚卸196)
2006年7月15日にはこの曲、この演奏のCDを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200607/article_16.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/07/15 09:18
ドヴォルザーク 弦楽セレナーデ / クーベリック イギリス室内管弦楽団(新365枚)
『勝手にクーベリックの日』 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/07/15 07:20
ハウエルズ レクイエム / ロビンソン ケンブリッジ大学セント・ジョンズ聖歌隊(365枚棚卸195)
2006年7月14日にはこの曲のこの演奏によるCDを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200607/article_15.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/14 05:58
ラフマニノフ ピアノ協奏曲第1番 / ツィメルマン 小澤征爾 ボストン交響楽団(365枚棚卸194)
2006年7月13日にはこの曲、この演奏のCDを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200607/article_14.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/13 13:01
来る7月15日は『勝手にクーベリックの日』
miwaplanさん、ダンベルドアさんとの共同企画、『勝手に**の日』、次回、来る7月15日は、『勝手にクーベリックの日』とさせていただきます。 残されたライブ録音などによって、死してなお評価が上がり続けている大指揮者ラファエル・クーベリック。その膨大なレパートリーの中から、皆さんのお気に入りの1枚、もしくはライブでの思い出などについてお書きいただければと存じます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/13 11:35
吉松隆 《ファジイバード ソナタ》/ 須川展也 (as) 小柳美奈子(p) (365枚棚卸192)
2006年7月11日はこの曲、この演奏を紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200607/article_12.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/11 09:14
シベリウス ヴァイオリン協奏曲 / Midori メータ イスラエルフィル(365枚棚卸191)
2006年7月10日にはこの曲、この演奏のCDを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200607/article_11.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/10 14:30
レスピーギ 交響詩《ローマの祭》/ バティス ロイヤルフィルハーモニック (365枚棚卸190)
2006年7月9日にはこの曲、この演奏のCDを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200607/article_10.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/10 11:34
バッハ パルティータ第2番 / アルゲリッチ (365枚棚卸189)
2006年7月8日にはこの曲、この演奏のCDを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200607/article_8.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/07/10 10:15
ハイドン 交響曲第94番《驚愕》 / リヒター ベルリンフィル(365枚棚卸188)
2006年7月7日にはこの曲、この演奏のCDを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200607/article_7.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/07 08:54
大全集ばやり?!
先のストラヴィンスキー大全集 http://garjyu.at.webry.info/200706/article_9.html といい、ここまでくると「何でもありかよ!」と突っ込みたくなりますね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/07/06 19:18
鉄オタ必聴?! 《電クラ》!
”全国各地の鉄道発車時のフレーズに、社内チャイム、そして鉄道環境音などが、クラシックのフレーズと交じり合いマカフシギな楽曲に変貌”だそうです。 私は“鉄道方面”ではないのですが、とにかく収録曲名だけでも、そそりますね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/06 14:33
ヴィヴァルディ 《クレド》/ ジュリーニ エルンスト・ゼンフ合唱団(365枚棚卸187)
2006年7月6日にはこの曲のこの演奏のCDを紹介↓致しました。 http://garjyu.at.webry.info/200607/article_6.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/06 12:35
ベートーヴェン ピアノ協奏曲第3番 / エッシェンバッハ ヘンツェ ロンドン響(365枚棚卸185)
2006年7月4日にはこの曲、この演奏のCDを紹介↓いたしました。 http://garjyu.at.webry.info/200607/article_4.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/04 09:44
バッハ カンタータ第147番《心と口と行いと生活が》 / コープマン (365枚棚卸182)
2006年7月2日はこのバッハのカンタータを紹介↓致しました。 http://garjyu.at.webry.info/200607/article_2.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/07/02 12:46
ドヴォルザーク チェロ協奏曲 / ロストロポーヴィチ カラヤン ベルリンフィル(新365枚
『勝手にドヴォルザークの日』 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/07/01 12:56
シューマン ピアノ協奏曲 / バレンボイム(p) チェリビダッケ ミュンヘン(365枚棚卸182)
2006年7月1日にはこの曲、この演奏のCDを紹介↓いたしました。 http://garjyu.at.webry.info/200607/article_1.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/01 07:43
ベートーヴェン 交響曲第5番 / クライバー ウィーンフィル (365枚棚卸181)
2006年6月30日にはこの曲、この演奏のCDを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200606/article_34.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/06/30 10:47
ウィリアム・バードとオーランド・ギボンズの鍵盤楽器のための音楽 / グールド (365枚棚卸180)
2006年6月29日にはこのアルバムを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200606/article_33.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/06/29 13:12
吉松隆ロングインタビュー〜仙台クラシックフェスティバル2007
教祖様のありがたいお話が聞けます。↓ http://sencla2007.asaren.jp/ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/28 06:45
モーツアルト セレナード《グラン・パルティータ》 / レーマン ベルリンフィル(365枚棚卸178)
2006年6月26日にはこの曲のCDを紹介↓致しました。 http://garjyu.at.webry.info/200606/article_31.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/06/27 15:48
ヴォーン・ウィリアムズ 《幻想的五重奏曲》/ マッジーニ四重奏団 ジャクソン (365枚棚卸177)
2006年6月26日にはこの曲の入ったCDを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200606/article_30.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/26 12:26
吉松隆 ギター協奏曲《天馬効果》 /山下和仁 尾高忠明 東京フィル(365枚棚卸176)
2006年6月25日にはこの曲のCDを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200606/article_28.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/06/25 10:29
ダンディ 《フランス山人の歌による交響曲》 /ティオリエ(p) アルメイダ (365枚棚卸175)
2006年6月24日にはこの曲のCDを紹介↓致しました。 http://garjyu.at.webry.info/200606/article_26.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/24 17:32
プロコフィエフ 交響曲第7番 / テンシュテット バイエルン放送交響楽団(365枚棚卸174)
2006年6月23日にはこの曲の入ったCDを紹介↓致しました。 http://garjyu.at.webry.info/200606/article_25.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/23 09:00
ブラームス ヴァイオリンソナタ第1番《雨の歌》/ クレーメル アファナシエフ (365枚棚卸173)
2006年6月22日にはこの曲の入っているCDを紹介↓致しました。 http://garjyu.at.webry.info/200606/article_24.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/06/22 08:36
9月発売 ドイツ・グラモフォン・ベスト100
最近、こういう企画ものについて、一言申してばっかりですが・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/06/20 14:27
カバレフスキー ピアノ協奏曲第1番 / イン=ジュ バン ヤブロンスキー (365枚棚卸171)
2006年6月20日にはこの曲の入ったCDを紹介↓致しました。 http://garjyu.at.webry.info/200606/article_22.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/20 11:33
ハイドン チェロ協奏曲第2番 / デュ・プレ バルビローリ ロンドン交響楽団 (365枚棚卸170)
2006年6月19日にはこの曲の入っているCDを紹介↓致しました。 http://garjyu.at.webry.info/200606/article_21.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/19 12:25
バッハ カンタータ第39番《飢えている人にはパンを割き与えなさい》ヘレヴェッヘ(365枚棚卸169)
2006年6月18日にはこの曲の入っているCDを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200606/article_20.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/18 09:56
ブルックナー 交響曲第4番 / ベーム ウィーンフィル (365枚棚卸 168)
2006年6月17日にはこの曲のCDを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200606/article_19.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/18 09:14
クライバーのヨハン・シュトラウス《こうもり》序曲 /南ドイツ放送交響楽団 (DVD) (新365枚
『勝手にカルロス・クライバーの日』。 このDVDには、2曲のオペラの序曲のリハーサルと本番風景が収められています。今日は、時間の関係もあるので、ヨハン・シュトラウスの《こうもり》序曲のリハーサル風景と本番だけを鑑賞しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2007/06/15 14:34
吉松隆 《星夢の舞》@6月30日(土)13:00 NHK教育テレビ「芸能花舞台」
是非見てください↓ http://yoshim.cocolog-nifty.com/tapio/2007/06/nhk_101studio_1fa2.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/15 08:50
ベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲 / テツラフ ジンマン トーンハレ管 (365枚棚卸166)
2006年6月15日にはこのCDを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200606/article_16.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/15 07:13
黛敏郎 《曼荼羅交響曲》 / 岩城宏之 NHK交響楽団 (365枚棚卸165)
2006年6月14日にはこの曲の入ったCDを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200606/article_15.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/14 09:31
ラミレス 《ミサ・クリオージャ》(南米大陸のミサ)/ ジョゼフ・ホルト(365枚棚卸164)
2006年6月13日にはこの曲の入っているCDを紹介致しました。 http://garjyu.at.webry.info/200606/article_14.html  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/13 06:57
マーラー 交響曲第10番(クック版)/ ギーレン 南西ドイツ放送交響楽団 (365枚棚卸162)
2006年6月11日はこの曲のCDを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200606/article_12.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2007/06/11 12:40
オルフ 《カルミナ・ブラーナ》 / ムーティ フィルハーモニア管&合唱団(365枚棚卸161)
2006年6月10日にはこの曲のCDを紹介↓致しました。 http://garjyu.at.webry.info/200606/article_11.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/06/10 10:25
バトル(ソプラノ)&マルサリス(トランペット) バロック・デュエット(365枚棚卸160)
2006年6月9日にはこのアルバムを紹介↓いたしました。 http://garjyu.at.webry.info/200606/article_10.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 23:59
ユニバーサル クラシックス 1200円盤 2点買うと20%オフ
きゃあ!嬉しい悲鳴。買えなければ、やっぱり悲しい悲鳴か・・。 ユニバーサル クラシックス 1200円盤 2点買うと20%オフ @HMV ↑ということなのだそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/06/08 19:41
もう一人の左手のピアニスト〜智内威雄(ちない・たけお)
吉松隆師のブログをのぞいてみたら、このような記事が↓。 http://yoshim.cocolog-nifty.com/tapio/2007/06/post_00e7.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/08 08:56
ディーリアス 《春、かっこうの初音を聞きて》他 / ロイド=ジョーンズ (365枚棚卸 158)
2006年6月7日にはこのCDを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200606/article_7.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/06/07 10:56
クレンペラー ロマンティック序曲集 / フィルハーモニア管弦楽団(365枚棚卸 157)
2006年6月6日にはこのアルバムを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200606/article_6.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/06 12:38
シューベルト 交響曲第4番《悲劇的》/ ジュリーニ シカゴ交響楽団(365枚棚卸 155)
2006年6月4日には掲題曲のCDを紹介↓致しました。 http://garjyu.at.webry.info/200606/article_4.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/04 11:39
ハイドン ピアノ協奏曲第11番 / アルゲリッチ ロンドン・シンフォニエッタ(365枚棚卸154)
2006年6月3日にはこの曲のCDを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200606/article_3.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/03 12:56
エルガー 交響曲第1番 / デイヴィス シュターツカペレ・ドレスデン(365枚棚卸153)
2006年6月2日にはこの曲のCDを紹介↓致しました。 http://garjyu.at.webry.info/200606/article_2.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/06/02 13:49
ラヴェル ボレロ / ブーレーズ ベルリンフィル (新365枚)
『勝手にラヴェルの日』 なぜか、父が好きな曲でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/06/01 09:56
『勝手にラヴェルの日』過去記事リンク
6枚を過去に紹介しております。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/01 08:09
ストラヴィンスキー 音楽物語《兵士の物語》/ 斎藤ネコ デーモン小暮閣下 他(365枚棚卸152)
2006年6月1日にはこちらのCDを紹介↓致しました。 http://garjyu.at.webry.info/200606/article_1.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/01 07:42
伊福部昭 《タプカーラ交響曲》 / 芥川也寸志 新交響楽団(365枚棚卸 151)
2006年5月31日にはこの曲の入ったCDを紹介↓致しました。 http://garjyu.at.webry.info/200605/article_38.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/31 08:25
ドヴォルザーク 交響曲第6番 / アンチェル チェコフィル (365枚棚卸149)
2006年5月29日にはこちらのCDを紹介↓致しました。 http://garjyu.at.webry.info/200605/article_36.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/29 10:29
ベートーヴェン ピアノソナタ第31番 / ギレリス (365枚棚卸147)
2006年5月27日には掲題曲のCDを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200605/article_34.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/27 13:33
渡辺浦人 交響組曲《野人》 / 岩城宏之 NHK交響楽団 (365枚棚卸145)
2006年5月25日にはこちらの曲のCDを紹介↓致しました。 http://garjyu.at.webry.info/200605/article_31.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/25 12:45
ラター レクイエム / ブラウン ケンブリッジ・クレア・カレッジ聖歌隊(365枚棚卸144)
2006年5月24日にはこの曲のCDを紹介↓致しました。 http://garjyu.at.webry.info/200605/article_30.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/24 13:07
プーランク フルートソナタ / シュルツ(fl) レヴァイン(p) (365枚棚卸143)
2006年5月23日にはこの曲の入っているCDを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200605/article_29.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/05/23 09:21
ワーグナー 《ジークフリート牧歌》 / レーグナー ベルリン放送管弦楽団(365枚棚卸 142)
2006年5月22日には掲題曲のCDを紹介↓致しました。 http://garjyu.at.webry.info/200605/article_28.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/22 08:23
ガーシュイン 《ラプソディー・イン・ブルー》/ バーンスタイン コロンビア響(365枚棚卸141)
2006年5月21日にはこの曲のCDを紹介↓致しました。 http://garjyu.at.webry.info/200605/article_27.html ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/21 13:14
舘野泉 アイノラ抒情曲集−吉松隆の風景(新365枚)
吉松マニアの私が、ピースうさぎさんにレビューで先を越されたのは悔しいのですが、ピースうさぎさんのブログで紹介いただいた方が、私のブログより読まれる確率が高いので、結果的にはうれしいことです。 このCDが皆さんの聴かれることを切に望みます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/05/20 17:07
ブラームス クラリネット五重奏曲 / マイヤー アルバン・ベルク弦楽四重奏団(365枚棚卸140)
2006年5月20日にはこの曲のこの演奏のCDを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200605/article_25.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/05/20 15:54
吉松隆 《すばるの七ツ》 / 吉村七重(二十弦筝)(365枚棚卸139)
2006年5月19日にはこの曲のCDを紹介↓致しました。 http://garjyu.at.webry.info/200605/article_24.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/19 17:01
ベートーヴェン 交響曲第1番 / シューリヒト パリ音楽院管弦楽団(365枚棚卸138)
2006年5月18日には掲題曲の入ったCDを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200605/article_23.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2007/05/18 08:55
バッハ ミサ曲ロ短調 / ジュリーニ バイエルン放送交響楽団&合唱団(365枚棚卸136)
2006年5月16日にはこのCDを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200605/article_21.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/16 10:40
フレンニコフ交響曲第2番 スヴェトラーノフ ソヴィエト国立交響楽団 (365枚棚135)
2006年5月15日にはこの曲のCDを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200605/article_19.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/15 12:45
ショパン チェロ・ソナタ / ロストロポーヴィチ アルゲリッチ (新365枚)
『勝手にロストロポーヴィチの日』 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/05/15 00:04
フォーレ ピアノ五重奏曲第1番 / ロジェ(P) イザイ弦楽四重奏団 (365枚棚卸134)
2006年5月14日にはこの曲のCDを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200605/article_18.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/14 14:50
サン=サーンス ヴァイオリン協奏曲第3番 /ドン=スク・カン ヴィット(365枚棚卸133)
2006年5月13日はこの曲の入っているCDを紹介↓致しました。 http://garjyu.at.webry.info/200605/article_16.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/13 22:05
NAXOS 須賀田礒太朗?!作品集
と題名を書いてみたものの、全く聴いたことのない作曲家ですね。今までのNAXOS“日本作曲家選輯”でもかなりレアな作曲者の名前、作品をお聞き、お聴きしてきましたが、この方は、ほとんど“秘密兵器”ですか?というくらいお名前を知らないですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/05/13 19:00

トップへ | みんなの「クラシック音楽」ブログ

一年365枚NEO 2017 クラシック音楽のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる