一年365枚NEO 2017

アクセスカウンタ

zoom RSS モーツアルト 交響曲第40番 / クーベリック バイエルン放送交響楽団 (365枚棚卸218)

<<   作成日時 : 2007/08/05 13:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

画像


2006年8月5日には、この曲、この演奏のCDを紹介↓致しました。
http://garjyu.at.webry.info/200608/article_7.html

クラシックも名曲になればなるほど、同曲異演を聴く機会が増えるし、それぞれの演奏の個性を楽しむのが“音楽鑑賞の醍醐味”になってくるものです。
『指揮者Xの振ったY作曲の交響曲Z番の4楽章は凄い・・。』なんて言い方で。

でも、私を含めたクラシック音楽好きな方は、皆最初に“曲”を好きになったはずです。
ここで言えば、『モーツアルトの40番のシンフォニーって素敵ね。』って。

“指揮者の個性が聴こえる”ということ自体が“その指揮者が特異な解釈をしている”と同義ではないですが、こういう名曲ほど、耳にタコが出来ているので、新奇な解釈のものを求めていたり、逆に昔聴いた個性的な大指揮者の演奏にこだわり続けたり、曲の良さそのものを論議することはなくなってしまいますよね。もう既に名曲であることは“既定の事実”なわけですから。

その“既定の事実”であることを改めて感じさせてくれる演奏というのがあります。
この曲においては、このクーベリックの演奏がそうです。モーツアルトの交響曲の40番を最初に聴いたのはいつだったか・・。無垢な頃の自分がこの曲を聴いて感動したあの感覚。『40番ってなんて良い曲なんだろう。』

218/365枚目の宝物。

モーツアルト 交響曲第40番 / クーベリック バイエルン放送交響楽団@HMV

もし、私の書いたことがお気に召したり、お役に立てたりできたのであれば、3つのランキング↓に参加していますので、クリックいただければ幸いです。
人気blogランキングへ
にほんブログ村 クラシックブログ
音楽ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは
私は1,2回では良さが分からない曲、演奏ってありますから分かるまで何回か聴きます。
 もちろん一度で惚れる曲もあります。40番なんかはそうでした。
 でもこれはオケに入って初めて舞台に乗った曲です。何ヶ月も練習して耳たこができました。そして再び良さがわかるまで何十年もかかりました。

 気にいった演奏でも耳にたこができる前に聴くのをやめます。最初の感動を失いたくないからです。
 曲によってはすぐにたこができる曲と100回聴いてもOKな曲がありますね。深さが違うのではないでしょうか。
ダンベルドア
2007/08/05 15:35
ダンベルドアさん、コメントありがとうございます。
私は、相対的に“一度で惚れる曲”ほど飽きやすいようです。曲の把握がしやすいからでしょうか。それでも、ダンベルドアさんと同様、何回聴いても飽きないものはありますね。バッハ、ベートーヴェンあたりかなあ。
モーツアルトは、一度飽きても、新たに面白みが出てきたりして、波があるようです。
garjyu
2007/08/05 17:03
garjyuさん、こんばんわ。
私のブログへのコメントありがとうございます。
私、このクーベリックの6大交響曲(35、36、38、39、40、41)かなり好きな演奏です。
ちなみにLPですので、最近聴いていないのですが、全曲ともゆったりめのスピードで、いかにもクーベリックらしく、ドイツ(オーストリア)の良い意味での無骨らしさを表現している演奏ですよね。
ただし、曲調からすると、あくまで個人的ですが、「40番」だけはちょっとミスマッチかなと思います。
私としては、フルオーケストラなら、「アバド」の様に流麗か、「ワルター」の様にロマンティックの方が好きなのですが…。
この曲も最近は古楽器(で、楽器は古くとも演奏は、少人数で、颯爽と弾くのが)スタンダードになっているので、そっちに耳が慣れてきているかも知れません。
えりっく$Φ
2007/08/06 00:02
えりっく$Φさん、コメントありがとうございます。
40番、確かに色々求めたくなってしまうところはありますね。ワルターとウィーンフィルのものなど、やっぱり凄いと思います。
一方、クーベリックは、淡々と曲をすすめます。私はここに“白紙”のような清らかさをみました。
もちろん、併録のジュピターも自然で素敵ですね。
garjyu
2007/08/06 05:14
こんにちは。クーベリックのモーツァルトの交響曲は、Orfeoレーベルから出ているライブ盤も満足できる出来だと思います。私の愛聴盤です。
子守男
2007/08/07 00:30
子守男さん、こんにちは。
クーベリックはライブ良いですよね。40番は未聴ですが・・。
garjyu
2007/08/07 07:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
モーツアルト 交響曲第40番 / クーベリック バイエルン放送交響楽団 (365枚棚卸218) 一年365枚NEO 2017/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる