テーマ:ピアソラ

ピアソラの最高傑作!AA印の悲しみ《Tristezas de un Doble A》(365枚棚卸)

2006年11月3日にはこのアルバムを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200611/article_4.html Amazonを見ていたら、中古でも3万円以上の値段がついています・・。 このアルバムの復活なることを切に祈ります。皆さんに是非聴いて欲しいから。 《タンゴ・ゼロ・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ピアソラ タンゴ組曲 / セルジオ&オダイル・アサド(ギター)(365枚棚卸 63)

2006年3月4日にはこの曲の入っているCD↓を紹介しました。 http://garjyu.at.webry.info/200603/article_6.html こんなに凄いギターデュオは他では聴けませんて。これが1,000円ちょっとで買えちゃうのですから。ピアソラの曲も彼ら(アサド兄弟の為に書いた曲です。)の限界の限…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

クロノス・クァルテット 冬は厳しく (365枚棚卸 51)

2006年2月20日にはこのCD↓を紹介しました。 http://garjyu.at.webry.info/200602/article_31.html これは面白いですよ~。クロノスは、ジミヘンの『紫の煙』などを弦楽四重奏で弾いてノリまくっていた時期ですが、このアルバムはそんな中でも傑作だと思います。 現代(の)音楽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美しいピアノのピアソラを聞かせてくれる没兵さんのブログ

掲題の通りなんですが、ビデオ映像(少し重く、演奏ノイズもありますが。)で本当に素敵なピアソラの《ブエノスアイレスの冬》を聴かせていただきました。 http://blog.livedoor.jp/botupiano/archives/51911465.html 私のツボです。もちろん曲は良いのですが、テンポと独特の間が良いので…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ピアソラ タンゴ・ゼロ・アワー(365枚棚卸 15)

2006年1月15日にはこのアルバムを推薦しました。 2006年1月15日の記事はこちら↓ http://garjyu.at.webry.info/200601/article_29.html これも、全音楽ファン向けに大推薦のCDです。 これを聴いたおかげで、クラシック以外の音楽への見方が変った・・、私にとって…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ピアソラ AA印の悲しみ《Tristezas de un Doble A》 (1986年ウィーン)

このウィーンライブを探してください。これは、ピアソラ最高の名曲、といってもインプロビゼーション部分が多く、毎回同じ演奏にはならない・・ということで最高のパフォーマンスなんです。 Astor Piazzolla (Bandoneon) Pablo Ziegler (p) Fernando Sugarez Pazz (vn) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピアソラ タンゴ組曲 / セルジオ&オダイル・アサド(ギター)

鋭くも美しいピアソラ作曲の名曲、究極の演奏です。 1. デチーソ(決然と) 2. アンダンテ 3. アレグロ ピアソラ自身のオリジナルアルバム『タンゴ・ゼロ・アワー』でピアソラを好きになり、その直後に出会ったのがこれです。 1曲目デチーソ。緊張感のある、しかもカッコ良い旋律。胴体を叩きリズムを取るもうひとつ…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

クロノス・クァルテット 冬は厳しく~弦楽四重奏曲の諸相Ⅱ

クロノスが最高に尖がっていたいた時代の傑作アルバムです。 ジミヘンの《紫の煙》の弦楽四重奏版で颯爽とデビューして以来、クロノスのアルバムは、もれなく買っていた時期がありました。 外見はパンク・ロッカー(この言葉も古いですね。)、取り上げているのが現代音楽、馴染みのない曲ばかりなのに解説のないライナー、一枚一枚がコンセプトに貫かれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ピアソラ タンゴ・ゼロ・アワー 」について

「ピアソラ タンゴ・ゼロ・アワー 」について Cacao様、コメントありがとうございます。 この頃のピアソラのキンテート充実していたと思います。この他にも、いくつか、ピアソラのCD紹介していくつもりですが、Cacao様のご推薦などありましたら、お聞かせください。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピアソラ タンゴ・ゼロ・アワー

ピアソラとの出会いは衝撃的でした。 『タンゴの異端児、死してタンゴの帝王となる・・。』 いまや、CDショップの、タンゴのみならず、クラシック音楽、当然ジャズプレイヤー達との競演も無数にあるのでジャズのコーナーなど、いたるところでピアソラの名前を見かけます。 ピアソラが一部のファンから、このように、別のジャンルの目に留ま…
トラックバック:4
コメント:1

続きを読むread more