一年365枚 2017

アクセスカウンタ

zoom RSS ラヴェル 組曲《マ・メール・ロワ》/ ジュリーニ ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

<<   作成日時 : 2006/09/22 21:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

ジュリーニの優しい眼差しを感じる、ゆったりと枕元で読み聞かされるような美しい幻想的なお伽話の世界。

I. 眠りの森の美女のパヴァーヌ
U. おやゆび小僧
V. パゴダの女王レドロネット
W. 美女と野獣の対話
X. 妖精の園

ジュリーニのフランス音楽は、いわゆる軽妙洒脱というのとは違い、歌と深み、そして優しさを持って表現されます。
なぜか、フランス音楽の中でも、ジュリーニはこの組曲《マ・メール・ロワ》をレパートリーとして何度も演奏・録音していますが、バレエ音楽(元のピアノ連弾版の上記5曲を管弦楽化する際に短い間奏曲、前奏曲、《紡ぎ車の踊りと情景》の加わえたもの)の形での演奏はしていないと思います。ジュリーニもある意味頑固な人で、自分の美学に反するものは指揮をしません。《マ・メール・ロワ》は、この5曲で調和・完結していると思っていたのでしょう(同様な例では、ストラヴィンスキーの《火の鳥》も組曲しか演奏していないです。)。

I.じっくりとフルートとハープによる幻想的な音楽が流れてくると、ちょっと切ない気持ちにさせられます。それほど美しい。素人フルート吹きとしては、このゆっくりのテンポの中、フルーティストはどこで息継ぎをしているのだろうと心配になったりしますが。

U.ジュリーニはじっくり歌いながら、幻想的世界を表現します。幻想的世界というと、もっともやもやしたものを想像しますが、ジュリーニは明快な歌でそれをつくりあげているのです。

V.このゆっくりなテンポでよくぞエキゾチックな女王の踊りを表現してますねえ。銅鑼やチェレスタなどの鳴り物の多いこの曲、下手をすると“お祭”になってしまうところ、高貴な女王の姿として表現しています。
 
W.美女と野獣の対比。ジュリーニが音楽をつくると野獣も気品を帯びてしまいますね。野獣が王子に戻るところのヴァイオリンソロのハーモニクスとチェロのソロ、これは素晴らしい。

 
X. 最初のppから歌、歌です。このテンポでやれば、普通だとダレてしまうのでしょうが、ジュリーニとコンセルトヘボウの面々が心を込めて歌えば、それはそれは、美しい。
ヴァイオリンのソロ鳥肌もの。最後の盛り上がりも上品で、しかも感動一杯です。

異色のフランス音楽演奏かもしれません。しかし、こんな異色なら大歓迎です。一音一音を慈しむようなそんな演奏です。

併録がドヴォルザークの8番の交響曲も懐の深く歌に満ち溢れた、ジュリーニならではの大名演(というか、こちらが本来メインですね。ちなみに、ドビュッシーの《海》などと組み合わせられたものもあり、その《海》も名演)。

ラヴェル 組曲《マ・メール・ロワ》+ドヴォルザーク交響曲第8番@HMV

ラヴェル 組曲《マ・メール・ロワ》+ドビュッシー《海》@HMV

*9月22日は残業で日が変るうちには帰宅できず、この記事、実際は、9月24日にアップしたものです。

人気blogランキングへ
音楽ブログランキングへ
にほんブログ村 クラシックブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「ラヴェル 組曲《マ・メール・ロワ》/ ジュリーニ ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団」について
「ラヴェル 組曲《マ・メール・ロワ》/ ジュリーニ ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団」について はじめまして。ジュリーニ/ロイヤルコンセルトヘボウ演奏・ラヴェルの組曲「マ・メール・ロワ」聴きました。素晴らしいですね。精緻にして丹念の上にも丹念な演奏です。実は他のHPでコメントしたところ紹介して頂いたので・・。「マ・メール・ロワ」はラヴェルの曲の中でも僕のとりわけ好きな曲のひとつです。この曲(組曲)を聴く度に今の季節からもっと3月-4月頃の光と影の微妙な風合い・空気感がイメージとして浮かび... ...続きを見る
Blog:Yacchan
2009/02/15 19:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
お仕事、ご苦労様です。
1年365枚更新でなくても、読者としては気にしていないです。
でも、その初志貫徹の心意気。尊敬いたしております。
ダンベルドア
2006/09/23 00:38
こんばんは。
どうか無理なさらぬように。今まで毎日更新続けただけでも凄いことですから。
dokuoh
2006/09/23 01:42
ダンベルドアさん、dokuohさん、

励ましのコメント、本当にありがとう御座います。
楽しみ半分、少し、毎日1枚は苦しいかなと思っているの半分。
ただ、ちょっとズルをしても、今年一杯は辻褄をあわせて、365枚にはこだわりたいです。

頑固ですかねえ。
ちなみに、ガージューというのは沖縄の方言で『頑固者』という意味です。
頑固にならなければならないときは頑固に、頑固すぎるなあと思う局面では自戒の意味で、garjyuを名乗っています。蛇足で御座いました。
garjyu
2006/09/23 01:57
garjyu様 こんばんは
先日は書き込み頂き、ありがとうございました。お仕事お忙しいようですね。毎日の更新大変ですよね。
 garjyu様の記事は、内容が充実しているのでいつも感心しながら拝見してます。どうぞ、深夜までのお仕事、お体を大切にご自愛下さいませ。
みー太
2006/09/23 23:35
みー太さん、

ありがとうございます。
内容は充実?はしてないんですが、とりあえず、聴き直しながら書いているので、そのアルバム自身をマルマル聴く時間も取れない生活のなかではちょっと、きつかったです。

まあ、来年はボチボチやろうと思いますが、今年一杯は365枚にこだわりたいと思っております。

garjyu

garjyu
2006/09/24 08:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
ラヴェル 組曲《マ・メール・ロワ》/ ジュリーニ ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 一年365枚 2017/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる