テーマ:ジャズ

アナザースカイ 上原ひろみの巻 @日テレ

ふとテレビをつけたら・・。 11時(午後)だし、『○○な話』でも見ようかとテレビをつけたら、Hiromiの顔が写っていたので、結局こちらの方を最後まで見てしまいました。 30分番組なので、情報量としては、かなり物足りなかったんですけど、矢野顕子とのデュオ練習場面や、練習後のラーメンの豪快な食べっぷりが印象的でした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こいつぁご機嫌。 上原ひろみ Place To Be

Hiromi初のピアノ・ソロ アルバム。ボーナス・トラック、矢野顕子の歌う《グリーン・ティー・ファーム》も必聴。 1. BQE 2. シュー・ア・ラ・クレーム 3. シシリアン・ブルー 4. ベルン、ベイビー、ベルン 5. サムウェア 6. ケープコッド・チップス 7. アイランド・アゾ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なるほど!? STANLEY CLARKE TRIO Jazz In The Garden

おじさんたちに囲まれてHiromiもアダルトなピアノ弾いてます。 でも、主役はやっぱり“リターン・トゥ・フォー・エヴァー”なスタンリー・クラークですね。 1 Paradigm Shift(Election Day 2008) 2 Sakura Sakura 3 Sicilian Blue 4 Take Th…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

音楽の神に愛され過ぎたピアニスト ミシェル・ペトルチアーニ Michel Petrucciani

粒たちの良い音、そして生き生きとしたフレージング。強靭だけれど強引でない、洒脱であるけれど絶対に下品にならない。 ビル・エヴァンス、キース・ジャレットの次に何を聴こうかと迷われている方は、このピアニストを聴いてください。 1 Hommage ・Enelram Atsenig 2 Days Of Wine And R…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

みつけた!天才肌フルート姫。 太田朱美 Risk Factor

「よっしゃ!」と気合を入れたときの彼女が大きく見えました。 1 ヘッドライト 2 エドエンバリーの海 3 アメリカ自然史博物館組曲 入場の曲 4 アメリカ自然史博物館組曲 地殻変動 5 アメリカ自然史博物館組曲 生体発光 6 アメリカ自然史博物館組曲 樹の詩 7 アメリカ自然史博物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のウィッシュリスト。期待作!! 山中千尋 Bravogue

今、上原ひろみとともに、邦人ジャズピアニストの中で、私が圧倒的に支持しているチヒロの新作が8月に発売されるようです 2007年のLive DVD、そして《abyss》でパワフルな面を全開にしてきた彼女。しかし、その後の《アフター・アワーズ》では、テクニックにたよらないレトロな味わいで違った一面も聴かせてくれました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川崎 ジャズライブの店 『JAZZぴあにしも』潜入記

ここは、行きつけにします。 会社からの帰り道からはちょっとだけそれるのですが、Googleで見つけ、前々から気になっていた『JAZZぴあにしも』  http://www32.ocn.ne.jp/~pianissimo/  に、昨晩一人で立ち寄りました。 井上信平(Fl) http://www.shimpei-musicw…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

川崎、蒲田限定、ハードなジャズ喫茶、ジャズバーがあったら教えてください。

遅れてきたジャズファン=私、一人で気軽に入れるジャズスポットを探しています。 ラーメン屋さんでもジャズがBGMとして流れる今日この頃、しかし、BGMとして流すだけあって、コルトレーンやエレキ後のマイルスのようなハードな路線のものを大音量で聴かせてくれるところは、あまりないのです。 帰宅途中に、ちょっと寄れる、しかも大音量でエリッ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

エリック・ドルフィーは全部聴いてやろうという野望

はっきりいって嵌ってます。 ブログでのジャズの師匠、“エリック$Φさん”http://blog.goo.ne.jp/coltrane3baliのおかげで、“エリック・ドルフィー”に開眼してしまいました。アルト・サックス、フルートはもとより、他のジャズ・ミュージシャンが使わない秘密兵器、バス・クラリネットまでを手にし、天高く…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

TSUTAYAでオーネット・コールマンのダンシング・イン・ユア・ヘッドを借りる。

TSUTAYA川崎店、結構ジャズCDの在庫が充実しているんですよ。 購入するのはちょっと躊躇われるけれど一度は聴いておきたいジャズ・アルバム・・、前は図書館で借りたことを紹介http://garjyu.at.webry.info/200804/article_2.htmlしましたが、今回はTSUTAYAです。 TSUTA…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こ、これ何よ?ピアノ・レスでチェロが入ってるの? エリック・ドルフィー アウト・ゼア

エリック・ドルフィー、普段から、ただでさえ奇妙な音のバス・クラリネットなんか使っているのに、ここでは、ピアノを抜いてチェロを入れたカルテットで、誰も聴いたことのないような音空間を作っています。 1 Out There 2 Serene 3 Baron 4 Eclipse 5 17 West …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カッコ良いぜ、ファイアー・ワルツ! エリック・ドルフィー・アット・ザ・ファイヴ・スポット・Vol.1

エリック・ドルフィーのカッコ良さに、突如目覚めてしまいました。 私のブログを介してのジャズの先生の一人に、えりっく$φさんがいらっしゃいます。もちろん、“エリック・ドルフィー”をもじったブログネームです。 ところで、私は、エリック・ドルフィーがブルーノートに録音した『アウト・トゥ・ランチ』だけを聴いて(この1枚を聴い…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

ちっとも怖くなかった“夜千”。ジョン・コルトレーン コルトレーンズ・サウンド

だって、このジャケットに加え、《夜は千の眼を持つ》なんていう題名の曲が入っているんですよ。なんか凄いことが起こっていると思うのが普通でしょう? 1 Night Has a Thousand Eyes(夜は千の眼を持つ) 2 Central Park West 3 Liberia 4 Body and…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

一度は聴いてみたいけれど・・というジャズアルバム2枚を図書館で借りてみる。

一枚は《ジャズ・アット・マッセイ・ホール》 チャーリー・パーカー他。 もう一枚は《オラトゥンジ・コンサート》ジョン・コルトレーン他。 遅れてきたジャズファンである私も、“半可通”ではあるかもしれませんが、ジャズの聴き方というか、ジャズ史を俯瞰したアルバムの聴き方などが出来るようになってきた・・ような気がしています。 ところ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日のウィッシュリスト 5月まで待ちどおしい! 上原ひろみ Beyond Standard

そら、間違いなく買いますがな(なぜか関西弁)。 今、クラシックを含め、私が一番注目しているミュージシャン、Hiromiのアルバム、今度はスタンダード集らしいです。 オリジナル曲の作曲能力も含めての評価が高いHiromiですが、“スタンダード”をどう料理してくれるのか・・。 で、早速カート入りします(だから、それはウィッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これぞコルトレーン節! ジョン・コルトレーン マイ・フェイヴァリット・シングス

あの“可愛い曲”がこんなになるのか!? 1 マイ・フェヴァリット・シングス 2 エヴィリ・タイム・ウィ・セイグッドバイ  3 サマータイム  4 バッド・ノット・フォー・ミー   Elvin Jones ( Drums ) Jimmy Garrison ( Bass ) McCoy Ty…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

おそるべし デアゴスティーニ! 『隔週刊 クール・ジャズ・コレクション』

ここ、こんなものまで出てしまうんですよ。http://www.de-club.net/cjc/ デアゴスティーニ“オマケつき週刊誌(週刊誌つきxxx?)”の企画には、書店に幾たびにびっくりさせられますが、これもすごいですね。創刊号がマイルスで490円(税込)・・。ついつい手を伸ばしそうになりましたが、次号以降(ビル・エヴァ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

行ける?行けない?コンサート情報。インプロビゼーション・ロックの夕べ~禅音座 新橋ライヴ

友好姉妹ブログである『禅音座 【ぜのんざ】=インプロビゼーション バンド』にて既に告知されていますように、期待の新星バンド(メンバーは中年ばかりですが。)禅音座が新橋にてライヴを行います。 4月12日(土)新橋ZZ(ジージー)18:30開場、19:30開演 場所は日比谷通り沿い。 「新橋駅烏森口」からは、浜松町方面へ歩いて…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

異稿に偉功。 ラフマニノフの協奏曲“第5番”、《マタイ》(最終演奏版)、ジャズでピンクフロイド

また、こんなに音楽的好奇心をくすぐるものが出てまいりましたよ。 1.ラフマニノフ ピアノ協奏曲第5番(交響曲第2番から編曲) シュミット=レオナルディ、クチャル&ヤナーチェク・フィル ヴォルフラム・シュミット=レオナルディ(ピアノ)  ヤナーチェク・フィルハーモニー管弦楽団  テオドーレ・クチャル(指揮) …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more