一年365枚NEO 2017

アクセスカウンタ

zoom RSS 渋くも美しい大作。 ハイドン スターバト・マーテル / ピノック イングリッシュ・コンサート

<<   作成日時 : 2010/12/05 02:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

稀代のエンターテナー、パパ・ハイドンの曲にしては地味かもしれませんが、彼の真面目な信仰心が偲ばれる、充実した渋い佳品を、是非一度はお聴きください。

画像


スターバト・マーテル

1. 御母は悲しみに暮れ
2. おお、神のひとり子の
3. かくも責め苦を負う
4. かくも御子とともに苦しめる
5. 人々の罪のために
6. 愛しい御子が
7. さあ、御母、愛の泉よ
8. 聖母よ、十字架にかかりし
9. 私の命ある限り
10. 乙女の中のいと清き乙女よ
11. 地獄の業火で焼かれても
12. 十字架によりて私を守り
13. 肉体が死するとき
14. 天国の栄光を

Patricia Rozario
Catherine Robbin
Anthony Rolfe Johnson
Cornelius Hauptmann

The English Consert & Choir
Trevor Pinnock


普段は、もっぱらマクドナルドのコーヒーを愛飲しておりますが、今日は、散歩のおり、久々にスターバックスのラテを飲みました。
(そ、そこのあなた! オチが分かったからといって、大声で叫ばないように!!)
スターバックス、略して“スタバ”ですが、“スタバト”と言えば、スターバト・マーテルを指すのが世の中の常識ですね(そうか?)
スタバでラテを飲みつつ、ゆらゆらと呆けながら、『今日のブログは、スターバト・マーテルで行こう。』と考えるのは必然というわけです。

また、クラシック・オタク界では、『スターバト・マーテルに駄作なし。』というのが共通認識とされておるの言うまでもないことです(じゃ、言わなきゃいいじゃん。)。

というわけで、このブログでも、過去にドヴォルザークステッファーニロッシーニボッケリーニペルゴレージバッハの編作版:詩篇51も)、ペルトなどのスタバトを紹介してきましたが、まだ何作か、紹介していないCDが手元にあります。

世はクリスマスシーズン。イエス様のお誕生日の晴れやかにお祝いする前に、十字架のそばにたたずむ哀しみの聖母の曲で、心を洗い清めるとしましょう。

で、まずは、古典派の大物ハイドンの、意外に聴かれていないこちらから。

・編成は、弦楽合奏にオーボエ(イングリッシュ・ホルン持ち替えあり)が加わっただけの抑制された響きのオーケストラに、四声の独唱及び合唱。
曲の長さは70分近く、かなりの大作。もう少しこの曲が有名であれば、古典派の宗教曲大作として“モーツアルトのレクイエム”に並び評されててもおかしくなかったかも。

・1767年作。ボッケリーニのスタバトよりも少し前の作品ということ。
ハイドンが重病から癒え、感謝の気持ちを持って作曲したもの。


以下、印象的な箇所。

・そくそくと始まる1曲目の冒頭は、ペルゴレージのそれを思わせる感動的な音楽。途中から歌い出すのがテノールなのが(『聖母の歌は女声で歌われ欲しい。』というのは個人的な趣味)、少し違和感があるものの、合唱が入ってくると敬虔な気持ちにさせられる。

・3曲目、Quis est homo の出だしは『怒りの日』チック。

・6曲目もテノール独唱もペルゴレージ調でしっとりとしている。

・7曲目の短調の舞曲風の合唱。

・9曲目のアルトの哀しみの絶唱は良いねえ。

・11曲目の、バスによって歌われるプレストは疾風怒濤風。

・13曲目の冒頭の女声2人の絡みは、やはりペルゴレージを彷彿とさせる。合唱が入ってくるところも感動的。短い箇所だが、私的には、ここがこの曲の白眉。

・最後の14曲目はとても晴れやかな音楽。ソプラノ独唱のアーメンは、モーツアルトのアレルヤ(エクスルターテ・ユビラーテ)みたいに聴こえる。


・全体的には、響きが渋く、じっくり聴くと良い曲が多いものの、一聴アピール度高いというものがないのかな。この渋い曲調でこの長さ、唐突に長調でノーテンキに終わってしまうというのが、あまり演奏されない理由かしらん。個人的には気にいっているのだけれど。

・同曲異演盤をもっていないので、演奏の良し悪しは良くわからないけれど、独唱・合唱もうまく、全体的にはピノックらしい爽やかな音作りが特徴の録音。
ピリオドでなく、モダンで、濃厚な演奏のものも、一度は聴いてみたい。

ハイドン スターバト・マーテル / ピノック イングリッシュ・コンサート@HMV




ペルゴレージ : スターバト・マーテル
ポリドール
アバド(クラウディオ)

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ペルゴレージ : スターバト・マーテル の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ロッシーニ:スターバト・マーテル
ユニバーサル ミュージック クラシック
ジュリーニ(カルロ・マリア)

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ロッシーニ:スターバト・マーテル の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
渋くも美しい大作。 ハイドン スターバト・マーテル / ピノック イングリッシュ・コンサート 一年365枚NEO 2017/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる