一年365枚NEO 2017

アクセスカウンタ

zoom RSS 凄いぞ、これは! ブルックナー 交響曲第9番(4楽章版)/ ボッシュ アーヘン響

<<   作成日時 : 2008/08/30 20:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


これは4楽章で構成された交響曲の完成された演奏です。

最初は、第1楽章の例のないほどの速いテンポの演奏に『どうたしたものかなあ。』と戸惑ってしまいました。dokuohさんの強い推薦http://dokuoh.blog35.fc2.com/page-5.htmlがなければ、1回聴いて棚の奥にしまいこまれてしまったかもしれません。
逆に、この速いテンポでブルックナーの音楽をまさしくブルックナーの音楽として聴かせていることが凄いのです。ものものしいテンポによってだけでしか、ブルックナーの大きな呼吸を再現できないというのは、私の思い込み、刷り込みに過ぎなかったのです。オケの音色や録音の問題もあるかもしれませんが、ここで聴ける響きこそブルックナーそのものの音です。速いのに呼吸は深い。

そして、くだんのサマーレとマッツカの補筆による4楽章が終わった瞬間に訪れる充実感と納得感。9番の愛聴盤がまたひとつ増えました。

ボッシュという指揮者まだ若手です。これがどんどん深化し、10年後にはどんなブルックナーを聴かせてくれるのでしょうか?

ブルックナー 交響曲第9番(4楽章版)/ ボッシュ アーヘン響 @HMV

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。コメントが遅くなって申し訳ありません。
ご紹介いただきありがとうございます。
ブルックナーでこれぞというものがあったときには、すぐにブログにアップするgarjyuさんが全然アップしていなかったので、きっとあのテンポについていけなかったのだろうなと勝手に想像しておりましたが、やはり、このテンポが最初ネックになっていたようですね。
おっしゃるとおりでこのテンポでこの呼吸の深さは凄いと思います。気に入っていただけてよかったです。
ボッシュはこれからどんな進化を遂げるのでしょか。楽しみです。
dokuoh
2008/09/04 12:43
dokuohさん、コメントありがとうございます。
>きっとあのテンポについていけなかったのだろうなと勝手に想像しておりましたが、やはり、このテンポが最初ネックになっていたようですね。

そのとおりです。しかし、このテンポでブルックナーの音楽として十分以上の名演であることがすごいですよね。しかも4楽章構成の曲としてとらえるならば、これぐらいのテンポの方が全体を見通しやすい(それをボッシュが意図的にやったとは思いませんが。)のも大きなメリットです。4楽章、他の演奏では満足できませんでしたが、ボッシュは聴かせてくれましたねえ。
garjyu
2008/09/04 20:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
凄いぞ、これは! ブルックナー 交響曲第9番(4楽章版)/ ボッシュ アーヘン響 一年365枚NEO 2017/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる