テーマ:マイルス・デイヴィス

マイルス・デイヴィス カインド・オブ・ブルー(365枚棚卸)

2006年9月20日は、畏れ多くもこのアルバムを紹介↓いたしました。 http://garjyu.at.webry.info/200609/article_22.html マイルス・デイヴィス(tp) ジョン・コルトレーン(ts) キャノンボール・アダレイ(as) ビル・エヴァンス(p) ウィントン・ケリー(p)…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

マイルス・デイヴィス miles davis (vol.1 & 2)

2006年9月13日にはこのアルバム(2枚)を紹介↓致しました。 http://garjyu.at.webry.info/200609/article_14.html マイルスとブルーノートのアルフレッド・ライオンの友情の証。そして、マイルスが本当にトランペットのうまさで勝負している時代の名演集。 古くて、音が…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

キャノンボール・アダレイ サムシン・エルス (365枚棚卸216)

2006年8月3日にはこのアルバムを紹介↓致しました。 http://garjyu.at.webry.info/200608/article_3.html キャノンボール・アダレイは、本来なら、もっとパッショネイトな人で、熱い勢いが魅力のような気がしますが、ここではマイルスバンドの一員としてのタイトなサックスを吹いていま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

マイルス・デイヴィス クッキン(365枚棚卸167)

2006年6月16日にはこのアルバムを紹介↓致しました。 http://garjyu.at.webry.info/200606/article_18.html 昨年は、マイルス・デイヴィスのマラソン・セッション4枚全てを紹介しました。しかし、今年は、あまりに365枚の中に同時期、同傾向の同じミュージシャンのアルバムが並ぶ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイルス・デイヴィス リラクシン(365枚棚卸159)

2006年6月8日にはこのアルバムを紹介↓致しました。 http://garjyu.at.webry.info/200606/article_9.html これもマイルスのマラソンセッションの4枚のうちの1枚です。録音中の会話などもはさみながら、“リラックス”した雰囲気を演出していたりしていて、4枚のなかでも格別にこの1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイルス・デイヴィス  スティーミン(365枚棚卸 150)

2006年5月30日にはこのアルバムを紹介↓致しました。 http://garjyu.at.webry.info/200605/article_37.html 伝説のマラソンセッション。4枚のアルバム分の曲をたった2日で録音してしまった・・。しかもその4枚が全て水準を遥かに超える名盤である。プレスティッジは、録音後、毎年…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

マイルス・デイヴィス  ワーキン (365枚棚卸146)

2006年5月26日は掲題CDを紹介↓致しました。 http://garjyu.at.webry.info/200605/article_32.html マイルス・デイヴィスは、1926年5月26日、イリノイ州アルトンに生まれました。すなわち今日はお誕生日。 マイルスさんお誕生日おめでとうございます。 《ワーキン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイルス・デイヴィス スケッチズ・オブ・スペイン (365枚棚卸 73)

2006年3月14日は畏れ多くもマイルス・デイヴィスとギル(ビルではありません。)・エヴァンスの超傑作アルバムを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200603/article_20.html 昨年の私、思い切って書いたなあと自分ながら関心してしまいますが、クラシック派がマイルスを聴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイルス・デイヴィス カインド・オブ・ブルー

とうとう“マイルスという大海”に乗り出すときが来たのでしょうか。 まだまだ、この誰もが認めるジャズの名盤すら、味わいつくしていない、書くのには早いと思いながら・・。 マイルス・デイヴィス(tp) ジョン・コルトレーン(ts) キャノンボール・アダレイ(as) ビル・エヴァンス(p) ウィントン・ケリー(p) ポ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

挑戦?! マイルス究極の10枚

中山康樹氏は、『マイルス・デイヴィス完全入門』(ベスト新書)で、“2001年8月時点での”とことわりをいれたうえで、下記10枚を“マイルスの究極の10枚です。”と紹介しています。 カインド・オブ・ブルー ソーサラー イン・ア・サイレント・ウェイ ビッチェズ・ブリュー マイルス・アット・フィルモア オン・ザ・コーナー パ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

キャノンボール・アダレイ サムシン・エルス(『ブルーノート』の名盤を聴く その12)

有名な“マイルスの枯葉”はここに入ってます。実質的リーダーは“マイルス”。そのマイルスがブルーノートに残した大傑作です。 マイルス・デイヴィス(tp)  キャノンボール・アダレイ(as)  ハンク・ジョーンズ(p)  サム・ジョーンズ(b)  アート・ブレイキー(ds)  1. Autumn Leaves …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

マイルス・デイヴィス クッキン(“マラソンセッションを聴く”4/4回)

今回は『勝手にマイルスの日』であるとともに、私にとっては、マイルスのいわゆる“マラソンセッション”を聴くの4回目です。 マイルス・デイヴィス(tp) ジョン・コルトレーン(ts) レッド・ガーランド(p) ポール・チェンバース (b) フィリー・ジョー・ジョーンズ(ds) 1 My Funny Valenti…
トラックバック:2
コメント:5

続きを読むread more

いよいよ明日、 6月16日は『勝手にマイルス・デイヴィスの日』

勝手に**の日miwaplanさんとの共同企画、『勝手に**の日』、いよいよ明日(6/16)は、ジャンルを超えて人気のあるアーティストとして『勝手にマイルス・デイヴィスの日』とさせていただきました。多分に私の我侭にもよります。クラシック派の方々も皆さんのブログでの記事を見られて『マイルス、聴いてみようかなあ。』などと思っていただければ幸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月16日は『勝手にマイルス・デイヴィスの日』

勝手に**の日 miwaplanさんとの共同企画、『勝手に**の日』、次回は、ジャンルを超えて人気のあるアーティストの特集ということで、6月16日は『勝手にマイルス・デイヴィスの日』とさせていただきました。多分に私の我侭にもよります。クラシック派の方々も皆さんのブログでの記事を見られて『マイルス、聴いてみようかなあ。』などと思っていた…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

マイルス・デイヴィス  スティーミン(“マラソンセッション”を聴く 2/4回)

マイルス・デイヴィス  スティーミン マイルスのいわゆる“マラソンセッションを聴く”の2回目です。 マイルス・デイヴィス(tp) ジョン・コルトレーン(ts) レッド・ガーランド(p) ポール・チェンバース (b) フィリー・ジョー・ジョーンズ(ds) 1回目の《ワーキン》の時にも書きましたが、1956年の5月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイルス・デイヴィス  ワーキン (“マラソンセッション”を聴く 1/4回)

天国のマイルス・デイヴィスさん、お誕生日(*)おめでとうございます。 また、私達に,貴重な遺産=アルバムを残してくれてありがとうございます。私はまだ、あなたの残した音楽のことを書くほどの筆力も、知識も、ましてや一度も生の演奏を聴いたという機会さえ、持ち合わせていませんが、あえて、あなたの音楽に真剣に“対峙”するために、あるだけ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ジャズ入門者に推薦盤を・・

my favorite storiesさん、コメントありがとうございます。 私は、ジャズ再入門中で、マイルスなどのことを書くなどおこがましいのではありますが、《ソレア》のカッコ良さに痺れて歯止めがきかなかったものと許してください。 また、推薦されるアルバムなどありましたら、コメントいただけますれば。(>my favorite…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイルス・デイヴィス スケッチズ・オブ・スペイン 

意を決してマイルスのアルバムを推薦します。 1, アランフェス協奏曲(アダージョ) 2, ウィル・オ・ザ・ウィスプ 3, パン・パイパー 4, サエタ 5, ソレア マイルスファンからすれば当然の名盤で、『今更、クラシックオタクに言われたかない。』という声もあろうかと思いますが、許してやって…
トラックバック:2
コメント:3

続きを読むread more

徹夜

要領悪く。 また、仕事で、徹夜になってしまいました。本日の1枚はいつアップできることやら。 ちなみに、マイルスの《Sketches of Spain》を聴きながら仕事しておりました。
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

マイルスについて語るとき

今、まさに、《Kind of Blue》を聴いていますが、いまだ、マイルスを語るまでに到っていない自分を感じざるを得ません。 というより、この人の人生自体がジャズの歴史の半分以上をカバーしてしまいそうな圧倒的なヴォリュームのアルバムの数と、凡打のなさ・・。ため息がでます。クラシックに対する自分の耳にある程度自身を持てたのは、十数年…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more