一年365枚 2017

アクセスカウンタ

zoom RSS ラヴェル 亡き王女のためのパヴァーヌ / ジュリーニ フィルハーモニア管弦楽団

<<   作成日時 : 2006/12/05 19:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

なんと神々しい音楽!

これはフォーレのレクイエムのアルバム余白にそっと入っている演奏です。
ジュリーニの考えもあって、こういうアルバムの構成になったとは思うのですが、フォーレのレクイエムについては違う演奏で書いてしまっているのと、この曲のこの演奏が捨て置くにはあまりにも勿体ないので、単独で取りあげさせていただくことにしました。

空の彼方遠くから響いてくるようなホルンとそれに呼応するような地上の木管との対比、弦の美しい響き・・どれもが夢のようです。
ラヴェルの演奏としては、もったりと歌い過ぎということを言う人がいてもおかしくないかもしれませんが、霞たなびくような録音がうまくマッチし、その歌があまり前面に出てこないのが良い効果になっているかもしれません。
とにかく、神々しいまでに美しいラヴェル。

この曲、あまりに好きなので色々と聴いているのですが、なかなか満足できるものがありませんでした。しかし、このジュリーニの演奏を聴いて、「これが一番!」と素直に言えるようになりました。

後、余談ですが、併録(というかメイン)のフォーレのレクイエムではバトルの《ピエ・イエズ》をはじめとして、すべてが聴きものです。

ラヴェル 亡き王女のためのパヴァーヌ / ジュリーニ フィルハーモニア管弦楽団@HMV


人気blogランキングへ
にほんブログ村 クラシックブログ
音楽ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
garjyuさん、こんばんは。
この録音、DGへのものですよね?
ぼくも大好きな演奏です。
最近、EMIから出た国内盤を何枚か聞いて、ジュリーニがフランス音楽にも良い演奏を残していることに気が付きました。
ジュリーニはレパートリーは広いとはいえないものの、残された録音は本当にかけがえのないものばかりだったと思います。
アルトゥール
2006/12/06 19:21
アルトゥールさん、早速コメントありがとう御座います。
>DGへのものですよね?
そうでうね。DGのものです。

ジュリーニのフランスもの、古いものでは、フィルハーモニアとの《海》とか、《ダフニス》の組曲、晩年のものでは、コンセルトヘボウなどとの《マ・メール・ロア》同じく《海》なども絶品ですね。
ジュリーニもレパートリーが狭いようで、結構意外なものを残しているんですよね(ベルリオーズとかファリャとか・・。)。

garjyu

garjyu
2006/12/06 19:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
ラヴェル 亡き王女のためのパヴァーヌ / ジュリーニ フィルハーモニア管弦楽団 一年365枚 2017/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる