テーマ:ブルックナー

欲しいぇ~!! チェリビダッケ・ブルックナー・ボックス(3DVD + 2CD)

これは、2週間、昼飯、いや晩飯を抜いてでも買わにゃなるまい。 HMVホームページの定時チェックをしていたら、こんなのが発売されるっちゅうニュースが飛び込んでまいりました。 なんといっても、ムジークフェラインでの4番のライヴ音源(これはCD)。初めて知りました。絶対見逃せないかんじですな。 まだ、買おう買おうと思っている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遅まきながら、追悼。ブルックナー 交響曲第4番『ロマンティック』 / ザンデルリンク バイエルン放響

懐深い大人の演奏。 ・ブルックナー:交響曲第4番『ロマンティック』[ハース版] バイエルン放送交響楽団 クルト・ザンデルリンク 録音:ミュンヘン、ヘルクレスザール 1994年11月4日 巨匠クルト・ザンデルリンク、この9月18日に亡くなったとのこと。なんとも間の抜けた感じですが、今頃になってお悔…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青春浪漫。ブルックナー交響曲第4番『ロマンティック』 / ムーティ ベルリンフィル

音色が暖かく、スケールも十分。魅力たっぷりのヒューマニスティックなブルックナーです。 ブルックナー:交響曲第4番変ホ長調『ロマンティック』(ノヴァーク版) ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 リッカルド・ムーティ 録音:ベルリン、イエス・キリスト教会 1985年11月4-7日 ベルリンフィルでブルッ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

結構正統派の名演だったりして。ブルックナー交響曲第8番 / マゼール ベルリンフィル

巨匠モードのマゼール、なかなかやりますな。 交響曲第8番 ハ短調 (1890年ノヴァーク版) ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 ロリン・マゼール 録音:ベルリン、フィルハーモニー 1989年6月4&7日 ちょっと異端なテンシュテットのブルックナーを聴いた後のリハビリ(?)に今回選んだのは、タワーレコ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

グレートEMIレコーディングスより~3。ブルックナー交響曲第8番 /テンシュテット ロンドンフィル

ヒロイック・ブルックナー再び。 ブルックナー:交響曲第8番ハ短調(ノーヴァク、1890年版) ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 クラウス・テンシュテット 録音 ロンドン、アビー・ロード第1スタジオ 1982年9月24-26日   テンシュテットのボックスからブルックナーの第4交響曲(以下“ブル4”)を取り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美しくて何が悪い? ブルックナー 交響曲第4番『ロマンティック』/ カラヤン ベルリンフィル

私、やっぱり、カラヤンのブルックナー好きかも。 ブルックナー:交響曲第4番変ホ長調『ロマンティック』(ハース版) ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 ヘルベルト・フォン・カラヤン 録音:ベルリン、イエス・キリスト教会 1970年10、11月 テンシュテット(1981年)、ヴァント(1998年)と、ベ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

王道! ブルックナー 交響曲第4番『ロマンティック』/ ヴァント ベルリンフィル

計算されつくした立体感。一点一画もおろそかにしないのにせせこましくなく、この上なく充実した響き。 ブルックナー:交響曲第4番変ホ長調『ロマンティック』(原典版、1878/1880) ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 ギュンター・ヴァント 録音:ベルリン、フィルハーモニー 1998年1月30,31日、2月…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

グレートEMIレコーディングスより~2。ブルックナー交響曲第4番『ロマンティック』 /テンシュテット

血湧き肉躍る、ヒロイック・ブルックナー。 ブルックナー:交響曲第4番変ホ長調『ロマンティック』(ハース、1881年版) ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 クラウス・テンシュテット 録音:ベルリン、フィルハーモニー 1981年12月13,15,16日 バッハのカンタータ以外の記事久々になりますが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大宇宙の鳴動が聞こえないか。ブルックナー 交響曲第9番 / カラヤン ベルリンフィル(1975年)

これは、私のブルックナー体験の原点にして、9番の刷り込み盤です。ゆえに、テンポやフレージングなどはこれに馴染んでしまっています。しかし、それを割り引いても、もの凄い演奏がされていることを、今回再聴し、確信しました。 ・ブルックナー:交響曲第9番ニ短調 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 ヘルベルト・フォン・カラヤン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱血! ブルックナー 交響曲第8番 / スウィトナー シュターツカペレ・ベルリン

この1月8日亡くなったスウィトナーを偲んで。 スウィトナー(最近はスイトナーと書くことが一般的のようですね。)、N響の名誉指揮者として、わが国でも実演を通じてのファンが多かった名指揮者でした。しかし、レコードオタクの私は、N響の客演が多かった時期より後年、ドレスデン、ベルリンの両シュターツカペレのレコーディングを通じ、初め…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

透明だけれど暖かいハーモニー。ブルックナー モテット集 & ミサ曲第2番 / クリード

最近名盤の多いブルックナーの声楽曲からまた1枚。 ブルックナー: ・正しい者の口は知恵を語り WAB 30(1879) ・エッサイの若枝は花開き WAB 52(1885) ・この所は神により作られた WAB 23(1869) ・乙女たちは王の前に招き入れられる WAB 1(1861) ・アヴェ・マリア WAB 6…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

清新なブルックナー。ブルックナー 交響曲第7番 / ボッシュ アーヘン交響楽団

今頃何をかいわんやですが、聴きなおして再発見。あまりに良いので、一晩に2回も聴いてしまいました。 アーヘン交響楽団 マルクス・ボッシュ 録音:2004 年5 月31 日アーヘン、聖ニコラウス教会ライヴ [DISC 1]24bit ステレオ [DISC 2]5.1ch dts サラウンド (※ DISC 2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

19世紀のレクイエム代表!? ブルックナー レクイエム/ ヤンセンス ラウダンテス・コンソート

こう聴いてみると、ブルックナーの音楽とルネサンス・バロック音楽なんかは隣り合わせにあるようなものだなあ・・。 ・ブルックナー:レクィエム(1849) ・デュリュフレ:レクィエム(オルガン伴奏版) エルケ・ヤンセンス(ソプラノ) ペネロープ・ターナー(メゾ・ソプラノ) ルール・ヴィレムス(テノール) アルノ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

この曲のデフォルト?! ブルックナー ミサ曲第3番 / ヘレヴェッヘ RIAS室内合唱団 他

大好きな曲がひとつ増えました。 インゲラ・ボーリン(S) インゲボルク・ダンツ(A) ハンス=イェルク・マンメル(T) アルフレート・ライター(Br) RIAS室内合唱団 シャンゼリゼ管弦楽団 フィリップ・ヘレヴェッヘ(指) とくにクラシックの大曲を好きになるには、その曲に同調(シンクロ)する回路が開かれ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

これぞ最高峰。ブルックナー 交響曲第5番 / ヨッフム アムステルダム・コンセルトヘボウ

この自然さ、包容力、温かみ、そして迫力。納得の大名演です。 ずいぶん前からこの演奏のことは“凄い”と聞いていました。しかし、何か手に入れようとしたら廃盤・・。ずっと手に出きずにいました。今回は、Dokuohさんが再発売のことを教えてくださった↓ http://dokuoh.blog35.fc2.com/blog-entr…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

目から鱗の大名演。ブルックナー交響曲第9番 / ヴァント ミュンヘンフィル

感動した! 実は転職をして今日で丸半年になります。5月1日が初出勤日でした。この転職で劇的に変わったのは通勤時間です。電車に乗っている時間が5分。となるとiPodの使い方も変わります。通勤時にiPodを持ち歩かなくなりました。よって、こんな↓ http://garjyu.at.webry.info/200709/arti…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

凄いぞ、これは! ブルックナー 交響曲第9番(4楽章版)/ ボッシュ アーヘン響

これは4楽章で構成された交響曲の完成された演奏です。 最初は、第1楽章の例のないほどの速いテンポの演奏に『どうたしたものかなあ。』と戸惑ってしまいました。dokuohさんの強い推薦http://dokuoh.blog35.fc2.com/page-5.htmlがなければ、1回聴いて棚の奥にしまいこまれてしまったかもしれませ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

“ブルックナー指揮者”について考える。

マーラーを得意とする指揮者を“ブルックナー指揮者”とは認めたくない・・と思いませんか? 本日は、昨日、ヴァントの振るブルックナーの交響曲第9番の演奏を聴いた後、ふと思ったことを書きたいと思います。 現代の指揮者(古楽器系は除く)にとって、マーラーの交響曲諸曲は、指揮者となったからには挑まざるを得ない、そう登山にたとえればエベ…
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more

究極の交響曲の究極の演奏か? ブルックナー交響曲第9番 / ヴァント ミュンヘンフィル

とうとう、この曲の究極の演奏にめぐりあったのかも知れません。 この曲、私は、古今東西の交響曲の中でも抜きん出たものだと思っています。好悪を問うような次元を超えています。どんな名指揮者と言われている方々も、この曲に関しては、生半可な気持ちで対面することは出来ず、全力をつくして取り組まざるを得ないはずです。したがって惰演や凡演…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

iPod でブルックナーを聴く?!

iPod nanoを購入してから一年くらいたったのでしょうか?新しいモデルも出てくるようですね。 さて、私、このiPodで聴くもの、いまだに色々模索しています。 『大量の音楽を持ち歩ける。』というのが、iPodの魅力でありますが、いわゆる普通のサラリーマンがこれを使用するのは、通勤の行き返りの電車の中というのが一番多いの…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ブルックナー 交響曲第1番(リンツ稿) / スウィトナー (365枚棚卸199)

2006年7月18日にはこの曲のこの演奏を紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200607/article_20.html ベルリン・キリスト教会の音響が良いのは、以前レーグナーのワーグナーを紹介したときに書いたと思います。 この演奏でも、幾分、野卑なところもあるスウィトナー(モー…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ブルックナー 交響曲第4番 / ベーム ウィーンフィル (365枚棚卸 168)

2006年6月17日にはこの曲のCDを紹介↓しました。 http://garjyu.at.webry.info/200606/article_19.html 昨日は、体調悪く、“棚卸”を休んでしまいました。頭痛のときにブルックナーを聴くのは無理でした。失礼致しました。 本日はすこぶる調子が良いので(今度は長男が体調不良で寝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブルックナー 交響曲第5番 / チェリビダッケ ミュンヘンフィル(365枚棚卸91, 新365枚)

鉄壁なブルックナー。演奏会の雰囲気も一緒に封印されているような録音に感謝します。 実は2006年4月2日には“同曲同演奏者異演”のEMI盤↓を紹介しました。 http://garjyu.at.webry.info/200604/article_2.html チェリビダッケの生演奏のブルックナーを聴いていない私が偉そ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ブルックナー交響曲第6番 / サヴァリッシュ バイエルン国立管弦楽団(新365枚)

ブルックナーの、あまり日のあたらない交響曲の、質実剛健、曖昧さのない、しかも響きの美しい名演、名盤です。 今回、『勝手に歌劇場のオーケストラ』というお題ですが、バイエルン国立管弦楽団はいわゆるミュンヘン・オペラのピットに入るオケということでOKでしたよね。ここらあたり、浅学なもので、間違っていたらすいません。http://…
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

ブルックナー交響曲第7番 / リノス・アンサンブル (365枚縦横 5)

ブルックナーの交響曲の、弦楽器パートそれぞれひとりづつにクラリネット、ホルン、ピアノとハーモニウムという縮小(室内楽)編成版で演奏したもの。これが、意外に色彩感もあって、歌もあって・・実は私の裏の愛聴盤なのです。 ブルックナーの7番の本命がマタチッチ盤 http://garjyu.at.webry.info/200701/…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ブルックナー 交響曲第7番(365枚棚卸 13)

2006年1月13日にはこの曲のCDを推薦しました。 2006年1月13日の記事はこちら↓ http://garjyu.at.webry.info/200601/article_25.html マタチッチ/チェコフィルによる、至高のブルックナー。 恰幅の良い音楽が美しい音で鳴っています。この時期のこのコンビだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブルックナー 交響曲第2番 (365枚棚卸 2)

2006年1月2日にはこの曲のCDを推薦しました。 2006年1月2日の記事はこちら↓ http://garjyu.at.webry.info/200601/article_4.html ジュリーニの暖かい歌に満ちたブルックナーです。2番という曲、決してメジャーではないのですが、捨て置くにはもったいない曲です。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブルックナー 交響曲第9番 / 指揮??? オーケストラ??? (天国ライブ?)

永遠に理想の演奏というのを追いかけていくのかもしれません。 ブルックナーの第9交響曲というのは、古今東西の交響曲の中でも屈指の名作、いや私的にいえば、だんとつのナンバーワンです。 この曲のパワーは凄まじいものがあります。 吉松隆曰く“世界が滅び行くときに鳴っているに一番相応しい音楽”(さすが吉松師良くぞこの曲の本質をついた言葉…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ブルックナー 交響曲第3番《ワーグナー》/ ベーム ウィーンフィル

恰幅の良いベームの指揮、ウィーンフィルの美しい弦、そして底光りするような、しかも馬力も充分な金管の音。理想的な名曲の名演奏。 ブルックナーの日ということで、凝った変化球(モテット集か、《ヘルゴランド》という世俗合唱曲など・・)で行こうとも考えましたが、それらの曲たちに、心の中から共感しているかというとちょっと?。これらはもう少し聴…
トラックバック:2
コメント:7

続きを読むread more