一年365枚NEO 2017

アクセスカウンタ

zoom RSS 真摯にして前向きな祈り。ラフマニノフ 晩祷 / ヒリアー エストニア・フィルハーモニー室内合唱団 

<<   作成日時 : 2008/12/20 17:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 9

画像


名曲に新たな名演。

1 Come, let us worship
2 Praise the Lord, O my soul
3 Blessed is the man
4 O gentle light
5 Lord, now lettest Thou
6 Rejoice, O Virgin
7 The Six Psalms
8 Praise the name of the Lord
9 Blessed art Thou, O Lord
10 Having beheld the Resurrection
11 My soul magnifies the Lord
12 The Great Doxology
13 Troparion: Today salvation is come
14 Troparion: Thou didst rise from the tomb
15 O queen victorious

このCDはprimex64さんのご推奨↓を受け購入しました。
http://musicarena.exblog.jp/10026446/

primex64さんもその記事で書かれていましたが、私も長年ロバート・ショウの名盤↓
http://garjyu.at.webry.info/200609/article_13.html
を愛聴してきました。それは、おおらかにして敬虔な祈りに満ちた、素晴らしく感動的な名演です。

一方、このポール・ヒリアー指揮するところのエストニア・フィルハーモニー室内合唱団盤は敬虔さにおいては同じくするも、より生き生きとアグレッシブに神に祈りを捧げています。テンポも速く、フレーズによっては歌うというよりは語り聴かせるようなところもあります。1曲、1曲考え抜かれた表現をとり、ロバート・ショウの全体を同じような風合いで統一感を目指したものよりも、濃厚な音楽空間を築いていると言えます。しかし、残響をともなった録音の美しさも幸いし、トゲトゲしいところは皆無。

この2枚の名演奏に甲乙はつけられません。

夜、祈りを捧げながら眠りにつきたいのであればショウ盤を、スピーカーの前に座り、おのおのの曲の素晴らしさをもう一度確かめながら聴くのであればこのエストニア・フィルハーモニー室内合唱団盤を取ります。
この曲の1枚目に購入されようとしている方にも、比較的速いテンポで、全体の構造が捕らえやすいエストニア・フィルハーモニー室内合唱団盤が良いかも知れません。

蛇足ですが、このCDを最初に聴いたときは、冒頭の超低音の男性の朗唱とテノールの応唱に『これは購入したCDを間違えたか?』とびっくりしました。その後に、あの素晴らしい“Come, let us worship”のハーモニーが、幾分速めのテンポでひときわ美しく流れてきたところで、ジワッと涙ぐんでしまった私でした。


ラフマニノフ 晩祷 / エストニア・フィルハーモニー室内合唱団 ポール・ヒリヤー@HMV

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Rachmaninov: Vespers@Hillier/Estonian Philharmon.....
昨日に引き続きハルモニア・ムンディUSAの新譜、といっても2004年録音が廃盤になったものが復刻したというSACDハイブリッド。これが新譜で出たとされる頃に店頭で見た記憶はない。 ...続きを見る
MusicArena
2008/12/21 18:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
ああ、Vespers・・・なんと気高く美しいのでしょう。ラフマニノフといえば、見事なピアノや息をのむオーケストレーションばかりが目立ちますが、晩祷の敬虔で魂の底から湧き上がってくるような祈りの歌は、間違いなくわたしの滝涙を誘うものであります。
ポール・ヒリアー版、ぜひ聴いてみたい。今欲しいCDのトップリストになってしまいました。
凄く好きなのに、CDは1988年のPolyansky指揮ver.しか聴き込んでいません。garjyuさんのこの記事を読んで、イロイロ聴いてみたい病にうなされそうです・・・
有香ちゃん
2008/12/21 13:55
有香ちゃんさん、コメントありがとうございます。
私もいくつかこの曲を聴いた後、ショウ盤で決定と思い他のCDは処分してしまいました。しかし、ポール・ヒリアーのこれはショウ盤とともに宝物になりました。
ポリャンスキー盤も名盤との評判高いですよね。私も今度はポリャンスキーのも聴いてみようかな。
garjyu
2008/12/21 14:39
拙blog記事の引用、誠に有り難うございました。いやー、このSACDハイブリッド盤は参っちゃいますよね〜。何とも言えず熱っぽい部分もあり真摯で瞑想的な部分もありで・・。

ところで、もし宜しければ相互リンクを張らせて下さいませんか?
primex64
2008/12/21 18:39
primex64さん、コメントありがとうございます。

>もし宜しければ相互リンクを張らせて下さいませんか?

こちらこそ是非お願い致します。
garjyu
2008/12/22 12:42
garyuさん リンクの件、ご快諾ありがとうございました。拙blogの方へリンクを設置し、気が早いですがトップページのテロップに相互リンクの告知をさせていただきました。
primex64
2008/12/22 13:34
primex64さん、こちらもリンクをさせていただきました。オーディオ音痴の私ですが、末永くよろしくお願いします。
garjyu
2008/12/22 22:20
garjyu さん、ありがとうございました。こちらこそよろしくです! ハンドル名の綴りを間違えておりました。申し訳ありません orz
primex64
2008/12/22 22:27
ロバート・ショウのは本当に素晴らしいですね。20年来の愛聴盤です。
で、ヒリアーのが出たのですか?ここの合唱団も純度が高いので確かによさそうですね!
ピースうさぎ
2008/12/23 07:46
ピースうさぎさん、コメントありがとうございます。
これは、目から、いや耳から鱗の名盤です。ピースうさぎさんならご納得いただける演奏かと思います。
garjyu
2008/12/23 08:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
真摯にして前向きな祈り。ラフマニノフ 晩祷 / ヒリアー エストニア・フィルハーモニー室内合唱団  一年365枚NEO 2017/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる