一年365枚NEO 2017

アクセスカウンタ

zoom RSS 明解な表現意図の徹底。シェーンベルク、シベリウス : ヴァイオリン協奏曲 / ハーン、サロネン

<<   作成日時 : 2010/12/01 23:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

決然とした解釈と、確かな技巧に裏付けられた、はっきり、くっきり、一点の曇りもない表現。脱帽です。

画像


・シェーンベルク:ヴァイオリン協奏曲 op.36
・シベリウス:ヴァイオリン協奏曲ニ短調 op.47

ヒラリー・ハーン (Vn)

スウェーデン放送交響楽団
エサ=ペッカ・サロネン

2007年5月、9月


なぜか、シベリウスのヴァイオリン協奏曲を聴きたくなりました。寒い季節、北欧の音楽をより実感できると感じたからかもしれません。

ちなみに、私は、古今の名ヴァイオリン協奏曲といわれているものの中でも、シベリウスのそれを一番愛しております。
そして、大いなる偏見なんだと自覚しつつも、シベリウスのヴァイオリン協奏曲の演奏は女流に限ると、思い込んだりしています。

ということで、女流ヴァイオリニストのシベリウスの協奏曲を何枚か(随分前に紹介した五嶋みどり=Midoriのものは除いて)続けて聴いてみようかと思っている次第。


第一弾はヒラリー・ハーンの巻でございます。昨日に続いて箇条書きで。

・ヒラリー・ハーン盤は、比較的珍しいシェーンベルクのヴァイオリン協奏曲が併録。弟子筋のベルクのヴァイオリン協奏曲は結構な名曲扱いなのに、この曲はあまり演奏に恵まれない。難曲過ぎるからか? ハイフェッツ曰く「指が6本ないと弾けない。」。

・ということで同曲異演のCDもほとんどないシェーンベルクのヴァイオリン協奏曲、私は、このCDで初めて聴いた。ちなみに、私、ゲンダイオンガクゲンダイオンガクした無調、12音関係に対しては比較的否定的な態度を取る者。ということで、本CDにおけるシェーンベルクは“前座”と位置づけていた・・。

・しかし、初回、ハーンのヴァイオリンの厳かな出だしを聴いただけで、『この曲が名曲かどうかはさておき、これは名演であるに違いない。』と思えてしまった。

・曲は、12音音楽(一応セリー=12音の音列 は設定されているけれども、厳密に運用されていないとのことで、広義の無調音楽とした方が正確か?)の常、鼻歌で歌えるようなメロディはないが、多彩な曲想で飽きさせることなく聴ける。演奏の力も大きいのだろうが。
とくに、第3楽章のスネアの活躍するマーチの部分は、『これがゲンダイオンガク?』というくらい楽しめた。

・ハーンはこの難曲を完全にものとし、確信と、強い表出力を持って音楽を作っている。だから聴く側に、ビシビシと曲の面白さが伝わってくるのだと思う。
テクニックも、この曲を難なく演奏するのに十分なのだろう。苦労して弾いていると聴こえるところがないのだ。

・サロネンは現代物も得意とする(というか現代物の作曲家でもあるわけだが)だけあって、ハーンに劣らず、この難物とも思える曲想を明解に腑分けしたうえで、生き生きと表現している。
それに答えるオケも相当達者なのであろう。

・ということで、当初、“前座”だと思っていたシェーンベルク、凄い聴き物となっていたという、うれしい誤算。

・シベリウスの方の演奏も、もちろん素晴らしい。いわゆる、一音もおろそかに弾き飛ばすところのない楷書の演奏・・それはソロもオケも。
第3楽章の拍節感の気持ちよいこと。この第3楽章、名盤といわれるものでも、結構、ちゃんと弾けていないものもあったりするのだよね(それでも感動するのだけれど。)。

・ハーンのヴァイオリン、“北欧の協奏曲”に対してイメージする冷たいトーンというのはあまり感じられなかった。かといって暑い“熱演”とも違う。良い意味でトーンは中庸。ただ、シェーンベルクの演奏でも感じたように、“音楽”の良さがビシビシと伝わってくるのだ。

・北欧系オケというと、霞みたなびくような弦の音、森の奥から木霊してくるような管、打楽器・・などというのが私の思い込みだったが、ここではちょっと違う。イメージよりパンチが効いていた。でも、やっぱり、清潔感はあるのだな。サロネンの気質もあるのだろうが。

・シェーンベルク、シベリウスとも、録音は、音場感や残響を重視(なんとなくシベリウスでは、それを期待してしまうのだが)したものではなく、やや直接的でタイトなもの。ナマでは、オケがここまで雄弁なら、ヴァイオリンは掻き消えてしまうかもしれないが、ヴァイオリンとオケの分離も良く、見通しが良い。これはこれで、ハーンとサロネンの意図も汲まれたであろう良い録音か。

シェーンベルク、シベリウス : ヴァイオリン協奏曲 / ハーン、サロネン@HMV


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
明解な表現意図の徹底。シェーンベルク、シベリウス : ヴァイオリン協奏曲 / ハーン、サロネン 一年365枚NEO 2017/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる