一年365枚NEO 2017

アクセスカウンタ

zoom RSS ブラームス ヴァイオリンソナタ第1番《雨の歌》/ クレーメル アファナシエフ (365枚棚卸173)

<<   作成日時 : 2007/06/22 08:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

画像


2006年6月22日にはこの曲の入っているCDを紹介↓致しました。
http://garjyu.at.webry.info/200606/article_24.html

これは、“沈欝のブラームス”?・・いや、そんな暗いだけの演奏ではないです。そう、鬼才同士の対決は対決ではなく、一緒に歌、いや祈りを口ずさみながら高みにあがっていく・・“瞑想のブラームス”と言ってしまいましょうか。

いつになく、情緒的な文章になってしまいました。

しかし、演奏の細部を見ると情緒的に見える部分も全部計算されているようにも思えるのです。前回、吉田さんにコメントをいただいたときに、思ったのは“冒頭の(ヴァイオリンの)かすれた音”さえクレーメルの計算のうちだったということです。クレーメルにあっては、弾き損じなどは1パーセント未満の確立でしか起こりえないでしょうし、もし、そうであっても、録音であるので、弾きなおしがいつでもできるところ、あえてこのテイクを選んだんでしょうから。

いずれにしてもこれは鬼才にして名工の二人が築き上げた、まことの“金字塔”には違いありません。また、他の演奏が皆、物足りなくなってしまうという“魔のCD”でもあります。

私はもう虜になってしまっているので、今更引き返せません。梅雨には、毎年この《雨の歌》を聴きながら瞑想に浸りたいと思います。173/365枚目の宝物。


クレーメル ヴァイオリン・ソナタ・コレクション@HMV


もし、私の書いたことがお気に召したり、お役に立てたりできたのであれば、3つのランキング↓に参加していますので、クリックいただければ幸いです。
人気blogランキングへ
にほんブログ村 クラシックブログ
音楽ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
garjyuさん
私もこのCDを持っています。
ブラームスのヴァイオリン・ソナタのイメージを一新させる演奏でしたね。その後この2人が仲たがいしたと聞いて残念に思いました。
ただしクレーメルはもうすぐ、ツィマーマンと全3曲を再録音するのではないかと思うんですよ。DGも久しぶりにヒットがほしいでしょうし。楽しみなことです。
アルトゥール
2007/06/22 16:32
アルトゥールさん、コメントありがとうございます。
クレーメルとツィマーマンですか。それは、今最強の布陣かもしれませんね。
ようやく、ひとつの演奏だけしか受け付けない現在の状況、いわゆる『思考停止状態』から脱出できるかもしれません。
garjyu
2007/06/22 17:57
HMVリンクのクレーメルのボックス、欲しくなりました。
ブラームスのソナタ全集はグリュミオーのものを聴いていますが、クレーメル面白そうですね。
ついでにバルトークやプロコフィエフも聴きたいです。
ピースうさぎ
2007/06/22 18:23
ピースうさぎさん、コメントありがとうございます。
クレーメルもどれをとっても、何か考えさせる演奏家ですね。ハズレが少ない。このボックスはお得かもしれません(私はかなりだぶっちゃうので購入できませんが。)。
garjyu
2007/06/23 06:04
 garjyuさん、おはようございます。お久し振りです。クレーメル の「 雨の歌 」ですか。素晴らしいでしょうね。今度CD屋さんで見かけましたら手に入れます。私、爺さんなものですから、この曲は シェリング と ルービンシュタイン なんですよ。今、聴きながらこのブログを書いています。繊細で優しく、優雅で美しい曲想に魅了されてしまいます。実は今月中に、この ヴァイオリンソナタ1番 を私も書こうと思っていたんですよ。ところが garjyuさん が昨年書かれていた。思いは同じで嬉しいですね。どうも失礼致しました。
my favorite stories
2007/06/23 09:28
my favorite stories さん、コメントありがとうございます。
シェリング、ルービンシュタインですか。もしかすると、CD時代になってからのカセット・テープの大処分セールのときに購入して聴いていたものかもしれません。ちょっと印象に残ってはいないのですが・・。
クレーメル、アファナシエフは曲者同士が、お互いに爪を隠しながら、孤高の祈りを歌い上げるといった趣の、ちょっと“行っちゃった”演奏ではあるので、好みは分かれるかもしれません。しかし、これに嵌ると・・。
機会があれば、聴いてみてください。

garjyu
2007/06/23 10:57
>思ったのは“冒頭の(ヴァイオリンの)かすれた音”さえクレーメルの計算のうちだったということです。

クレーメルのかすれた音。
他の曲でもよく出てきますが、これが彼は得意なのですね。
 慣れるとこれが良い音だと思うようになってきますね。
 ハスキーなジャズのヴォーカルと同じ?
ダンベルドア
2007/06/23 23:29
昨夜来の雨がまだ降り続いています。
7月も間近と言うのに、冷たい雨。
気持ちも少しブルーです。
ブラームスの「雨の歌」、ふと思い出してききたくなりました。
私はデュメイとピリスの演奏しか知りませんがクレメールのヴァイオリンは大好きです。
彼はどんな雨の歌を聞かせてくれるのでしょう。

TB送らせていただきました。ご迷惑に成らないことを願います。
aosta
2007/06/24 14:10
ダンベルドアさん、コメントありがとうございます。
クレーメルのビブラートのない辛口だけれども、心に訴えかける音、私は好きです。
“ハスキーヴォイス”は言いえて妙ですね。彼の“無伴奏”も私の宝物です。
garjyu
2007/06/24 16:34
aostaさん、コメントありがとうございます。
私はデュメイ、ピリスの方を聴いたことがありません。これも魅力的なコンビですよね。
《雨の歌》、梅雨の日のブルーな気分をいくぶんか、なぐさめてくれますね。
TBが反映されていないようです。もう一度お送りいただけますか?
garjyu
2007/06/24 16:38
garjyuさん、TB再度送信しました。
今回はうまくいくといいのですが・・・
aosta
2007/06/24 19:42
aostaさん、やはり届いてないようです。
http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/9cbd585939 TB用URLはこちらですが今一度ご確認いただけますか。こちらの設定も確認してみます。
お手数おかけします。
garjyu
2007/06/25 04:28
おはようございます。
ご迷惑をおかけします。
「三度目の正直」になるといいのですが・・・

(小さい声で)TBするほどの内容でもないな、とも思いますが(恥)
aosta
2007/06/25 07:00
aostaさん、
やはりだめのようですね。一応設定もオープンにしてみたのですが・・。最近皆さんからのTBがないのです。ということで、おそらく、こちら側の問題だと思われます。
お手数おかけして、結果がでず、申し訳ありません。
原因究明してみます。
garjyu
2007/06/25 09:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブラームス ヴァイオリンソナタ第1番《雨の歌》/ クレーメル アファナシエフ (365枚棚卸173) 一年365枚NEO 2017/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる