一年365枚NEO 2017

アクセスカウンタ

zoom RSS 意外(?)にまともな“奇演”。ブラームス ピアノ協奏曲第1番 / グールド バーンスタイン

<<   作成日時 : 2008/07/27 20:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


「心配しないで下さい。グールド氏はちゃんと来てますから・・・」

バーンスタインが演奏前に、グールドとテンポに関し“折り合い”が尽かず、“言い訳”の前演説までしたというライヴ、以前から聴いてみたかったのをTowerで見かけ、購入しました。

私にとってのこの曲のデフォルト演奏がギレリスとヨッフムの共演の遅めのテンポのものなので、テンポが極端に遅いとは感じませんでした。グールドは、有名な間奏曲集でもそうであったように、一貫してロマンティックなものをブラームスの諸曲の演奏に込めていたのでしょうね。とくに2楽章にそれが良く現れていると思います。一方、英雄的な力をこの曲に求めたバーンスタイン、このテンポでも、力瘤をこめずに演奏も出来たのではないかなあとは思いますが、決してやけっぱちで振っているわけではない。バーンスタインの“熱”とグールドの“知とロマン”、音楽に破綻はありません。“面白い”です。
ちなみに、バーンスタインはこの曲をツィマーマンと再録音(ライヴ)していますが、もっと遅くなっているのですよ。一人の演奏家もその曲の解釈は変わるものでしょう。グールドとの共演の“影響”が長い時間をかけてバーンスタインの中で熟成されたのでしょうかね。

録音もモノラルで、会場ノイズ(やけに咳をしている人が多いのは風邪がはやっていたからでしょうか?)もうるさいので、デフォルトとすべきものではないのですが、この曲を“愛している”私、これも何度も取り出して聴くアルバムのひとつになりそうです。

ブラームス ピアノ協奏曲第1番 / グールド バーンスタイン@HMV


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
意外(?)にまともな“奇演”。ブラームス ピアノ協奏曲第1番 / グールド バーンスタイン 一年365枚NEO 2017/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる