テーマ:ブルーノート

こんなとこにもコルトレーン

新・コルトレーンを聴け(原田和典著)を読んでいたら、手持ちのCD、コルトレーン名義(リーダー)でないアルバム3枚に、コルトレーンが出演しているのを見つけました。 1.レッド・ガーランド ソウル・ジャンクション 1 ソウル・ジャンクション 2 ウディン・ユー 3 バークス・ワークス 4 アイヴ・カ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジョー・ヘンダーソン ページ・ワン(365枚棚卸)

2006年10月20日にはこのアルバムを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200610/article_23.html まさにブルーノートの代表的名盤とのことですが、今回、聴きなおして、このアルバムになんとなく独特の静けさがあるような感じがしました。それは“ジョーヘン”の渋いテナー…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

マイルス・デイヴィス miles davis (vol.1 & 2)

2006年9月13日にはこのアルバム(2枚)を紹介↓致しました。 http://garjyu.at.webry.info/200609/article_14.html マイルスとブルーノートのアルフレッド・ライオンの友情の証。そして、マイルスが本当にトランペットのうまさで勝負している時代の名演集。 古くて、音が…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ケニー・ドーハム アフロ・キューバン (365枚棚卸)

2006年8月30日にはこのアルバムを紹介↓致しました。 http://garjyu.at.webry.info/200608/article_34.html “静かなるケニー”がリズムの饗宴を演出。ブルーノートの音、ラテン的なリズムが、久々の頭脳労働で疲れ海栗のようになった脳みそを攪拌してくれます。 意外にも疲れ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ハービー・ハンコック スピーク・ライク・ア・チャイルド(365枚棚卸223)

2006年8月10日にはこのアルバムを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200608/article_12.html これ、今回“棚”から見つかりませんでした。確か誰かに貸していたはず。昨年の文章を見ても、それぞれどんな曲だったか、すぐには思い出せず・・、HMVの試聴にお世話になり…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

キャノンボール・アダレイ サムシン・エルス (365枚棚卸216)

2006年8月3日にはこのアルバムを紹介↓致しました。 http://garjyu.at.webry.info/200608/article_3.html キャノンボール・アダレイは、本来なら、もっとパッショネイトな人で、熱い勢いが魅力のような気がしますが、ここではマイルスバンドの一員としてのタイトなサックスを吹いていま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

デューク・ピアソン テンダー・フィーリンズ (365枚棚卸200)

2006年7月19日にはこのアルバムを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200607/article_21.html ブルーノートには珍しい穏健派(?!)ピアニストと言えるでしょうか?今でも通用する崩れすぎていない、しかしムードだけでない真摯なピアノ。天才的な即興で鳴らす人ではあり…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ルー・ドナルドソン ブルース・ウォーク(365枚棚卸193)

2006年7月12日にはこのアルバムを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200607/article_13.html ルー・ドナルドソン(as)は、ピアノのホレス・シルヴァーと並んで、私の中では、ブルーノートそのものといっても良いミュージシャンです。 土臭くて、旋律は分かりやすくて、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アート・ブレイキー アンド ザ・ジャズ・メッセンジャーズ (365枚棚卸186)

2006年7月5日には、このアルバムを紹介↓致しました。 http://garjyu.at.webry.info/200607/article_5.html あまりに有名盤過ぎて、結構年季の入ったファンの方は、敬して遠ざけるということが多いのではないでしょうか。私などは、入門中なので、良いものと判断したらどんどん紹介しち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホレス・シルヴァー ソング・フォー・マイ・ファザー (365枚棚卸179)

2006年3月28日にはこのアルバムを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200606/article_32.html ブルーノートです。私の中では、ホレス・シルヴァー≒ブルーノートとも言えます。基準の0がシルヴァーのアルバムたちで、ブルーノートの名盤たちはマトリックスで表せると思い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブルーノート、ルディ・ヴァン・ゲルダーコレクション6月発売分から

掲題について、下記、拙ブログで過去に取り上げたもののリンクです。 コンプリート・マイルス・デイヴィス Vol.1 & Vol.2 / マイルス・デイヴィス↓ http://garjyu.at.webry.info/200609/article_14.html コンプリート・ジーニアス・オブ・モダン・ミュージック V…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ハービー・ハンコック 処女航海 (365枚棚卸172)

2006年6月21日にはこのアルバムを紹介↓致しました。 http://garjyu.at.webry.info/200606/article_23.html これは、何時聴いても爽やかで新しいです。朝から耳にしても違和感ありません。 これがあの、もっとも土臭いレーベル、ブルーノートから出ていたんですね。感慨深いですね…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブルーノート、ルディ・ヴァン・ゲルダーコレクション発売

ブルーノート、ルディ・ヴァン・ゲルダーコレクション 2007-6 @HMV ブルーノート、ルディ・ヴァン・ゲルダーコレクション 2007-7 @HMV クラシック音楽だけでなく、ジャズも同じように、短いサイクルでリニューアルと・・同じような売り方をしていますね。 今回の目玉はルディ・ヴァン・ゲルダーによるリマスター…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ソニー・クラーク クール・ストラッティン (365枚棚卸163)

2006年6月12日にはこのアルバムを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200606/article_13.html 優等生(勉学のことではなく、“日ごろの行い”ということで)だった私です。聴く音楽もクラシックですから純粋の優等生といっても過言ではないでしょう。 しかし、この優等…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ジミー・スミス ミッドナイト・スペシャル(365枚棚卸 156)

2006年6月5日にはこのアルバムを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200606/article_5.html 昨年、ブルーノートの1950~1960年代の名盤を集中的に聴いたなかで取り上げた1枚です。 ピアノではなくオルガンにテナーサックス、ギター、ドラムスを加えたカルテット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バド・パウエル ザ・シーン・チェンジズ (365枚棚卸148)

2006年5月28日にはこのCDを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200605/article_35.html ちょっと、日の高いうちから聴くのもなんだかなあ・・と思いながら1曲目《クレオパトラの夢》を聴き始めるともう呪縛から逃れられなくなります。 そう、昨年、ジャズ再入門のと…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ホレス・パーラン アス・スリー (365枚棚卸 137)

2006年5月17日にはこのCDを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200605/article_22.html 本格的ジャズ、それもブルーノートの1枚を取り上げるということで、結構気張って良く聴いたことを思い出します。 しかし、たまたまなのですが、今、これお貸し出し中で手元にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連休はBLUENOTEの復習

最近、ジャズ入門書以外の本が、集中して読めるような気分でありませんでした。 するとジャズを聴きたくなるのは必定、BLUENOTEの昨年購入したCDで、聴き足りてないようなものをまとめて聴いてます。まだ、こちらで、CD評を書けるような段階でないので、もう一つのブログhttp://d.hatena.ne.jp/garjyu/の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホレス・シルヴァー ドゥーイン・ザ・シング (『ブルーノート』の名盤を聴く その19)

自分に厳しかったミュージシャン、ホレス・シルヴァーと、アルバム作りに妥協を許さなかったプロデューサー、アルフレッド・ライオンが残したライブアルバムの傑作。 というか、これぞブルーノート。ノリノリの演奏ばかりです。 ブルーミッチェル(tp) ジュニア・クック(ts) ホレス・シルヴァー(p) ジーン・テイラー(b) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more